• はてぶ
  • あとで
開放的な気分になりたい時に行こう!日本各地にある“断崖絶壁スポット”7ヶ所

日常生活に疲れている方必見。断崖絶壁のスポットで気持ち良い風にあたり気分をリフレッシュしませんか?日本各地に足がすくむようなスポットや絶景を見ることができるスポットがたくさんあります。紹介するスポットに行けば開放的な気分になれるはず!また明日からがんばろうと思わせてくれるおすすめスポットにぜひ行ってみましょう。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.東尋坊/福井県

最初に紹介するのは、福井県にある「東尋坊(とうじんぼう)」です。断崖絶壁とはまさにこのこと!国の天然記念物にも指定されている奇勝地で、福井県の代表観光スポットです。世界に三ヵ所しかないと言われている輝石安山岩の柱状節理のスポットです。
激しく押し寄せる波はここでしか見ることができません。見る人全員を圧倒させる大迫力の景色をぜひ自分の目で確かめてみてください。周辺にある東尋坊タワーや遊覧船からの眺めもおすすめです。

詳細情報

2.三段壁/和歌山県

2つ目に紹介するのは、和歌山県にある「三段壁」です。目の前に広がる大海原を眺めながら風を感じられるリフレッシュスポットです。長さ2キロ、高さ60mに及ぶ柱状節理の岩が一面に広がる景色を見れば、日常から解放されたような気分になれるはずです。
また洞窟の中にはパワースポットやリップルと呼ばれる波の模様が現れている岩などもあります。自然の力の素晴らしさを実際に目で見て確かめることができるスポットです。和歌山の人気観光エリア・南紀白浜にあるので、ぜひ行ってみてください。

詳細情報

3.鋸山日本寺/千葉県

3つ目に紹介するのは、千葉県にある「鋸山(のこぎりやま)日本山」です。山頂展望台にある地獄のぞきが有名で、足元すくむスリル満点のスポットです。そこから見る景色も圧巻で、ぜひ写真におさめておきたいです。東京湾や房総半島を見ることができます。
世界の平和を祈願してつくられた薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい) という大仏や、航空や航海の安全を守る本尊である百尺観音など、見どころたっぷりです。山頂に行くまでの道中も楽しめるおすすめスポットです。

詳細情報

4.鵜の巣断崖/岩手県

4つ目に紹介するのは、岩手県にある「鵜の巣断崖(うのすだんがい)」です。岩手県っで素敵な海を見たい方におすすめ。高さ200メートルある断崖が5つある様子が印象的なスポットです。押し寄せる波とそこに立ちはだかる断崖の存在感に誰もが圧倒されてしまいます。
鵜の巣断崖の名前の由来は、崖の真ん中あたりにウミウの巣があることからきているのだとか。島越駅から車で15分ほどのところにあり、無料の駐車場からは徒歩で500メートルほどです。今まで知らなかった人も多いのではないでしょうか。岩手に行ったらぜひ行っておきたいスポットです。

詳細情報

岩手県下閉伊郡田野畑村真木沢

3.00 14

5.三徳山三佛寺投入堂/鳥取県

5つ目に紹介するのは、鳥取県にある「三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)」です。標高900メートルのところに位置している境内を持つ寺院です。断崖絶壁にあるスリル満点のスポットで、国宝に指定されています。
実際にこの投入堂を間近でみるには、自然豊かな山道を登らなければなりません。登った人しか目にすることができない景色は魅力的ですよね。危険が伴う場所でもあるので、行く際には事前によく調べてから足を運びましょう。

詳細情報

鳥取県東伯郡三朝町三徳1010

3.48 473

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6.摩天崖/島根県

6つ目に紹介するのは、島根県にある「摩天崖(まてんがい)」です。海抜257メートルの絶壁は海蝕作用によって出来た崖で、日本でも有数ものです。7キロメートルにわたって続く絶壁は見る人を感動させる圧巻のもの。
またこの周辺は、放牧地になっているいて馬や牛がのんびり過ごしている様子を見ることができます。美しい自然の景色と、動物たちを見ることができる魅力的なスポットです。大山隠岐国立公園に指定されている景勝地で国賀海岸にあります。

詳細情報

神奈川県横須賀市浦郷町

3.00 05

7.屏風ヶ浦/千葉県

最後に紹介するのは、千葉県にある「屏風ヶ浦(びょうぶがうら)」です。波の浸食によってできた絶壁で、荒々しい波が特徴です。英仏海峡のドーバー「白い壁」に匹敵するといわれ、東洋のドーバーという名もあります。
銚子マリーナから遊歩道が延びており、ゆっくり景色を楽しみたい人や気持ち良い風を感じるためにサイクリングで訪れる人もいます。銚子市名洗町から旭市のまで約10キロメートルにわたり続いており、高さ40~50メートルの断崖は迫力満点です。

詳細情報

いかがでしたか?

いかがでしたか?日本各地にある断崖絶壁のスポットを紹介してきました。足がすくむようなちょっぴり怖いスポットや絶景を眺められるスポットなど、様々な特徴を持ったスポットばかりです。日常を忘れられるような開放的な気分になれることまちがいなし!ぜひ風を感じて気分リフレッシュしましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する