• はてぶ
  • あとで
気分はまさに冒険家!日帰り旅行におすすめのひんやり鍾乳洞スポット7選【関東】

都内から日帰りでささっと行けてしまう関東にあるおすすめ鍾乳洞を紹介します。鍾乳洞は日常では体験することができない異空間!そんな非日常的な体験をして素敵な思い出を作りましょう。冒険家になった気分で鍾乳洞の中を歩いてみましょう。(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.不二洞/群馬県

最初に紹介するのは、群馬県にある「不二洞」です。標高700メートル、全長2.2キロメートルある鍾乳洞で、関東一の大きさを誇ります。洞窟の中は年間を通して約11℃ほどで過ごしやすい気温になっています。
全国的に珍しい鍾乳洞内の縦穴の公開ルートがあり、群馬県の天然記念物にも指定されている魅力たっぷりのスポットです。群馬観光の際にはぜひ足を運んでみてください。

詳細情報

  • 群馬県多野郡上野村川和
  • 0274-59-2146

2.日原鍾乳洞/東京都

2つ目に紹介するのは、東京都にある「日原鍾乳洞」です。洞内は整備されており歩きやすく、年間を通して室温11℃ほどなので快適に楽しむことができます。「本当にここは東京なの?」と思ってしまうほど幻想的な世界が広がっています。
およそ40分ほどで鍾乳洞の中を見学することができます。冒険家になった気分で歩みを進めていく様子は、どこか幼少期に戻ったようなワクワク感があります。数百年単位で成長してきたた石筍や石柱をぜひ一度目にしてみてください。

詳細情報

  • 東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
  • 0428-83-8491

3.宇津野洞窟/栃木県

3つ目に紹介するのは、栃木県にある「宇津野洞窟」です。今もなお成長を続けている石筍は、500年で1センチメートル伸びるそうです。またこのスポットは無料で行くことができるんです。
今からなんと2億5000万年前の地下水によって石灰岩が溶かされて現在の形になりました。室温は年間を通して一定に保たれ、人ごみもさほど多くないのでゆっくり楽しむことができます。ドライブなどでふらっと立ち寄るのにピッタリのスポットです。

詳細情報

  • 栃木県佐野市会沢町1074
  • 0283-27-3011

4.大岳鍾乳洞/東京都

4つ目に紹介するのは東京都あきる野市にある「大岳鍾乳洞」です。冒険家気分とはまさにこのこと!ドキドキワクワクが止まらないスリル満点の鍾乳洞です。ゴツゴツした岩や腰をかがめないと通ることができない箇所もあり、探検家になった気分で楽しめること間違いなしです。
東京都の天然記念物にも指定されている全長300メートルの鍾乳洞です。公開されているのは300メートルだけですが、公開されていない部分も含めると約1000メートルの大きな鍾乳洞です。鍾乳石は100年に3~7センチメートルほどしか伸びないそうで、長い時間をかけて作られてきたスポットです。

詳細情報

  • 東京都あきる野市養沢1587
  • 0425964201

5.小平鍾乳洞/群馬県

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する