アルハンブラ宮殿随一の装飾!「二姉妹の間」隅から隅まですごい

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿。世界遺産として有名な歴史的建造物であり、スペインでも人気の観光スポットとなっています。イスラム支配時代の美しく装飾された宮殿と、花と緑にあふれる庭園が広大な敷地内に広がっています。 さて、今回ご紹介するのはアルハンブラ宮殿内にある「二姉妹の間」です。こちらは見る人々を魅了する様々な装飾が施されています。一体どのような建物なのでしょうか?建築や歴史好きの方はもちろんですが、そうでない方も一見の価値はあります!早速「二姉妹の間」についてご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

はじめに

広大な敷地にあるアルハンブラ宮殿。ガイドブックなどに載っている写真を見るだけでもうっとりしてしまいますよね。数ある美しい装飾や庭園の中でも、最も芸術的と称賛される「二姉妹の間」。こちらについてご紹介します!
この「二姉妹の間」は当時の王妃とその家族のために造られたものです。やはり使うのが女性であるが故の装飾なのでしょうか?床から天井まで余すことなく、見事な装飾が施されています。
アルハンブラ宮殿のように見るところがありすぎると、何かと見逃してしまいがちですが、せっかく来たのですから、見どころは事前に抑えておきましょう!これから行かれる方や検討中の方、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめポイント①美しすぎる天井!

「二姉妹の間」といえば、見られた方が絶賛されるのはまず天井の装飾です!こちらの天井はモカラベ様式で鍾乳石を使って八角形に造られています。本当に鍾乳石?というほどに細かな装飾が施されています。でも鍾乳洞の中にいるような錯覚も感じるようです。
またこの天井の装飾を際立たせるために、天窓がいくつか設けられていて、自然光で美しく見えるように調光が計算されています。これもイスラム建築の技術の一つなのでしょうか?本当に素晴らしいですね!
天井からファザードまでの鍾乳石の装飾、壁のタイル装飾、床の大理石まで、見る人の目を奪う「二姉妹の間」。少しの隙間なく細かな装飾があしらわれています。ちなみに名前の由来は、床の大理石に由来しているようです。写真に残すということも大切ですが、写真にはなかなか細部まで映らないもの。程々にして目にもしっかりと焼き付けておきましょう。

おすすめポイント②唯一残るステンドグラス

イスラム建築の傑作として有名なアルハンブラ宮殿ですが、その後のキリスト教支配下において、祈祷室など改修されてしまった部分が多くあります。そういった部分もまた非常に美しいのですが、当時の様子がわからないというのは少し寂しくもありますよね。
同様に変えられてしまった部分として天井があります。イスラム支配時代には天井はステンドグラスで飾られていた部分が多かったとも言われていますが、現在はほとんどが変えられてしまったようです。その中でも「二姉妹の間」にはステンドグラスの天井が残っているのです!これは非常に貴重なことですよね。
鍾乳石飾りや寄せ木造の天井も美しいのですが、ステンドグラスもやはり素晴らしい。それぞれに異なった魅力がありますよね。そのような意味でもこの「二姉妹の間」にはいろんな技術がふんだんに詰め込まれています。余すことなく鑑賞しておきましょう。

おすすめポイント③ここにも水の仕掛け!

アルハンブラ宮殿では細かな装飾や調光など、様々な技術を駆使してより美しく見えるように計算されていますが、その技法の一つに水が利用されています。庭園などには必ず噴水や池など水がそばにありますよね。
この「二姉妹の間」にも水の仕掛けはあります。なんと中央に小さな噴水が設けられているのです。光などの条件が揃えば、水に天井が映り込むという素敵な仕掛けになっています。うまく見えるときばかりではないようですが、ぜひ試してみてくださいね。
「二姉妹の間」の天井の美しさをさらに際立たせるこの仕掛け、本当に芸術的でぬかりなく計算されていますね。さすが王家としか言いようがありません。見る人を虜にするその理由がなんとなく分かってきたような気がします。

おすすめポイント➃夜のライトアップがまた幻想的!

昼間のアルハンブラ宮殿も良いですが、雰囲気を楽しむなら夜もおすすめです。なぜならライトアップされるからです!またそれが昼間とは全然異なる幻想的な雰囲気を醸し出しているのです。
先程、「二姉妹の間」は調光が計算されているとご説明しましたが、夜のライトアップは自然光とはまた異なっていて非常に美しいです。これは「二姉妹の間」に限ったことではなく、アルハンブラ宮殿全体がライトアップされているので、二度楽しめるということですね!
逆に昼間よりは夜の方が見てみたいという方もいらっしゃるかもしれません。チケットも昼と夜で分かれているので、よく考えてご訪問ください。もし時間が許すのであれば、昼間も夜も見てみたいですね!

おわりに

いかがでしたか?アルハンブラ宮殿の「二姉妹の間」、実際に自分の目でみたくなりませんか?写真では分からないこともたくさん発見できると思いますよ。何より美しさにうっとりしてしまいます。
美しいものに触れることでよい刺激を受けたり、また癒されたりしますよね。スペインの歴史にも触れることができます。これが旅行の醍醐味ですよね!ぜひアルハンブラ宮殿「二姉妹の間」余すことなくご鑑賞ください。

詳細情報

【施設名】二姉妹の間
【住所】Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, スペイン(アルハンブラ宮殿)
【電話】+34 958 02 79 71
【営業時間】
〈昼の部〉 8:30~14:00、 14:00~18:00(10月15日~3月14日)/14:00~20:00(3      月15日~10月14日)※庭園見学含む
〈夜間の部〉
 ナスル朝宮殿見学:10月15日~3月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
          3月15日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 庭園見学:3月15日~5月31日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
  9月1日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 10月15日~11月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
【入場料金】昼の部は14€/12歳未満無料、12-15歳8€
      ナスル朝宮殿夜間見学は8€/12歳未満無料
      ヘネラリーフェ夜間見学は5€/12歳未満無料
   庭園、アルカサバ、ヘネラリーフェ見学は7€/12歳未満無料
※最新の情報をご確認ください。
【アクセス】グラナダ市内よりマイクロバス30番、32番 1ユーロ(約10分)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する