• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【知ってる??】初めての海外旅行!! 旅行の基礎と豆知識♪♪ 便利な持ち物と裏ワザ編

海外旅行というと、ハプニングはつきものです。でも、事前に対処法や情報を知っておくだけでそのハプニングを回避出来たり、より快適にすることが出来ます!事前に準備さえしておけば、残りのハプニングはそれも海外旅行の楽しみだ!ぐらいに思えます笑 そんな知ってると便利な豆知識をご紹介します♪♪

このまとめ記事の目次

【出発準備】より快適な旅行をしやすいパッキングの方法

□ポイント1【受託手荷物(チェックインの時に預ける荷物)に入れてはいけない物】
・パスポートや貴重品、Eチケットや旅程表
当たり前かと思いますが、たまに空港で見かけます・・・預ける荷物にパスポートを入れちゃう人。(僕の友人が一度やり、大変面倒なことになりました笑)
最初のチェックインの場合、パスポートを見せてチェックインなので大丈夫なんですが、問題は乗り継ぎがある場合。
必ず、預ける荷物には貴重品を入れないようにしましょう。
□ポイント2【あれもこれもは不要!必要なものを最低限にしよう!】
僕も、最初の頃は「折角の海外旅行だから!」とお気に入りの服をいくつも、特に冬の場合はジャケットにダウンにコートに。。。服だけで結構入れていきました。
すると、かなーりの量になるんですよね。
そうすると、案の定帰りにお土産などが入らないんです。
自分の買い物も色々したかったのに、スペースがなくて諦めたんです・・・。

服を減らす一番の方法は、滞在先でランドリーすることだと思います。
4つ星以上のホテルはコインランドリーが併設されていることも多くなっていたり、5つ星以上のホテルはたいていランドリーサービスがあります。

出発前に滞在先のホテルに「コインランドリー」や「ランドリーサービス」があるか調べておきましょう。また、ランドリーサービスは料金も調べておいた方が良いかと思います。
最近は、行きはスーツケースの半分をほぼ使わないか、現地で捨てられるものを入れるくらいに抑えられています。
(僕は、空港でミネラルウォーターを買って入れます。海外は水が飲めなかったり、日本の軟水とは違い、硬水で体に合わなかったりするので・・・。もちろん、機内預け荷物を利用する場合です。機内持ち込みは液体制限があります。)

帰りはそのスペースが空くので、そこにお土産や現地で買ったものを入れて帰ってきます。
現地で買えるものは現地で買いましょう。
また、当たり前ではありますが、よく使いそうなものはなるべく上部に、使わないものは下の部分に入れた方がいいですよね。
圧縮袋は必須です!

【出発準備】スマートフォンやタブレット端末は活用するべし!

今は、便利な世の中になりました。
スマートフォンさえあれば、かなーーりのことをしてくれます。
通貨や単位計算のアプリもあるし、翻訳のアプリも、タクシーを呼べるアプリもあります。現地でWi-Fiをレンタル予定の方は、先にダウンロードしてから行きましょう。

が、しかしその反面。
しっかり準備していかないと、ただの箱(板?笑)になってしまいます。

使い方が分からないと意味がないです。日本にいるときから使って準備しましょう。
加えて、現地で最悪電波がなくても活用できる準備をしていきましょう。

まず、自ら移動する可能性がある人は、Google Mapでルート検索して、注意事項等を書いて画面を保存しましょう。
観光地の情報や、現地で買いたいものも写真とともに先に保存していきましょう。

当然ですが、機内で見たい映画がある場合も保存していきましょうね!

【出発準備】両替は現地が有利?カードは必要? よりお得に両替するには・・・

海外旅行に行く際に、両替をいつしたらいいかは疑問ですよね・・・。
現地の方がレートが有利と聞くこともあれば、日本の方が良いという人もいます。
こればかりは、レートは両替する場所でも、タイミングでも、量でも違うので「絶対これ!」ということはできません・・・。

が、しかし。
一般的に言われるのは「ユーロ・ドル・ポンドは日本で両替、それ以外は現地で両替」というのが一般的だと思います。

また、現地の両替所の場合「2万円以上はレート優遇」などの、一定以上の額を両替するとレートが良くなることが多いです。 もちろん場所によりますが、2万円から5万円くらいからが多いと思います。

また、「ユーロ・ポンド・ドル」以外を支払う場合、クレジットカードで支払うのもレートとしては有利だと思います。

その為、僕個人は現金はレートが優遇される最少額のみ両替して、残りはクレジットカードを使うことが多いです!

あくまでも個人的なオススメですが、参考までにどうぞ♪♪

こちらは仁川空港の両替所。仁川空港も2万円でレート優遇と3万円でレート優遇の場所があるようです・・・。

【空港にて】飛行機を降りた後、受託手荷物を早くPick Upする方法

まず、大前提としてもし可能であれば受託手荷物(チェックインの際に預ける荷物)は出来る限り使わない方が良いです。
受け取りに時間が掛かるのはみなさんご存知ですよね?
使わないと、10分から15分は早く空港を出れることが多いです。
また、ロストバゲージといって現地に荷物が到着しない!なんてことも起こりません。
実はこれ、頻繁にあるんです・・・。
(ちなみに僕は海外旅行保険も最低限のものを申し込みますが、ロスバケ用のオプションはだいたい追加します。)

なので、使わなくて済むのであれば使わない方が確実ですし、時間的にも良いと思います。

が、しかし。
そうは言っても、行先や日数によっては受託手荷物が必須となりますよね。
また、化粧品等持って行ったりするなど機内持ち込みが出来ない場合、受託手荷物を使用するしかありません。

そんな時、裏ワザの一つとして、自分の手荷物を優先的に出せる方法があります。
チェックインで荷物を預ける際に、スタッフの人にお願いしてみましょう。

一番確実な理由としては、乗り継ぎがあること。
次の航空券を見せて「乗り継ぎがあるから荷物を早めに出してほしい。」と伝えればだいたいの場合「priority」の優先タグを付けてくれます。
「現地でバスの時間がある」とか、何か理由を述べるとつけてくれる場合もありますが、付けてくれない場合もあるので、その場合は我慢しましょう 笑

【機内にて】飛行機の中で寝やすくする為の方法

□耳栓やヘッドフォン
やはり一番重要なのは、耳栓です。空港の薬局などにも売っていますよね!
「新品」のほうが遮音効果が高い気がしますので、耳栓の場合は新品がBetter。
また、偏頭痛などの心配がある人にもMUSTです。
その場合は、離陸前からしておくのが必須のようです
そんなに気にしない人は、ノイスキャンセリングのイヤフォンやヘッドフォンでも代用可!

最近は、機内エンターテイメントも普通のイヤフォンジャックのものでも使えるようになっている飛行機が多くなっています。
機内で配られるイヤフォンは音質が悪いので、自分のものを持っていくといいですね
□アイマスクもしくは・・・

機内でしっかりと睡眠をとろうと思うと、やはり光を遮断するのが一番。
アイマスクがあれば、手軽に真っ暗な環境を作れます。
航空会社によっては機内に準備してあることもあるので聞いてみましょう。
代用としては、パーカーがついている服を着ておくと目隠しになりBetter than nothingです。

また、僕の最近のオススメは「蒸気でアイマスク」
空港の薬局にもだいだい置いてありますよね!
温かく香りが良いタイプもありますし、(たくさん歩いてたくさん見学した後、ホテルで疲れを癒すのにもってこい!)
また、捨てられて荷物が増えない!というのがいいですよね
□お酒
長時間のフライトの場合、だいたい離陸後数時間で機内食が出てきます。
その際に、軽くアルコールを取ると眠りやすい場合もありますよね!
しかし飛行機の中は気圧が低いため、通常より酔いやすいと言われています。
あまり飲みすぎないよう適量に注意しましょう。

FSC(フルサービスキャリア)だとだいたいアルコールも無料ですが、LCCの場合はほぼ有料です。
機内でのアルコールは「乗務員が搭乗者のアルコール摂取量を把握する必要がある」とのことで、自ら持ち込んだアルコールは飲めないことが多いのでお気を付けを!

【ホテルにて】旅先で下着や靴下を洗ったときに朝までに乾かす方法!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

EISA元旅行会社勤務。ハネムーン商品の企画・販売担当だった為、リゾートに強い。また、趣味も旅行の為旅行先で撮った写真を中心にオススメできればと思います。

このまとめ記事に関して報告する