• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
アフリカの大自然が教えてくれる!歴史を感じる旅、おすすめスポット20選

アフリカの歴史を感じる旅を語ると聞くと、ピラミッドのような太古の遺産、中世の行商や奴隷貿易、大航海時代などを思い浮かべるでしょう。そして、おすすめスポットの中には、サバンナをさまようライオンやキリン、サイ、ヒョウ、バッファローなどの多くの野生動物が生息する、自然公園もたくさんあります。そのような自然公園にも、今まで気が付くことのなかった、意外な歴史が隠されています。では、これからアフリカの歴史を感じる旅の、おすすめスポットを紹介してまいります。たくさんの歴史や大自然を感じに、ぜひアフリカに行ってみてはいかがですか。

このまとめ記事の目次

1 マジョレル庭園/モロッコ

有名な建築家を父に持つジャック・マジョレルは、1886年にフランスのナンシーで生まれました。父の勧めに従って、建築家の勉強をしていましたが、やがて芸術家になるために、美術学校に通うようになります。パリ、スペイン、イタリアなどを渡り歩きます。1910年にエジプトを訪れた彼は、イスラム文化に魅せられてしまいます。

病弱だったマジョレルは、軍隊を除隊となり、リヨテ総督の招きにより、モロッコにやって来ます。これをきっかけに、やがてモロッコを芸術活動の拠点としました。マジョレル庭園は、彼の芸術の集大成です。木陰をゆっくり歩けば、サラサラと木々の葉のたてる音、小鳥たちのさえずりが聞こえ、池には睡蓮の花がひっそりと咲いています。

原色に彩られたムーア式の美に魅せられた、イヴ・サンローランにも愛された庭園は、アフリカの歴史を感じる旅にふさわしい、おすすめスポットです。

詳細はこちら

  • Rue Yves St Laurent, Marrakech 40090 モロッコ
  • +212 5243-13047

2 ボルダーズビーチ/南アフリカ共和国

ボルダーズビーチは、アフリカペンギンを観察できるおすすめスポットです。1983年にダイラー島から初めてペンギンたちが渡ってきました。しかし、近年では、商用漁業による餌の減少や環境汚染により、ペンギンたちの住環境は悪くなってきました。100年前は100万羽以上いたペンギンが、今ではわずか26,000羽となり、絶滅危惧種になってしまいました。そんな、近代化の進むアフリカの自然を観察しながら、歴史を感じる旅をかみしめてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

  • Kleintuin Rd, Simon's Town, Cape Town, South Africa

3 ギザ/エジプト

ギザの三大ピラミッドとは、古代エジプトのファラオであるクフ王、カフラー王、メンカウラー王が建造したものとされています。このエリアには、王妃のピラミッド、葬祭殿、神殿、そしてスフィンクスもあるおすすめスポットです。アフリカの歴史を感じる旅を体感できること間違いありません。「クフ王ピラミッド入場証明書」があり、ぜひ、入手することをおすすめします。

詳細はこちら

hotelsCombinedで見る
  • Al Haram, Nazlet El-Semman, Al Haram, Giza Governorate, Egypt

4 ルクソール神殿/エジプト

新王国時代にカルナック神殿の副神殿として造られました。かつて、神殿の入口の左右には、巨大な大理石の坐像と高さ25mのオベリスクが立っていました。19世紀に、ナポレオンがエジプト総督ムハンマド・アリに、当時では珍しい大時計を贈り、そのお礼として、入口のオベリスクを1本贈ったというエピソードが残っています。そのオベリスクは、現在、パリのコンコルド広場にそびえ立っています。

神殿の中に入ると、顔面が崩れてしまった巨大なラムセス2世像やハとシェプスト女王のオベリスクが目をひきます。時代に翻弄されたこれら遺跡めぐりは、アフリカの歴史を感じる旅にふさわしいおすすめスポットです。

詳細はこちら

  • Luxor City, Luxor, Luxor Governorate, Egypt

5 喜望峰/南アフリカ共和国

首都のケープタウンから、南へおよそ50kmにあるアフリカ大陸の南西端の岬です。嵐で海が荒れていることで知られるこの岬は、15世紀にポルトガルのバウトロメウ・ディアスが、初めて到達しました。嵐に見舞われたことから、当時は「嵐の岬」と言われていました。

後に、ポルトガルのジョアン2世が、北東に進めばインドに到達すると考え、「希望の岬」と名付けました。英語名で「Cape of good hope」(喜望峰)と呼ばれるようになりました。その名の由来をたどれば、大航海時代のロマンに出会える、アフリカの歴史を感じる旅にふさわしいおすすめスポットです。

詳細はこちら

  • Shop B101, Buchanan Square, Sir Lowry Rd, Woodstock, Cape Town, South Africa

6 クルーガー国立公園/南アフリカ共和国

面積19,485平方キロメートルという広大なこの国立公園は、1898年にこの地を統治していたポール・クルーガーによって、鳥獣保護区として、狩猟の制限を目的に作られました。現在は、原住民とも共存できるよう整備され、国境を接するジンバブエのコナレゾウ国立公園と、モザンビークのリンポポ国立公園を合わせると、さらに広大な自然保護区が形成されていることになります。

現在はすっかり観光地化され、ジープでのサファリツアー、ロッジに宿泊してディナーを楽しめたり、ハネムーンプランまであります。ビッグ5と言われるライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、バッファローの勇姿を眺め、昔から変わらぬ大自然を、お洒落にサファリを満喫できる、アフリカの歴史を感じる旅にふさわしいおすすめスポットです。
  • Building 16, Waterfall Park, Bekker Rd &, Treur Cl, Vorna Valley, Midrand, , South Africa
  • +27 11 545 1000

7 ケープタウン/南アフリカ共和国

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shyonia旅行好きなのに、なかなか行けない。そんなフラストレーションを、このサイトで、バーチャル?に払拭しようと思います。スタイリスティックスにご紹介してまいります。

このまとめ記事に関して報告する