• はてぶ
  • あとで
1日で巡れる八十八ケ所⁈ 佐久島のフォトジェニックな祠巡り

四国八十八ケ所巡りといえば徒歩なら40日以上かかるとか、時間もお金もゆとりがないとできません。それはちょっとな・・・という人におすすめなのが佐久島の祠巡りです。小さな島なので徒歩1日で巡ることが可能です。海と緑が美しい島の自然も歩いてみるのがおすすめです。近年アートプロジェクトの一環としてリノベーションされた祠はユニークなものもあり楽しいですよ!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

インスタ映えのする風景と祠!

ただ霊場回っても、どこもだいたい似てる感じですよね。
でも、佐久島の祠プロジェクトは
その祠を新しい価値観で作ることで回るのが楽しくなるプロジェクトなんです。

インスタ映えしそうな祠も多数。
下記は一例です。

ゆっくり歩くことで体感できる自然

佐久島のアートプロジェクトが他と違うのは、
とにかく歩いて回れるorママチャリ(電動機なし)で十分回れるところです。
島内は小さく、ほとんど車が走っていないのでのびのび散策を楽しめます。

歩きだからこそ見える風景ってありますよね!

この祠プロジェクトで祠がたっている場所は佐久島の
海と山、自然が美しいところを選んでいる感があります。
祠を巡ると佐久島の自然を巡れるんですね。

アートプロジェクト

この祠はアートプロジェクトの一環として2009年に始めたそうです。
参加したのはアーティストだけではなく
愛知県の大学の多数の研究室がコンペで新しい祠を作っていったそうです。
たくさんの人の想いが一つ一つに詰まっているんですね。

名古屋から日帰り可、でも時刻表には気をつけて!

いかがでしたでしょうか?
最近はアートで町おこし!というのが、よくある感じの企画になっていますが
佐久島の祠プロジェクトはちょっと違う感じがあって面白いなと思います。

コンパクトで気軽に楽しめる佐久島は名古屋から日帰り可能ですが、
フェリーの最終便は意外に早いもの。
時刻表にはくれぐれも注意してくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

HiromiAme2014-2017ボツワナ国立博物館、2017-現在はパラオ国際サンゴ礁センターのデザイナー

このまとめ記事に関して報告する