• はてぶ
  • あとで
ミラノで必見の超穴場スポット!「ポルディ ペッツォーリ美術館」の魅力

ポルディ ペッツォーリ美術館(Museo Poldi Pezzoli)は、北イタリアの首都と称される国内第2の都市ミラノの中心部に位置する観光スポットです。ミラノ有数の貴族だったジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリの遺言により、私邸を美術館として1881年(明治14年)から公開しているものです。第二次世界大戦で惜しくも被害を被りましたが、のちに修復されました。貴族の家に代々受け継がれた名画や調度品のほか、ミラノ市民から寄贈されたアンティークレースや宝石類など、見どころ豊富なポルディ ペッツォーリ美術館をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ポルディ ペッツォーリ美術館とは

ポルディ ペッツォーリ美術館(Museo Poldi Pezzoli)は、イタリア第2の都市ミラノにある観光スポットです。ミラノの貴族で美術収集家だったジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリ(Gian Giacomo Poldi Pezzoli)の名を冠し、遺言によって没後に寄贈された私邸跡を美術館として一般に公開しているものです。
ポルディ ペッツォーリ美術館は、ポルディ ペッツォーリが収集したコレクションを母体として、1881年(明治14年)にオープンしました。ポルディ ペッツォーリ亡きあともコレクションは増え続け、現在では主にルネサンス初期の14世紀から19世紀までの有名絵画をはじめ、中世の甲冑やガラス工芸品、アンティーク家具から陶磁器まで、ヨーロッパ美術の傑作6000点あまりを収蔵しています。

見どころ豊富なミラノの穴場スポット

個人の邸宅の美術館であるポルディ ペッツォーリ美術館は、あまりツアー客が訪れないことから混み合っておらず、落ち着いて美術品を鑑賞できる穴場スポットとして観光客に人気です。ペッツォーリ家が何代もかけて集めた豪華なジュエリーや、世界的な名画の数々が展示された大小12室のギャラリーはもちろん、バロック調の玄関ホールに始まる魅力的な室内装飾も、自由なペースでじっくり見学できます。
ポルディ ペッツォーリ美術館は、エントランスから奥へと延びる1階グランドフロアと、玄関ホールの古い階段でアクセスする2階展示室で構成されています。1階では、15世紀から19世紀の貴重な印刷物3500点以上を展示する図書館のほか、市民から寄贈されたアンティークレースと刺繍の部屋、甲冑が並んだ武器の部屋などが見どころです。

目玉スポット「黄金の部屋」

2階展示室の見どころは、“ヨーロッパでもっとも優美な邸宅美術館”と称されるポルディ ペッツォーリ美術館のシンボルともいえる作品で、ルネサンス初期を代表する画家ピエロ・デル・ポッライオーロが1470年頃に描いたといわれる「若い貴婦人の肖像(Ritratto di giovane donna)」です。絵画の傑が集まるルネサンス様式の展示室「ゴールデンルーム」で見ることができます。この部屋の名前は、1943年の戦災で失われた天井の金箔に由来します。
ゴールデンルームでは、同じくポルディ ペッツォーリ美術館を代表的するサンドロ・ボッティチェッリが聖母子像を描いた15世紀の作品「本と聖母(Madonna con il Bambino)」のほか、「死者の嘆き(Compianto sul Cristo morto)」、ジョヴァンニ・ ベリーニの「ピエタ(Imago Pietatis)」などが見どころです。

絢爛豪華「ダンテの書斎」

かつては黒檀と象牙で飾られていたという「ブラックルーム」を進み、さらに「グラスの部屋」の奥にある「ダンテ スタディ(Studiolo Dantesco)」は、ポルディ・ペッツォーリの研究室だった場所です。ポルディ ペッツォーリ美術館にある部屋のうち、第二次世界大戦の被害を奇跡的に免れた唯一のギャラリーとして、当時の趣を現代に伝えています。
ポルディ・ペッツォーリは、この部屋で亡くなっていたところを発見されたそうです。死因は心臓発作で、57歳という若さでした。19世紀のミラノで活躍した画家で装飾家のルイジ・スクロサッティによって設計された煌びやかな壁やガラス窓の装飾は、フィレンツェ出身の世界的な詩人のダンテにも影響を与えたといわれます。ほかにも、時計のコレクションやジュエリーの部屋などが充実しており、たいへん見応えがあります。

いかがでしたか

ポルディ ペッツォーリ美術館をご紹介しました。アレッサンドロ・マンツォーニ通りに面した分かりやすい場所に建つ美術館で、路面電車の駅から徒歩1分の穴場スポットです。ミラノ観光の際は、ぜひ足を運んでみてください。

基本情報

所在地:Via Manzoni 12, Milan
TEL:(02)794889
営業時間:10:00~18:00
料金:大人:9ユーロ、 子供:6ユーロ
定休日:火曜
アクセス:地下鉄「Montenapoleone」駅から徒歩3分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する