• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
国内に4つだけ!ケンブリッジの最古参「ラウンド・チャーチ」の見どころ

ラウンド・チャーチ(Round Church)は、イギリスのイングランド東部に位置する都市ケンブリッジにある歴史的建築物です。12世紀に建てられた中世の円形教会で、イギリス国内でも4つしか残っていません。重厚な石壁や半円形のアーチが特徴的なノルマン・ロマネスク様式の教会で、現在はケンブリッジののビジターセンターとして小さなパネル展示や各種イベントのほか、ツアーなどの案内をしています。90分でケンブリッジの歴史を学ぶツアーや、日本語対応のテキストガイドも楽しめる、ラウンド・チャーチをご紹介します。

このまとめ記事の目次

ラウンド・チャーチとは

ラウンド・チャーチ(Round Church)として知られる聖墳墓教会は、イギリスのイングランド東部に位置する大学都市ケンブリッジで最も貴重な歴史的建築物のひとつです。ロンドンのテンプル教会、イングランド東部エセックスのリトルメイプステッド、ノースアンプトンの聖墳墓教会とともに、国内に残る4つの中世円形教会のうちのひとつです。
ラウンド・チャーチは、ブリッジストリート、セントジョンズストリート、シドニーストリート、ラウンドチャーチストリートが交差する場所に建っています。1130年頃に礼拝堂として建造され、のちに修道教会となりました。世界遺産としても知られるイスラエル東部の聖地エルサレムの旧市街に所在する聖墳墓教会(The Church of the Holy Sepulchre)がモデルになったともいわれています。

観光案内書として今も現役

教会としては規模の小さいラウンド・チャーチは、分厚い石壁と半円状のアーチが特徴のノルマン・ロマネスク様式で、現在はキリスト教遺産(Christian Heritage)によって管理されています。現役の建物とは言っても教会としては機能しておらず、現在は小さな歴史博物館を兼ねたビジターセンターとして利用されているほか、コンサートやサマースクールなどの手配を行っています。
収容人数を超えた会衆たちは、近隣の教会に活動の場を移しています。現在は、キリスト教とケンブリッジのつながりを12枚のパネル展示で紹介する「The Cambridge Story」のほか、ケンブリッジ800年の歴史を約23分間の映像「Saints and Scholars(聖人と学者)」で紹介しています。テキストガイドは、英語のほかにもフランス語やスペイン語、日本語、中国語にも対応しています。

12世紀から19世紀の折衷様式

ラウンド・チャーチはイギリス国内でも2番目の古さを誇り、1950年(昭和25年)にはイギリスの指定建造物(グレード1)にも指定されています。東部分の最初の拡張は13世紀に始まり、15世紀にはノーマンスタイルからゴシック様式に改修されました。門や通路に天使の彫刻が付け加えられ、身廊の上にはゴシック様式の鐘楼が建っていましたが、17世紀にはその大部分が破壊され、修復されたのは19世紀になってからのことです。
建物は1840年代に再建されましたが、このとき建築家はラウンド・チャーチのイメージを再びオリジナルのノルマンスタイルに戻すために惜しげもなく15世紀の鐘楼を破壊し、現在の円錐型の屋根を建てました。建物の内部でも12世紀から19世紀の建築様式が調和をもって混ざり合い、美しい内装になっています。

19世紀のステンドグラスも必見

ラウンド・チャーチの美しいステンドグラスは、そのほとんどが19世紀の修復の際に導入されたもので、デザインを手がけたのは当時イングランド最大のワークショップ所有者として数多くの作品を残したウィリアム・ウェイルズ(William Wailes)と、“ヴィクトリア調ステンドグラスの父”と称されるトーマス・ウィレメント(Thomas Willement)です。
ラウンド・チャーチでは、20年近く続くケンブリッジ大学のウォーキングツアーも実施されています。どなたでも気軽に参加できる通常90分コースは、美しい街並みや歴史的建築物を探索しながら、歴史的人物について学びます。ケンブリッジにゆかりの作家C・S・ルイスがよく通ったスポットや、キリスト教とのつながりを示す重要な場所などを巡るツアー「C S Lewis Walk」のほか、プライベートなツアーにも対応しています。

いかがでしたか

イギリス国内でもわずかしか残っていないユニークなスタイルの教会、ラウンド・チャーチをご紹介しました。リサイタルやクリスマスイベントなども開催されていますので、ケンブリッジ観光へお出かけの際はチェックしてみてください。

基本情報

所在地:Round Church Vestry, Bridge Street, Cambridge CB2 1UB
TEL:+44 1223 311602
営業時間:月曜日14:00~17:00 (曜日により異なります)
料金:£3.50一般
アクセス:バス停Bridge Street下車

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する