• はてぶ
  • あとで
週末弾丸旅行しよう!JR東日本『週末パス』で行きたい1泊2日旅プランを紹介

いま、JR東日本で発売されているお得なキップ、"週末パス"をご存知ですか? この"週末パス"は、ゴールデンウィークとお盆の期間を除き、土・日・祝と二連休の続く週末に使うことが出来るフリーパスです。今回は、そんな週末のプチ旅行にぴったりなこの『週末パス』を使った旅プランをお教えします。(情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

『週末パス』って何?

JR東日本のほとんどが乗り放題

いま、JR東日本で発売しているお得なきっぷ、"週末パス"ご存知ですか? JR東日本の管轄内で、宮城県の女川(おながわ)駅・小牛田(こごた)駅・くりこま高原駅、秋田県の湯沢駅、山形県の酒田より南にある全路線に自由に乗ることができるきっぷです。なお、新幹線や特急に乗るには別途特急券を購入する必要があります。(※東海道新幹線は利用できません)
有効期限は土・日・祝日の連続する2日間。子どもの料金が半額以下になるので、お子様がいるご家族には、よりお得でおすすめな切符です。

前日までに購入して、新幹線をお得に乗ろう

週末パスのよいところは、まず利用する前日まで購入可能なところ。また券売機でも購入することが出来るので、事前の準備がほぼ必要ありません。また、新幹線を使い、東京から、仙台・山形・新潟など遠方の都市に行く場合、乗車券分の差額を考えると、往復だけで、すでにお得になるのです。
さて、今回は"週末パス"を使って、お得に新幹線で行く旅行先をご提案します。新潟、宮城、山形、福島、伊豆など、観光スポットを含めてピックアップしました。おトクなキップを使って、ちょっとラグジュアリーな旅行をするのも、格安旅行をするのも、どちらも魅力的ですね。

① 福島

円盤型に並んだ「ふくしま餃子」

東北新幹線で1時間半ほどでアクセス可能な福島市。実は、ご当地グルメとして「ふくしま餃子」が有名なんです。餃子と聞くと宇都宮が思い浮かびますが、福島の餃子は、フライパン1枚で焼かれ円盤型になった「円盤餃子」が人気となっています。餃子好きの方は必見です。

気軽に温泉巡り

福島市には、「飯坂温泉」「高湯温泉」「土湯温泉」の3つの温泉があります。中でも「飯坂温泉」は、”福島の奥座敷”と言われ、摺上川(すりかみがわ)沿いに温泉旅館が立ち並んでいます。ぜひ気軽に湯めぐりを楽しんでみてくださいね。

詳細情報

② 仙台 ~ 秋保温泉

みんなが大好きな杜の都

東京から東北新幹線で1時間30分程度。北の杜と呼ばれる"仙台"は、みんなが大好きな牛タンや今話題の"ずんだ"スイーツなど、魅力的なグルメがたくさんあります。そんな仙台グルメを制覇するつもりで楽しみ尽くしましょう。

伝承千年の宿 佐勘

そんな仙台で宿泊するのにおすすめなのが、「仙台の奥座敷」と呼ばれる"秋保温泉"です。"伝承千年の宿 佐勘(さかん)"は、歴史をもちながら近代的で居心地の良い宿。事前予約制で仙台駅から無料の送迎バスも出ています。ちょっとリッチな宿泊をしてみてはどうでしょうか。

詳細情報

③ 新潟 ~ 長岡

新潟せんべい王国

新潟は、東京から上越新幹線で約2時間。新潟といえば、お米。そしてお米といえば、"せんべい"ですね。せんべい大国の新潟では、"新潟せんべい王国"というせんべいのテーマパークがあります。いろいろな体験やお土産も帰るのでおすすめのスポットです。

長岡の"寺泊魚の市場通り"へ

長岡市にある寺泊(てらどまり)の"寺泊魚の市場通り"は、『魚のアメ横』と呼ばれています。ここは、新潟県で採れた魚だけでなく、全国のいろいろな海産物が集まる有名な魚市場です。賑やかな市場の活気のなかで、おいしい海産物を食べ歩きしたり、お土産を買ったりして楽しみましょう

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する