• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【超初心者向け】海外旅行に絶対持って行くべき5つのもの【22か国旅したプチベテラン旅人が教える】

22ヶ国旅したプチベテラン旅人が教える、海外旅行に持って行くべきものを厳選して5つご紹介。 バックパッカーではなく、フリープランの海外ツアー愛用者です。 初めて海外旅行に行く!という超初心者さんは参考にしてみてください。

このまとめ記事の目次

クレジットカード

パスポート・現金に次ぐ貴重品、クレジットカード。盗難や悪用が怖いかもしれませんが、そういったリスクをふまえても持って行くべきです。

為替手数料がお得

クレジットを使っても大丈夫か、信用できるお店かどうか、という判断は必須になりますが、現金で支払うよりもクレジットカードで支払った方がお得な場合が多いです。
銀行や空港で両替する場合、両替には手数料がかかります。現地でクレジット払いをしても手数料がかかりますが、銀行や空港で現金を両替するよりも安くなっています。

保険が付帯している

カードの種類によって異なりますが、海外旅行保険が付帯している場合があります。
病気やけがだけでなく、物損事故にも対応している場合もあります。

免税店などで特典がある

主に免税店が多いのですが、指定のカードを使えば割引があったり、プレゼントがもらえたりします。クーポン券を配布していることもあります。

ガイドブック

スマホに頼るだけじゃダメ。紙媒体で持って行きましょう。
調べた内容をスマホにメモしておくだけでは、スマホの充電がなくなった時に対応できません。
アナログかもしれませんが、やっぱり必要な情報は紙で手元に置いておくべきです。

地図があれば人に道を聞きやすい

現地で人に道を聞くとき、その国の言葉が達者でないならば地図を見せて道を聞くことになると思います。
ガイドブックの紙の地図の方が見やすく、また書き込みもできるので、現地の人に道を聞きやすいですし、またわからなければ教えてもらった道を地図に書き込むこともできて理解しやすいと思います。

後ろの方のページがいざというとき役に立つ

旅の計画を立てているときにはあまり見ない、後ろの方の字がぎっしりなページがいざという時役に立ちます。
例えば行きの飛行機の中で、入国カードの書き方がわからない…となった時は、ガイドブックの後ろの方のページを開いてください。ほとんどすべてのガイドブックに、入国カードの書き方が載っているはずです。
その他トラブルへの対処法や、現地のあいさつなどが載っている場合もあり、役に立ちます。

お水・お茶

お腹を壊すリスクを少しでも減らすために

バックパッカー旅は別ですが、超初心者さんが行くようなスーツケースを持って行く旅では、お水やお茶を多めに持って行くべきです。
「現地で買えばいいや」と思うかもしれませんが、現地で買うくらいなら、飲みなれたものを日本から持って行った方が良いと思いませんか?
旅先でお腹を壊す一番の原因は水です。きちんと販売されている水であっても、衛生的に大丈夫なものであっても、普段飲みなれていない水(硬水など)だとお腹を壊すこともあります。
長期の旅行になるとお水だけでは飽きてしまうので、お茶やジュースもあればなおよしです。

必ずスーツケースにいれておくこと

国際線の機内には100ミリリットル以上の液体物を持ち込むことができません。
お水・お茶はかならずスーツケースに入れておきましょう。
また、航空会社によってことなりますが、スーツケースの重量が規定をオーバーしないよう気を付けましょう。

フライト時間が長い場合は、入国審査後に売店でお茶やお水を買うことをおすすめします。機内で飲み物はもらえますが、飲みたいときにすぐ飲めるように手元にペットボトルがあれば安心です。

アメやグミといったお菓子

小腹が空いたときの救世主になる

海外旅行では「お腹が空いたのに食べられない」というシーンがでてきます。
例えば飛行機の中で。お腹が空いても機内食が出てくるまでは食べるものがありません。
例えば乗継の空港で。レストランに入るほど時間はないけど、お腹が空いた。
例えば観光スポットで。お腹が空いたけれど近くにレストランも売店もない。

こういうときに小腹を満たしてくれるアメやグミといったお菓子は、常に手荷物に忍ばせておきましょう。
日本だとさっとコンビニやファストフードに立ち寄れても、海外、しかも行ったことのない土地だとなかなかそれは難しいです。
チョコだと溶けやすく、ガムだとゴミがでてしまうので、アメかグミがオススメです。

生理用品

もしものために

もしものために、常備薬は持って行かれる方が多いと思います。それに加えて、女性ならば生理用品を忘れずに。
国によって品質が違うので肌に合わないかもしれませんし(おそらく日本のものは最高品質)、行ったことのない場所ではお店を探すのに苦労するかもしれません。
そして意外に盲点なのが機内での「もしも」。旅先でブルーな気持ちにならないためにも、スーツケースにだけでなく機内持ち込みの手荷物に1ついれておくだけで安心です。

快適な旅のために

いかがでしたか?他にもいろいろ持って行った方がよいもの、持っていってよかったものはありますが、今回は厳選して5つをご紹介しました。
せっかくの海外旅行を快適なものにするために、この5つは必ず持って行ってくださいね。
では、楽しんで!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tabizaru69講談社with #withgirlsエディター
#台湾公認インスタグラマー
旅猿が好き。旅が好き。#旅猿ロケ地巡り
https://www.instagram.com/tabizaru69/

このまとめ記事に関して報告する