• はてぶ
  • あとで
"京都"で特別なランチ&ディナーを。おすすめの京都のフレンチレストラン7選

京都といえば、つい"和食"のイメージが強いですが、実はフレンチの名店がたくさんあるのです。繊細な京都の文化や京野菜とフレンチの相性はバツグン。京都で特別な日を過ごすときは、そんなフレンチレストランを使ってみてはいかがでしょうか。今回は、京都でおすすめのフレンチレストランをご紹介します。(※なおこの記事は2017年7月7日現在の情報です)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① MAVO / 京都・祇園

完全予約制のティー×フレンチ

京都の祇園エリアは、さまざまな美食の名店が立ち並んでいることで知られています。そのなかで、いま京都フレンチの先端を走っているのが、この"MABO(マヴォ)"です。完全予約制で、最高のお料理とおもてなしのお店です。

極上の素材と繊細な盛り付け

料理は、極上な素材を使い、その素晴らしさを最大限に進化させてくれます。芸術的な盛り付けは、まさに息をのむほど。京都が大切にしている季節感にのっとって、繊細な料理ともてなしを受けることが出来ます。

ティーペアリング

なかでも面白いのが、ティーペアリング。ワイングラスに入っているのは、日本茶なのです。日本茶とフレンチとのペアリングを楽しむことが出来ます。そうした京都らしいおもてなしが、実にうれしいお店です。
メニューは、コースメニューのみで、昼は6000円、夜は1万2000円です。食事の開始時間も決まっているので、注意しましょう。また、ドレスコードはスマートカジュアルなので、タンクトップや短パン、サンダルなどの軽装で行かないように注意しましょう。

詳細情報

京都府京都市東山区下河原通上弁天町440 舞風館1階

3.15 016

② 山地陽介(ヤマジヨウスケ)/ 京都・祇園

京都フレンチの新星

京都のフレンチの新星として名乗りを上げたのが、この"山地陽介(やまじようすけ)"。まさにシェフの名前が、そのままお店の名前になっています。11年間、フランスの数々の名店でガストロノミー(美食)を学んだ実力は、逸品の京都フレンチを作り出してくれます。

町家を改装した開放感のある空間

店内は、町家を改装して作られた開放感でシンプルな空間。提供されるお料理やおもてなしも、またカジュアルながら洗練されたものばかり。いずれも五感で料理を楽しませてくれるので、ワクワクしてしまいます。

美食を体験しにいこう

まさに体感する極上のフレンチレストランである"山地陽介"は、完全予約制。すべてコースで、ランチは5000円、8000円の2種類。夜は10000円、15000円、20000円の3種類から選ぶことができます。特別な日には、特別な食事で楽しみましょう。

詳細情報

tabelogで見る

京都府京都市東山区祇園町南側570-151

3.45 119
和の要素が入った創作フレンチ

京都旅行のランチで利用しました。 12時の予約30分ほど前にお店に着くとのれんがかかっておらず一見どこにお店があるのか分かりませんでした。 予約時間まで周辺のお店を見ながら時間つぶし。 開店数分前になるとお店の方が出てきてのれんがかかり、店内への案内が始まりました。 今回予約していたのは7,500円のコース。 【コース内容】 前菜3品 グラニテ 魚料理 肉料理 デザート2品 名物〆の焼きたて熱々フィナンシェ 食後の飲み物(11種類の中から選択) 今回はカウンター席から料理が作られていく様子を見ることができました。 全体を通して、素材と盛り付けに大変こだわっているのが感じられました。 特に印象に残ったのは、このお店のスペシャリテ「イカのカルボナーラ」。 カルボナーラなのに麺ではなくイカを使います。 イカにチーズ、卵黄が絡み合い旨みの相乗効果です。 (個人的には、少し味が濃いかなとは思いましたが) ただ、高級フレンチを食べ慣れている方にはやや物足りないかもしれません。 美味しいのは美味しいものの、普通に美味しいという程度で想像を超える感動といったものは無かったように思います。 山地シェフの経歴「ポール・ボキューズ」や「アラン・デュカス」を見て期待値が上がりすぎていたせいでしょうか。 少なくとも、ポール・ボキューズで感じた王道の素朴に美味しいフレンチという印象は無かったです。 気軽におしゃれでおいしいフレンチを食べたいなら良さそうです。 ご馳走様でした。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ ラ・ビオグラフィ(La Biographie…)/ 京都・烏丸御池

パリの"火入れの魔術師"から受け継がれる技術

閑静なオフィス街である烏丸御池(からすまおいけ)駅エリアにある、素晴らしいフレンチレストランがあります。その名も、"ラ・ビオグラフィ(La Biographie…)"。清潔感のある落ち着いた店内は、シェフである滝本氏の振る舞う料理を引き立てます。

素材の可能性を最大限に引き出す

シュフである滝本氏は、パリで"火入れの魔術師"と呼ばれるアラン・パッサールを師にもち、素材の味を最大限に発揮させる技術や哲学を学びました。その素晴らしい料理は、リピーターも多く、予約が取れない名店です。

京都フレンチで季節を楽しもう

メニューはコースのみで、完全予約制。昼は6,500円と、8,500円~のコース。夜は15,000円と18,000円~のコースがあります。京都の季節感を取り入れた料理を、四季折々に味わいたくなる名店です。特別なアニバーサリーに、ぜひ訪れてみましょう。

詳細情報

京都府京都市中京区長浜町152

3.49 226
こんなに残念だったことははじめて

京都のミシュラン一つ星も取っているお店です。 とっても楽しみにしていたんですが… 個人的には残念でした。 サービスなどたいそうなことは要りませんが、不快になるような態度がちらほらと。 無愛想な方が断然いいです。 食事のレビューです。 はじめは前菜としていくつか。 カカオを使ったものなどおもしろいものもありました。 続いての卵はこのお店の看板メニューだそうです。 最初シナモンみたいなスパイス。 酸味もキツいと思ったら甘味もくるという不思議な味でした。 続いて蟹とかぶです。 ソースはココナッツのソース。 見た目が綺麗でテンション上がります。 蟹がたっぷり。 蕪と青林檎があっさりなので前菜みたいに食べられます。 5個くらい同じのが乗っていたのでやや飽きましたがw パンはバターが美味かったです! 続いてアワビとカレーに似たソース。 アワビがこりこりしていておもしろい食感。 メインは京都姫牛です。 脂がすごい! 私は脂のお肉好きなので美味しいですね。 最後少し苦しいですが😐 野菜がごついです、、、(笑) 見た目はいいけどね。(笑) デザートは林檎パイ。 めっちゃさくさく。甘すぎず美味しいです。 最後にショコラノアールビスキュイ。 ホワイトチョコのアイスは案外食べたことがないかもというお味で新鮮でした。 気になったのは接客で… 全体的に舐められているなと感じました。若い女子二人だったので多少あるかもしれません。 フランス料理の専門用語やスパークリングウォーターの名前などこちらがわからない、聞き取れなかったことが多かったです。 私はワインが好きなのですが、ワインはわからないでしょうという態度で、隣のテーブルに残ってあったシャンパンをはじめに注がれました。 品種や産地の説明もほとんどなく、ボトルも見せてくれずまた隣のテーブルに置いていました。 もう一杯、次は食事に合わせて…とオーダーすると、お酒の進み具合が遅いので2人で一杯分にしておきましたとのこと。 たしかにゆっくり飲んでいましたが(笑) お会計はサービス料が高くて、ワインも1.5杯(のはずだよね?)で15 ,000円を超えました。 うーん微妙すぎる。 元々8,000円台のランチでした。 予約の電話の時から少し高圧的な態度を感じていました。 お料理も美味しかったのですが、不思議と印象に残っていないです。 食事に行ってこんなにがっかりしたのははじめてでした。 多くの方がいいレビューを書かれているので、合う合わないがあるのかもしれません。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ La table au japon (ラ・ターブル・オ・ジャポン )/ 京都・河原町

「屋根裏部屋にあるレストラン」

京都の中心地である河原町駅に、皆に愛されるフレンチレストランがあります。それが、この"La table au japon (ラ・ターブル・オ・ジャポン)"です。こちらは、フランスのプロヴァンス地方にあるトゥール・トゥールという小さな町のお店、"レストラン・ラ・ターブル"の日本店です。

アットホームであたたかなおもてなし

入り口から階段を上がると、まさに屋根裏部屋のような店内。清潔感の中に、木のあたたかさがある居心地の良い店内です。一品一品の料理も丁寧に作られ、またそのおもてなしも非常に柔らか。大切な人とリラックスしながら、美味しい食事ができます。

ちょっとしたお祝いでも

ランチメニューは、2,300円と3,990円のコース。夜は、4,300円と5,990円のコースの二つ。いずれにしても、気軽な気持ちで食事に行けるのがうれしいお店です。ちょっとしたお祝ごとがあったときにも、ぜひ利用してみてください。

詳細情報

京都府京都市下京区高辻通御幸町西入北側茶磨屋町228

3.42 112

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する