• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
観光にもビジネスにもオススメ!“六本木エリア”のビジネスホテル10選

筆者としてはいざ東京でホテルに泊まろうという際にオススメなのが六本木エリアです。観光もビジネスも東京都内で活動するにあたっての拠点として六本木エリアは東京都心の中でも様々な方面へのアクセスが良く、大変オススメのエリアです。そんな六本木エリアのビジネスホテルを10あつめてみました。東京で宿泊場所を探している方は必見ですよ。

このまとめ記事の目次

1選目:アパホテル<六本木駅前>/六本木

まず最初におすすめするホテルは、アパホテル<六本木駅前>。日本のみならず世界にも展開している大手ビジネスホテルチェーンのホテルです。六本木駅からのアクセスは、なんと徒歩1分。東京のどの観光スポットに行くにも便利なので、観光の拠点にぴったりですよ。
黒を基調とした落ち着いた雰囲気の客室は、コンパクトにまとめられていて使い勝手抜群。枕元にあるスイッチでエアコンや照明など、全ての操作ができるのもポイントです。チェックアウトは自動精算機で行うことができるので、スムーズに退室できるのも嬉しいですよね。

2選目:カスカータ(HOTEL GLANZ CASCATA)/西麻布

六本木らしいハイセンスなホテルに泊まりたい!という方にぴったりなのが、カスカータ(HOTEL GLANZ CASCATA)。客室は7種類のタイプがあり、それぞれ全く違った色合いでまとめられています。部屋を変えれば何度訪れても新鮮な気持ちで宿泊できますよ。
特におすすめなのが“ラグジュアリー”。その名の通り煌びやかな客室で、部屋の中央にはジャグジーバスがあります。1日中東京観光で歩き回って疲れた体を、しっかりと癒してくれますよ。ロマンチックな雰囲気もあるので、旅行デートでの利用にもぴったりです。

3選目:レム六本木/六本木

いつもと違う枕やベッドだとあまり眠れない、なんて方も多いのではないでしょうか。睡眠の質が低いと、次の日元気に過ごせないですよね。そんな悩みを解消してくれるのが、レム六本木。上質な眠りを追求したホテルで、ぐっすりと眠れる要素が沢山あるのが魅力です。
心が落ち着く暖色でまとめられた客室には、マッサージチェアやホテルオリジナルのベッドが置かれています。特に睡眠に直結する枕は数種類の中から選ぶことができるので、自分好みの高さや固さに出会えますよ。レディースフロアにはアロマ機能付きの空気清浄機もあります。
jalanで見る
  • 東京都港区六本木7-14-4
  • 03-6863-0606

4選目:六本木ホテルS/六本木・麻布・広尾

4軒目にご紹介する六本木ホテルSは、まるで友達の家にお呼ばれしたかのようなリラックスできる空間が魅力のホテル。細かい部分にまでこだわって作られている客室は、客室ごとに全く異なるテーマで作られているので、思わず全客室タイプを制覇したくなりますよ。
とても居心地が良いので、長期滞在するのにも最適のホテル。1ヶ月以上宿泊できるプランもあるので、HPをチェックしてみて下さいね。キッチンはもちろん、食器やカトラリーも揃っているので東京のグルメを自宅で調理して食べる、なんて楽しみ方もできますよ。

5選目:ヴィラフォンテーヌ東京六本木/六本木

ヴィラフォンテーヌ東京六本木は、ロケーションが抜群!六本木一丁目駅に直結しているので、雨の日でも濡れることなくホテルに辿り着くことができます。クラシカルな雰囲気が漂っていて、過ごしやすいのが特徴です。部屋も広々としているので、荷物を大きく広げられますよ。
このホテル最大の魅力は、朝食が無料で頂けるということ。ブッフェスタイルなので、朝から好きなものを好きなだけ食べることができます。無料とは思えないクオリティの高さなので、お得感もあります。朝から好きなものをお腹いっぱい食べれば、1日エネルギッシュに過ごせますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する