• はてぶ
  • あとで
リフレッシュにぴったり!日々の疲れを癒す“箱根一泊二日プラン”はこれだ

忙しい毎日、ストレスフルな日々。頑張りすぎて疲れ切っていませんか?この記事ではそんなあなたにおすすめの、リフレッシュにぴったりの箱根一泊二日プランをご紹介。旅行ってなんだかんだ疲れてしまうと思っているあなたも、このプランならリフレッシュできること間違いなしです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

14:30 新宿出発

初日は遅めの時間からのスタートです。早起きするのではなくしっかり睡眠を取って、元気な状態で旅へ向かいましょう。旅の始まりは新宿駅からです。新宿駅から小田急線の「ロマンスカー」に乗って、箱根湯本まで向かいます。

16:00 箱根湯本到着

箱根湯本駅に到着です!電車を降りたら、近くのコンビニなどのお店で必要なものや夜食などを購入しておくのがおすすめです。宿に売店がある場合もありますが、割高である可能性が高いので、コンビニで購入して宿へ向かいましょう。

17:00 宿に到着

湯本富士屋ホテル

コンビニで買い物を済ませたら、宿に向かいます。早めに宿に着いて、ゆっくり温泉に浸かって疲れを癒しましょう。箱根周辺には様々な宿があり、自分好みの宿を選ぶことができますが、今回おすすめするのは「湯本富士屋ホテル」。箱根湯本駅から徒歩3分ほどと、非常に近い場所にあります。
広々としたお風呂は、さらりとしたやわらかな泉質であり、日々の疲れを癒してくれること間違いありません。都会の喧騒から離れ、自然に囲まれた場所で温泉に浸かることで気分も晴れてくるはずです。また、温泉だけでなくお料理も絶品です。バラエティ豊富なレストランがあり、シーンや自分の好みに合わせて選択することができます。どれも旬の食材を活かしたメニューを楽しめます。

詳細情報

2日目

10:00 宿出発

翌朝、朝食を済ませたら10時に宿を出て箱根登山鉄道で「彫刻の森」へ向かいます。箱根登山鉄道は、例年6月下旬から7月にかけての時期には美しい紫陽花が見られることでも有名。途中下車して美しい紫陽花の写真を収めるのも良いですね。

11:00 箱根彫刻の森美術館に到着

彫刻の森駅に到着したら、すぐ近くにある「箱根彫刻の森美術館」に向かいます。こちらは、1969年に開館した、日本初の野外美術館。近現代美術を代表する、世界の巨匠たちの名作が展示されているだけでなく、子供が遊べる広場やチャペル、足湯やカフェなども併設されています。
1984年に開館したピカソ館では、およそ320点もの作品を順次公開しているんだとか。敷地内にはフォトジェニックな作品も多く、様々な魅力溢れる美術館です。野外作品は緑の中に作品があるからこそ、より作品の存在感を強く感じられます。

詳細情報

  • 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平 二ノ平1121
  • 0460-82-1161

13:30 田むら 銀かつ亭でランチ

お昼過ぎ頃に箱根彫刻の森美術館を出たら、ひとつ隣の強羅駅の近くにある「田むら 銀かつ亭」に向かいます。非常に人気の高いお店で、常に行列ができているため覚悟が必要ですが、絶品の「豆腐かつ煮」を頂くことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

yakiyaki_nikunikuやきにくだいすきです。

このまとめ記事に関して報告する