• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【超初心者向け】海外旅行に持って行ってよかった10個のもの【22か国旅したプチベテラン旅人が教える】

22ヶ国旅したプチベテラン旅人が教える、海外旅行に持って行ってよかった10個のものをお教えします! なくてもいいけどあったら便利なものを集めました。旅先で不便な思いをしないために、この記事を参考に荷造りしてくださいね。

このまとめ記事の目次

海外旅行に持って行ってよかったもの

旅行はなるべく荷物を減らしたい。でも旅先で不便な思いはしたくない。
今までに旅をした国22ヶ国のプチベテラン旅人が、海外旅行に持って行ってよかったものをお教えします。
なくてもいいけど、あったら便利!そんなものをまとめました。

絶対に持って行った方が良い!というものは、下記の記事を参考にしてください。

懐中電灯

100円均一で売っている小さい懐中電灯をひとつスーツケースに入れておくと便利です。
ホテルで停電があったときに役立ちます(わたしはインドとトルコのホテルで停電にあったことがあります。すぐに復旧しましたが懐中電灯があれば焦らずにすみます)。

また照明の調整が難しく、寝る時は明るいか真っ暗か…みたいなホテルもあります。
そんなとき枕元に懐中電灯を置いておけば、夜中目が覚めた時も安心です。

ウェットティッシュ

ご飯を食べる時に、おしぼりがでてこなかったり、手を洗う場所がなかったりするわりに、手を使うような料理がでてくることがあります笑。
ウェットティッシュで少し手をふくだけで、気持ちよく食事ができます。

レストランに入って、食器の衛生面が気になるときは、こっそりウェットティッシュで除菌することもあります。

わりばし

スーツケースに必ず入れています。
現地のスーパーで食べ物を購入し、部屋で食べようと思ったけれど、フォークやスプーンがない、ということがあります。
スーパーで言えばくれるところもあるかと思いますが、そもそも英語力があまりないので…わりばしは持参しています。
フォークやスプーンでもよいですが、わりばしが一番応用がききます。

お菓子

ポテトチップス、クッキー、おかきなど、小腹が空いたときに足しになるようなものを持って行くと便利です。
入ったレストランの料理が口に合わないとき、でももう1軒行くほどお腹は空いていないとき、ちょっとこういったものがあると便利です。
現地で買ってもよいですが、買ったお菓子がまた微妙…なんてこともあるので、食べなれたものを持って行くとよいです。おかきなんかは海外ではまず売っていないので持って行く価値があります。

たこ足配線

コンセントの数が非常に少ないホテルもあります。たこ足配線コンセントがあれば、同時に複数のものを充電できて便利です。複数名で1部屋に泊まるときには、特に必要。
コンセントのかたちが日本と異なる国も多いので、変換アダプターも忘れずに。

薄くて軽い羽織もの

飛行機内が寒かったり、朝晩が冷え込んだりした時にあると便利な羽織もの。
薄いカーディガンやパーカーがあると便利です。
冷え込むことが予想される国に行くときは、ユニクロのウルトラライトダウンを持って行っています。

靴下

暑い国に行くし、どうせずっとサンダルだし、という場合は靴下を持って行かない方もいるのでは。
飛行機内はエアコンがきいていて、足元が冷える場合がります。靴下があると助かります。

また海外のホテルではスリッパがないこともあります。土足OKな海外のホテルの部屋を素足で歩くのはちょっと抵抗があります。靴下があるとそのまま気兼ねなく歩き回れます。
もう捨てようかなという靴下を持って行って現地で捨てれば、帰りの荷物が減ります。

チーク

コスメは減らしたいけど減らせないものの一つ。なるべく数を減らして、かさばらないように…としている人は多いはず。
そんななかで、「持って行かないもの」とされてしまいがちですが「持って行った方が良いもの」が、チークです。チークを塗るだけで顔の表情が明るくなり、写真写りがよくなります。かさばりますが持って行きましょう。

電子書籍

ちょっとした暇つぶしに使えます。Wi-Fiルーターを持っている場合はネットが暇つぶしになりますが、ない場合はスマホが使えません。
でもあらかじめ日本でkindleやkoboのアプリをスマホに入れておいて、電子書籍をダウンロードしておけばネットがつながらない場所でもスマホで本を読むことができます。
特に飛行機内はネットが使えないので、電子書籍があれば便利。本はかさばりますが、電子書籍はスマホにいれてけば良いので荷物が増えないという点も嬉しい。

エコバック

海外のスーパーではレジ袋が有料のところもあります。エコバックがあれば無駄な出費が防げます。
またおみやげを買い過ぎてしまってもうスーツケースに入らない!と言う時にも使えます。航空会社にもよりますが、手荷物は1人2個までというところもあります。大きい荷物も小さい荷物も1点として数えられてしまうので、荷物が多くなってしまった時は大き目のエコバック1つにまとめましょう。

快適な旅を

いかがでしたか。荷物は増やしたくないけれど、旅先で不便な思いはしたくないと思います。
この記事を参考に、荷造りをしてみてくださいね。良い旅を!

こちらも参考にどうぞ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

tabizaru69講談社with #withgirlsエディター
#台湾公認インスタグラマー
旅猿が好き。旅が好き。#旅猿ロケ地巡り
https://www.instagram.com/tabizaru69/

このまとめ記事に関して報告する