女子旅向け「京都日帰りプラン」はこれで決まり!京都の女子旅で外さないモデルコースをご紹介!

国内外問わず様々な人々が訪れる大人気観光都市「京都」。そこで今回は、東京駅出発の女子旅向け「京都日帰り旅行プラン」をご紹介します。女子旅だからこそ、家族や恋人、友人グループで訪れる京都とは一味違う楽しみ方をしませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

9:00頃 ▷ 京都駅から旅のはじまり!

京都旅行を日帰りで満喫するなら朝はちょっぴり頑張って早起きしましょう。乗り換えのない新幹線なら、車内でウトウトしちゃっても大丈夫。東京駅から新幹線で行くと、京都駅まで2〜3時間ほどで到着します。

10:00頃 ▷ 「嵐山」に到着

まずは、京都駅からJR嵯峨野線で嵯峨嵐山駅まで行きましょう。30分ほど電車に揺られると到着します。嵐山へはバスなどの他のアクセス方法もありますが、京都駅を拠点にする今回のプランでは電車で行くことをオススメします。

嵐山

京都府京都市右京区 嵐山

3.15 642160

10:30頃▷「キモノフォレスト」でフォトジェ写真をパチリ

嵯峨嵐山駅からすぐのところに、通称「嵐電(らんでん)」と呼ばれる京福電鉄嵐山線の嵐山駅があります。こちらには、「キモノフォレスト」というSNSでも話題のフォトジェニックスポットがあるんです。嵐山の名物になりつつあるスポットなんですよ。
このスポットには、”友禅”を用いた約600本のポールが林に見立てられて立ち並んでいます。色鮮やかな和柄が立ち並ぶ様子はここでしか見られません。着物や浴衣姿での記念撮影も大人気なので、嵐山に来た際には要チェックですよ。

11:00頃▷「嵐山omokageテラス」でブランチ

「キモノフォレスト」でのフォトジェ撮影を楽しんだら、徒歩8分ほどで行けるカフェに向かいましょう。「嵐山omokageテラス」は嵐山を訪れたら必ず訪れて欲しいお店。嵐山を眺めることができる落ち着いた雰囲気が広がるカフェです。
こちらのお店で人気なのが、もっちりとした永楽堂の米粉食パン「くちどけもちこ」の分厚いトーストです。サイドメニューと合わせてセットで注文できます。他にも夏には抹茶を使ったかき氷など和スイーツもあります。落ち着いた空間で美味しいスイーツと一緒にゆっくりとした時間を過ごしてみてください。

嵐山OMOKAGEテラス

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11 嵯峨嵐山文華館

3.59 548

12:30頃 ▷ 「渡月橋(とげつきょう)」で絶景を堪能!

カフェでのブランチを満喫したら、お次は「渡月橋(とげつきょう)」へ向かいます。「嵐山omokageテラス」からは徒歩5分ほどで到着しますよ。桂川にかかる渡月橋はメディアでも多く取り上げられ、全国的にも有名です。橋の近くにはお土産屋さんなどお店も多くあります。
季節によって姿を変える渡月橋の季節はいつ見ても美しいもの。その移り変わりに、何度でも訪れたくなってしまうスポットです。嵐山の風景に溶け込むように設計された渡月橋は、今も昔も嵐山のシンボル的存在となっています。

14:00頃 ▷ 「竹林の道」でリフレッシュしよう

渡月橋の絶景を満喫した後は、次は「竹林の道」へ向かいます。竹林の道へは、歩いて嵐山散策をしながら向かうのもいいですが、人力車に乗って行くのもおすすめ。竹林の道の中で、人力車に乗って記念撮影をするのが人気なんです。
見渡す限りの竹林は、圧巻の絶景。マイナスイオンを感じられ、リフレッシュできますよ。この竹林の絶景もフォトジェニックですが、これを背景にアイコン写真を撮影するのもおすすめ。緑色のバックは、あなたを引き立てます。

【PR】京都着物レンタルmimosa高台寺店

「京都着物レンタルmimosa高台寺店」は、清水寺・八坂神社・祇園などの人気観光スポットの近くにある着物レンタルショップですよ。京都らしい歴史的な町並みの高台寺一念坂に面しており、近隣にはインスタ映えする撮影スポットが豊富なんです。こちらではお気に入りの着物や小物を選んで、着付けからヘアセットまで、すべてのお支度が完結してスムーズに京都観光に出かけられますよ。観光を終えたらすぐに着物を返却できるのも嬉しいですね◎
予約する

京都着物レンタル mimosa

京都府京都市東山区桝屋町362-3-2階

- 026

15:30頃 ▷「八坂庚申堂」に到着

一時間ほど竹林の道を堪能したら、嵐山とはここでお別れ。阪急電車に乗って「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」へ向かいましょう。SNSでも話題になっているフォトジェスポットで、京都女子旅には絶対外せないスポットです。
「八坂庚申堂」のカラフルな「くくり猿」は、乙女心をくすぐります。写真映えに気を取られてしまいそうですが、せっかく来たのですから「くくり猿」にお願いごとを書いてお参りをしましょう。

余裕があれば「京 八坂プリン」に立寄ろう

八坂庚申堂の近くには、「京 八坂プリン」があります。こちらも、SNSでよく見るフォトジェニックなプリンの専門店です。八坂庚申堂からすぐのところにあるので、合わせて訪れてみてくださいね。手土産にもおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • さあ、夏本番。忙しい日々が続くかもしれませんが、休日の1日くらい夏旅を満喫して…

  • 千年の古都「京都」。初夏の京都は風情ある寺社も緑に覆われ、春の心地良い風が若葉…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

chocolove大好物はチョコレートです。

このまとめ記事に関して報告する