• はてぶ
  • あとで
絶品グルメを食べ尽くす美食ツアー! 北海道・札幌の日帰り女子旅プランを紹介

女子旅といえば、一番のポイントは美味しい食べ物。美味しいご飯とスイーツと言えば……そう、北海道です。今も人気ナンバーワンの旅行先である北海道。仲良しの女友達と一緒に、北海道の日帰り旅行をしませんか? 今回は、弾丸で楽しむ北海道日帰り女子旅プランをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

札幌に日帰り旅行?

※ 写真はイメージです。

北海道には、たくさんの美味しいものがあります。四季それぞれに旬な食べ物があり、一度や二度行っただけでは、北海道を食べつくすなんてことはできません。しかし、出来るだけ食べつくしたくなるのが女心というものです。そう、今回はグルメな女子旅をテーマにしようと思います!

※ 写真はイメージです。

また、北海道といえば2泊3日、3泊4日など、まとまった休みがないと行くことが出来ないイメージではありませんか?今回はそのイメージを覆すべく、札幌への日帰りプランをご紹介したいと思います。それでは、札幌のグルメな日帰り女子旅プランに出かけてみましょう。
東京から北海道・新千歳空港まで飛行機で1時間40分~50分程度。新幹線で言うと、東京ー名古屋間です。LCCのおかげで、北海道に行く事が大幅に安くなりました。行く日に合わせて、格安の航空会社を探しましょう。

10:00 新千歳空港に到着

まずは、10時ごろに新千歳空港に到着。日帰りなら荷物を預けなくても大丈夫なので、手続きを済ませたらすぐに市内に移動しましょう。札幌の名店を巡るべく、美味しい旅を始めましょう。

詳細情報

12:00 すし善 本店

空港からそのまま目当てのお店に向かってしまいましょう!そう、北海道といえば美味しいお寿司です。せっかくなら、名店の"すし善 本店"に行きましょう。すし善は銀座にも出店している札幌の名店のひとつです。老舗で、そのお寿司の美味しさは、今もグルメなお客の舌鼓を鳴らせています。
ランチの握りは、竹 / 松 / 旬(約3500円~約9000円程度)の三種類。もちろん、予約は必須です。ウニ、いくら、ホッキ貝、エビ。北海道の美味しい海の幸は、すし善の職人さんの手によって、最高級の美味しさに進化します。

詳細情報

14:00 六花亭 札幌本店 喫茶室

さて、次は札幌駅に戻ってきます。北海道の人気のお土産スイーツといえば、"マルセイバターサンド"。この銘菓を作っているのが、北海道の老舗菓子店、六花亭です。札幌駅の近くにある六花亭札幌本店には、道内でも数少ない喫茶室を楽しむことが出来ます。
一番人気は、"マルセイアイスサンド(200円)"。あのマルセイバターサンドのアイスバージョンを食べることが出来るのです。これはアイスのため、持ち帰り不可。喫茶室でしか味わえない隠れた逸品です。
その他にも季節ごとのオリジナルメニューもあり、お土産では味わえない六花亭のスイーツの美味しさを堪能することができます。また、普通のカフェのスイーツよりも安く、コスパも最強です。

詳細情報

胃に余裕があればこちらもおすすめ▽

スープカリー 奥芝商店 駅前創成寺

もし胃に余裕があったらぜひ食べてほしいのが、スープカレーです。"奥芝商店 駅前創成寺"は、札幌駅から徒歩3分の場所にあり、駅からのアクセスも良好。鉄板焼きとスープカレーをかけ合わせたお店です。オープンキッチンのため、料理の様子を目でも楽しみながら、カレーを待つことが出来ます。
エビを使ったエビスープカレーの元祖のお店と言えば、この奥芝商店。いろどりもあざやかなゴロゴロと置かれた野菜は、まさに北海道のスープカレーのシンボル。見てもきれいで、食べても美味しいのです。
定番は"やわらかチキンレッグと季節の野菜のカリ〜(1,210円)"。また、北海道の魚貝を使った数量限定の"海鮮鉄板焼きカリ〜(1,350円)"、"鉄板で焼きあげた牛ハンバーグのカリ〜(1,450円)"もおすすめです。

詳細情報

北海道札幌市中央区北4条西1ホクレンビルB1階

3.03 118

ご飯は一旦休みたいという方は

15:30 ライブシュパイゼ(※通し営業は土日のみ)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する