• はてぶ
  • あとで
日本の隣にはこんな場所が!中国観光で行きたい絶景スポットをご紹介

日本と非常に近い位置にある中国。日本は中国から芸術、文化、食とたくさんの影響を受けています。ですが、あまり観光地としてはメジャーではありませんよね。中国には日本にはない規模の違う絶景スポットが沢山あります。今回は中国に旅行へ行く際には訪れたい絶景スポットをご紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①九寨溝(きゅうさいこう)

1つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、九寨溝(きゅうさいこう)です。九寨溝は中国の成都(せいと)市にあります。日本からの成都までは直行便があり、成都から飛行機でさらに1時間ほどのところに九寨溝はあります。
エメラルドグリーンに輝く水は、湖底が見えるほどの透明度を誇っています。その水の美しさから、病を治す効果があるという伝説も残っています。九寨溝は敷地面積がとても広大なので、様々な絶景を1箇所で見ることもできるのです。中国観光の際には外すことのできないスポットですよね。

詳細情報

黄龍・九寨溝

Pingsong Rd, Songpan County, Ngawa Tibetan and Qiang Autonomous Prefecture, Sichuan, 中国

3.20 1147
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②黄竜(こうりゅう)

2つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、黄龍(こうりゅう)です。黄龍は1つ目にご紹介した九寨溝と同じ成都市にあります。九寨溝とは山を1つ隔てたところにあり、セットで観光されるのがオススメです。黄龍も九寨溝と同様にユネスコ世界遺産に認定されています。
黄龍は石灰分を含んだ湧水により、石灰で構築された棚田状の池や沼が連なっています。この棚田のように広がる池は彩池と呼ばれており、約3,400もの池が連なっているようです。見る場所や角度によって水の色は変化し、様々な表情を持つ風景を眺めることができます。中国を代表する絶景スポットの1つです。

詳細情報

黄龍・九寨溝

Pingsong Rd, Songpan County, Ngawa Tibetan and Qiang Autonomous Prefecture, Sichuan, 中国

3.20 1147
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③廬山(ろざん)

3つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、廬山(ろざん)です。廬山は中国の江西省九江市にあります。中国における、文化、精神の象徴とも言われている山で、中国屈指の景勝地として人気があります。
この廬山はその壮大な景色が故に、古代から現代までの1,500人以上の画家や文化人が、この廬山をテーマにした作品を作ってきたそうです。その中にはかの有名な李白もいるようです。中国4,000年の歴史という言葉がぴったりのスポットですね。

詳細情報

廬山

Bei Shan Gong Lu, Lushan Qu, Jiujiang Shi, Jiangxi Sheng, China

写真を投稿する
3.00 02

④鳳凰古城(ほうおうこじょう)

4つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、鳳凰古城(ほうおうこじょう)です。鳳凰古城は中国の湖南省にあります。宋の時代、1,203年から建設が始まったここは、中国一美しい街とも言われています。
ゆったりとした流れの沱江沿いには、200以上もの建造物が古い状態を保っており、古代の中国にタイムスリップしたかのような感覚が味わえます。この沱江は船で遊覧することもでき、地上とはまた違った風景を眺めることができるのも魅力の1つです。夜景はさらに幻想的で、千と千尋の神隠しにも出てきそうな景色です。

詳細情報

鳳凰古城 Phoenix Ancient Town

沱江镇, 鳳凰県, 中国

3.04 036

⑤西湖(せいこ)

5つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、西湖(せいこ)です。西湖は中国の浙江省杭州市にあります。ユネスコ世界遺産にも認定されており、中国を代表する絶景スポットの1つです。
西湖の周囲は山で囲われており、四季折々の風景を眺めることができます。また古城に点在する中国様式の建造物は古き良き中国の景観を演出しています。中国の古典作品にも多くの記述があり、歴史を感じさせてくれるスポットです。

詳細情報

西湖

Western Resident Area South Area 1st Rd, XiaSha, Jianggan Qu, Hangzhou Shi, Zhejiang Sheng, China

- 028

⑥懸空寺(けんくうじ)

6つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、懸空寺(けんくうじ)です。懸空寺は山西省大同市にあります。空に懸かっているように見えるこちらの寺院は、地上75メートルの位置に建設されています。
懸空寺は491年の北魏の時代から建設が始まったとされています。絶壁に立つこちらの寺院は世界的にも非常に珍しく、多くの観光客が足を運んでいます。寺院内部にも入ることができるので、中国の歴史と絶景を堪能することができます。

詳細情報

懸空寺 Hengshan Hanging Temple (Xuankong si)

203 Sheng Dao, Hunyuan Xian, Datong Shi, Shanxi Sheng, China

3.10 02

⑦武陵源(ぶりょうげん)

7つ目にご紹介する、中国観光で行きたい絶景スポットは、武陵源(ぶりょうげん)です。武陵源は、湖南省張家界市の張家界森林公園ないにあります。こちらもユネスコ世界遺産に認定されており、中国を代表する絶景スポットの1つです。
武陵源は映画「アバター」のモデルとなった場所としても話題となりました。中国の大自然が長い年月をかけて作り出す景観はまさに圧巻。こちらも中国の芸術作品に多数登場しており、古来から中国の人にとっては特別な場所であったそうです。中国を五感で感じることのできるスポットですね。

詳細情報

3.57 072

中国の絶景に涙する。

いかがでしたか?日本の隣に位置する国、中国には壮大な絶景がたくさんあるのです。あまり観光というイメージのない中国ですが、自然や建造物の作り出す、日本にはない景色はあなたを必ず満足させてくれます。是非、中国へ観光しに行ってみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する