• はてぶ
  • あとで
最高のハイボールを求めて。日本全国の"ウイスキー工場"まとめ

夏はハイボール、という方も多いのではないでしょうか。すっかり定着したハイボール。おいしいハイボールを作るのは、もちろんおいしいウイスキーです。おいしいウイスキー/ハイボールを試飲しつつ、工場も見学しませんか。今おススメな大人の社会科見学として、日本国内のウイスキー工場をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① ニッカウヰ(イ)スキー 余市蒸留所 / 北海道

日本のウイスキーの出発点

日本のウイスキーの父と呼ばれる "竹鶴政孝(たけつる まさたか)"、彼とともに歩んだ妻のリタ。二人の愛とウイスキーの物語は、広く人々に愛されています。彼らがウイスキーづくりの原点に選んだのが、北海道の余市です。

札幌周辺の観光にもおすすめ

余市蒸留所は、JR余市駅からのすぐ近くにあります。JR札幌駅からJR余市駅までは、約一時間程度で行くことができます。札幌周辺の観光スポットとしてもおすすめな余市。余市はリンゴやウニなど、グルメも有名ですよ。

ガイド付きの蒸留所見学ツアー ※要予約

蒸留所では、見学ツアーを行っています。工場内で、ウイスキーの製造過程を見ることが出来ます。しかし、2017年7月~2017年9月中旬ごろまで、余市蒸溜所の最大の特徴である石炭直火焚き蒸溜は、整備のため見学ができません。どうかご注意ください。
ガイドマップを見て自分で見て回ることも可能です(予約不要)。敷地内には、登録風景文化財に登録されている建物が多く、経済産業省の「近代化産業遺産」としても選ばれています。歴史建造物としても見て楽しむことが出来るでしょう。

お楽しみの試飲タイム

ウイスキー工場で一番のお楽しみと言えば、試飲。見学の最後には、待ちに待った試飲タイムがあります。三種類のウイスキーをストレート、水割り、ハイボールと楽しむことができます。
ウイスキー博物館内にある"ウイスキー倶楽部"では、有料試飲コーナーもあります。有料と言っても、ヴィンテージもののウイスキーが500円程度で飲むことが出来るのです。ぜひ楽しんでほしいスポットです。

詳細情報

北海道余市郡余市町黒川町7-6

3.61 23317

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② ニッカウイスキー 宮城峡蒸溜所 / 宮城

竹鶴が選んだ第二の地

日本のウイスキーの父と呼ばれる "竹鶴政孝(たけつる まさたか)"が、第二の工場地として選んだのは、豊かで穏やかな自然の中にある仙台でした。この宮城峡蒸留所で作られるシングルモルト宮城峡はまろやかで飲みやすい味で、女性にもおススメです。

テイスティングセミナー付きガイドツアー(有料)

宮城峡蒸留所では、無料のガイドツアー(※要予約)だけではなく、有料のテイスティングセミナー付きの見学ツアーも可能です。テイスティング付きの見学は、土日祝限定で、1日2回(10時~、14時~)行われています〈2017年7月現在〉。
テイスティングするウイスキーは5種類。"色"、"香り"、"味わい"、"余韻"の4つの視点から、どのようなイメージを受けたかを表現します。いろいろな感じ方を知ることができ、いつもとは違う楽しみ方が出来るでしょう。

たくさんの見どころ

自然とともにある宮城峡蒸留所には、工場の象徴とも呼ばれる"ニッカ池"があります。また、日本で初めて導入されたカフェ式連続式蒸溜機は、歴史とともに迫力があります。全体的な、赤レンガの建物の美しさもまた見ものですよ。
宮城峡蒸溜所へのアクセス方法は、JR作並駅から無料のシャトルバスが出ています。JR仙台からJR作並駅までは、約30分ほどかかります。また、仙台駅からは、市営バス(作並温泉行)に乗り、"ニッカ橋"にて降車するという方法もあります。仙台観光にもおすすめのスポットです。

詳細情報

③ サントリー 山崎蒸留所 / 大阪

ウイスキーの第一歩

ニッカの竹鶴 政孝(たけつる まさたか)とともに、ジャパニーズウイスキーの原点となったのは、サントリーの創業者である鳥井 信治郎(とりい しんじろう)です。サントリ―の作るウイスキーは、大阪と京都の間にある山崎醸造所で始まります。
この山崎の地を選んだ理由は、まず、日本名水百選にも選ばれた素晴らしい名水。そして、桂川、宇治川など様々な川が合流する湿度の高さなど、その自然環境にあります。山崎蒸留所は、今も極上のウイスキーを作り続けています。

やはり、おすすめは見学ツアー(有料)

せっかく訪れるなら、やはり工場見学ツアーは参加したいですね。山崎蒸留所ツアーは、有料で、工場内見学とテイスティングを楽しむことが出来ます。製造過程を知り、さらに貯蔵庫でのウイスキーの香り。五感でウイスキーを感じることが出来るでしょう。

有料のテイスティングカウンター

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する