• はてぶ
  • あとで
フィジーに行くならこれだけは知っておきたい!フィジーの習慣5

太平洋の南に位置する常夏の島国・フィジー。その昔イギリスの占領下であったことから、国民の約半数はインド系である。そんなフィジーとインドの文化が入り混じるこの国では、意外な習慣も多い。そんな知られざるフィジーの習慣をさくっとご紹介!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1、シェアして助け合う。独自の文化「ケレケレ」

ケレケレとは、みんなで助け合いながら生きていく相互扶助の習慣です。

出典:ameblo.jp

ケレケレは日本語に訳せば「お願い」というような意味で、お金や物を豊富に持っている人々がそれらを持っていない人々に施すのは当たり前という価値観が前提にある。

出典:alternas.jp

「助けて!、ちょっと拝借!、頂戴!、分けて!、お願い!」を全部混ぜたような表現

出典:www.mafnet.jp

自分のものはみんなのもの、みんなのものは自分のもの、つまり限りあるものを皆で共有しましょうというシェアの概念

出典:alternas.jp
素敵な文化ですが、つまり、お金の貸し借りは厳禁ですよ~
貸したら返ってこない、これがフィジーでの暗黙の了解です!

2、伝統的な飲み物「カバ」

カバは南太平洋の島々で飲まれています。特にフィジーではいろいろな儀式で飲まれることで有名です。 大切な儀式や、だれかがやってきたときのもてなしの儀式にまで、さまざまです。

出典:www.geocities.jp

「カバ」とは、フィジー語で「ヤンゴーナ」と呼ばれるコショウ科の木のこと。
「カバの儀式」では、この木の根を乾燥させ、それを水で濡らし、
しぼり出した汁を飲むのです。

出典:blogs.yahoo.co.jp

その儀式の迫力もさることながら、「カバ」の味はきっとフィジーの旅の忘れられない思い出になるはずです。

出典:www.nta.co.jp
一体どんなお味なんでしょうか・・・ まあこの色からなんとなく想像はつきますよね(笑)

3、フィジーの国技「ラグビー観戦」

英国連邦の統治下であったため、ラグビーが盛んになり、国技にまでなりました。

出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
フィジーの人たちは休みの日になるとこぞって街中のスタジアムに出かけ選手たちに熱い声援を送ります!

4、インド系の家庭では毎日3食「インドカレー」

インディアンは朝以外ほぼカレーですが、チキン等の肉類は高いせいか、庶民の家庭ではあまり出ません。ベジタブルカレーとライスかロティが基本パターンです。

出典:sorehayume.com

5、すっきりと飲みやすい「フィジービール」

フィジーで最もよく飲まれているお酒はビールだと思われます。輸入品も販売されていますが、最も人々から愛されているのは、なんといっても国産のビールである「フィジービター」です。

出典:sorehayume.com
これがフィジービター。ラベルがかわいい!
種類豊富です!常夏の島でビールなんて最高ですね!!!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する