• はてぶ
  • あとで
日本最大級のサファリパーク!大分の"アフリカンサファリ"に行ってみたい。

レジャーで人気のサファリパーク。日本最大級の九州・大分にあるのをご存知ですか? その名も"アフリカンサファリ"。ジャングルバスに乗って、野生の姿に近い動物たちを見る旅に出かけましょう。大人も子供も楽しめるサファリパークだからこそ、旅先でも楽しいこと間違いなしです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本のサファリパーク

日本にあるサファリパークは10か所。CMでも有名なのは"富士サファリパーク"ですね。普通の動物園では、限られたスペースにいる動物を鑑賞します。サファリパークはより自然に近い形で動物を鑑賞することが出来るのです。
移動方法は、大体バスか自家用車です。自家用車の場合、オープンカーは不可。自家用車を駐車場に置いて、バスでの観覧をすることも可能です。冬季が閉園する場合もあります。また開園していても、開園時間に変更がある場合が多いので、注意しましょう。

アフリカンサファリとは

アフリカンサファリは、九州にただ一つのサファリパーク。115万平方メートルの敷地の中に、1300頭もの動物たちが住んでいます。山岳・草原・岩場・林・水辺・砂場の6つの環境を組み合わせて、より本来の生育する場に近い環境を作っています。
園内は、動物ゾーンとふれあいゾーンの二つに分かれています。マイカーかジャングルバスでの巡回を行うことが可能です。まず動物ゾーンは6キロメートルのコースで、7つのセクションに分かれています。
一つ目は、クマ・山岳動物セクション。迫力のアメリカクロクマ、ウシ科のバーバリーシープなどを見ることが出来ます。2番目は、ライオンセクションです。約70頭ものライオンがいます。
次は、草食動物セクションです。キリン・サイ・シマウマなどアフリカに生息する草食動物のほか、アジアゾウやアメリカバイソンなども一緒に暮らしています。走っている姿など、普通の動物園では見れない場面に出会えるかもしれません。
次は、トラセクションです。トラは群れをなさず、単体で行動するので、よく探してみましょう。そして、ハイエナセクション、チーターセクション、レイヨウセクションと続きます。いろいろなシャッターチャンスが待っていますよ。

ふれあいジャングルバスでエサをあげよう

ふれあいジャングルバスでは、ライオン・キリン・トラなどにエサをあげながら進むことが出来ます。乗車料金は大人が1100円、子ども(4歳から中学生まで)が900円です。ネット予約で、入園料+ジャングルバス代のお得なセット料金もあるので、チェックしてみましょう。(2017年6月末現在)
ジャングルバスでは、動物たちがエサをもらいに寄ってきます。こんなに間近でライオンを見る経験はなかなかできませんね。大人も子供も思わず興奮してしまう迫力です。ぜひ体験してみましょう。

ふれあいゾーン

ふれあいゾーンでは、かわいい動物たちを触ったり、間近で観察することが出来ます。カンガルー ふれあいの森では、昼寝中のカンガルーがいたり、カンガルー動物ガイドが聴けたりします。
そのほかにも、とてもかわいいリスザルの森があったり、乗馬体験や、ウサギ・ハムスターなどの小動物をさわることも出来ます。あまりの可愛さにメロメロになってしまうかもしれませんね。

夏限定のナイトサファリ

アフリカンサファリでは、期間限定のナイトサファリツアーを行っています。静寂と暗闇のなか、日中では見れない夜の動物たちの行動や普段は聞こえない動物たちの声を体感することが出来ます。期間は、2017年7月15日(土)から8月30日(水)までです。ネット予約をして参加しましょう。

詳細情報

アフリカンサファリはワクワクが満載!

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

どうでしたか? 日本最大級のサファリパーク"アフリカンサファリ"にはいろいろな動物たちとの出会いにあふれています。こうした動物たちとのふれあいは、中々体験することが出来ません。デートでも、家族連れでも楽しめるサファリパークに、ぜひ訪れてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する