• はてぶ
  • あとで
しあわせ薬師如来が待っている長光寺とは

長光寺は、新宿の歌舞伎町を抜けたところにある珍しい繁華街に近いお寺です。長光寺は、甲州武田家の遺臣により、1582年に織田信長との戦いにより滅亡した武田家の菩提を弔うために、1594年に建立されました。長光寺の本尊は薬師如来像で、得州全可大和尚とされていますが、実際の開山は二世の海翁寒刹大和尚です。長光寺は、何度かの災禍に遭いましたが、400年余り経った今でも続き、地元に親しまれている寺院となっています。長光寺近辺は、コリアタウンや日本の最大の歓楽街である歌舞伎町があり、老若男女と問わず、幸せを願う人々が訪れています。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

長光寺とは?

長光寺は、日本最大の歓楽街である歌舞伎町にコリアタウンと新宿の雑多なところにある寺院です。長光寺は、1594年に織田信長との戦いに破れ、滅亡した武田家の菩提を弔うために建立されました。本尊は薬師如来像です。

その本尊である薬師如来は、現在は、新宿しあわせ薬師の愛称で親しまれています。そんな薬師如来の話を紹介します。江戸時代、現在の歌舞伎町に大名屋敷を構えた久世三四郎は、幕府鉄砲組百人隊の頭を拝し、与力同心の屋敷を建てて百人町を開きました。ある夜、久世家に古くから伝わる薬師如来が枕元に現れ、「ぜひ一宇を建てて前の長光寺の寺域に移してほしい。そうすれば我はその地に永くとどまりて衆生に幸福を授くべし。」と告げました。

この話の後薬師如来堂が建てられ、先に大戦でお堂は焼失しましたが、「新宿しあわせ薬師」として建立され、たくさんの人々が参拝に訪れています。

長光寺と鉄炮組百人隊

江戸時代に江戸に幕府を開いた徳川家康は、江戸城近くに将軍を警護するために、鉄砲隊を「百人組」を作り、駐留させました。これが現在の新宿にある地名の「百人町」の由来とも言われています。

この鉄砲隊「百人組」の子孫は、長光寺の檀家として、祖霊の地を守っています。1961年からは「鉄砲組百人隊出陣の儀」が復活し、出陣の儀が終わった後は、鉄砲組百人隊の行列が、法螺貝の音とともに町を練り歩き、火薬を使い火縄銃の試射が行われます。

この行事は、新宿の無形民俗文化財に登録されているが、現在は、試射は行われなくなり、型の披露のみなっています。

長光寺周辺の観光スポット① 東京都庁舎

現在の東京都庁舎は、丹下健三氏設計で、1991年より業務が移転されています。旧東京都庁舎は、丸の内にありましたが、老朽化や狭隘化、分散化などの問題があり、解決が望まれており、1985年に現在の東京都庁舎のある新宿副都心に移転されました。

東京都庁舎は、高さ243mと当時のサンシャイン60の高さを抜き、日本一の高さを誇っていました。当時はバブル景気の真っ最中で、「バベルの塔」をもじって「バブルの塔」、また投入された税金から「タックス・タワー」と揶揄されるていました。

現在は第一本庁舎45階(地上202m)にある展望台は、東京都の観光名所になり、訪れる人があとを絶たない名所になっています。夜間はライトアップされます。入室は無料で、バーや喫茶店やお土産店などもあり、楽しめるところです。

基本情報

【所在地】東京都新宿区西新宿2-8-1
【電話番号】03-5320-7890
【営業時間】9:00~23:00
【アクセス】「JR新宿駅」(西口から徒歩約10分) 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」
新宿駅西口(地下バスのりば)から都営バス又は京王バス(都庁循環)「都庁第一本庁舎」「都庁第二本庁舎」「都議会議事堂」下車 JR新宿駅西口【新宿駅西口】バス停から【西新宿・都庁本庁舎方面】行きの新宿WEバス乗車、【都庁本庁舎】下車

長光寺周辺の観光スポット② 新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街は、東京都新宿区歌舞伎町一丁目にある飲食店街で、第二次世界大戦後に建てられた木造長屋建ての店舗が、狭い路地に立ち並んでおり、マッチ箱のように立ち並んでいます。200店もの飲食店が、迷路のように入り組んでおり、映画・演劇関係者や作家、ジャーナリストが集まる町として知られています。

近年は、若者が集まり、個性的なお店が増え、女の子でも訪れることのできる雰囲気になりつつあります。新宿ゴールデン街は、昭和の香りと若い息吹が共存する不思議空間であることは間違いないです。

「エピタフカレー」というお店のカレーが今新宿ゴールデン街で注目されているお店の1つです。ご飯を挟んで違う味のルーを楽しむことができ、なんと自分でルーを選べてしまうんです。ルーが1種であれば800円、2種でも1000円なのでリーズナブルですね。

基本情報

【所在地】東京都新宿区歌舞伎町1丁目
【時間】17:30~5:00
【電話番号】0195-75-1319

長光寺周辺の観光スポット③ 新宿

新宿は、東京を代表する町で、、渋谷・池袋と並ぶ3大副都心の一つです。新宿は新宿駅を中心に歓楽街・オフィス街であります。江戸時代は、甲州道中の宿で、関東大震災以降に発展した繁華街です。

新宿は、関東大震災の影響が浅草や銀座に比べて被害が軽微であったことで、新宿は中央線で都心に乗換えなしに行ける唯一の鉄道であったことから、私鉄各線からの乗り換え需要で新宿に交通が集中するようになり、昭和初期には、日本最大の歓楽街になりました。

新宿は、東京都庁ができたことや新たなターミナル駅ができたことにより、新宿周辺には再開発が進み、また東京オリンピックに向けての再開発がますます盛んになっています。今後新宿がどのように変わるかが楽しみなところでもあります。

基本情報

【所在地】東京都新宿区新宿3丁目38-1
【電話番号】050-2016-1600

長光寺へのアクセス

イメージ画像

いかがだったでしょうか?長光寺を紹介させていただきました。新宿の歓楽街である歌舞伎町やコリアタウンに近いところにあり、寺院の建物も最新の建物で、寺院の雰囲気のない寺院ですが、古くから新宿にある由緒ある寺院です。禅もできる寺院として知られており、興味がある人は一度訪れてみてはどうでしょうか?

基本情報

【所在地】東京都新宿区百人町 1-5-2
【電話番号】03-3209-5360
【アクセス】各線 新宿駅 東口から徒歩約11分 JR山手線 新大久保駅 (出口は一つのみ)から徒歩約5分 JR中央・総武線 大久保駅 南口から徒歩約5分

東京都新宿区百人町1-5-2

写真を投稿する
3.00 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する