• はてぶ
  • あとで
元の侵攻を食い止めた元寇防塁跡を紹介

元寇防塁は、鎌倉時代九州北部の博多湾沿岸一体に築かれた石垣です。元寇防塁は、蒙古襲来に備えて築かれましたが、弘安の役の際は、モンゴルや高麗軍は上陸することができませんでした。元寇防塁の名は、中山平次郎の命名で、正式名は、石築地と呼ばれています。元寇防塁は、1274年に元が日本に侵略(文永の役)し、異国侵略に備え、1276年には当時の鎌倉幕府が、高麗出兵を計画し、元の襲来に備えて築かれました。元寇防塁跡は、弘安の役以降も数十年間にわたり維持・修理されていたが、その後埋めらてたりして、江戸時代福岡城建設の際、石垣の石が必要であったため、大部分が失われたとされています。現在元寇防塁跡は、国の史跡として指定されています。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

元寇防塁跡とは?

1274年文永の役で蒙古襲来を受けた鎌倉幕府は、1276年に博多湾の海岸線に石築地を築いて、蒙古襲来に備えました。これが今の言うところの「元寇防塁」です。

福岡市の長垂海岸から小戸海岸にかけての約2.5kmの間に元寇防塁が築かれており、生の松原地区元寇防塁と呼ばれています。発掘調査が行われ、海への傾斜面に幅1~1.5m、残高1.8mに石を積み上げ、補強として粘土が使われていることが判明しました。

また石の種類は、花崗岩と砂岩が使われており、東側と西側とでくっきり分けられており、元寇防塁を作製の際、分担され作られた形跡とされています。また、修理された跡もあります。現在のこちらの元寇防塁は、見学でき、当時の様子を伺えるところであり、福岡を代表する観光スポットです。

元寇防塁が築かれるきっかけになった元寇の戦い

元寇防塁を築くことになった元寇の戦いとはどのような戦いであったのでしょうか?
元寇の戦いを紹介させていただきます。

元寇の戦いは、鎌倉時代中期、当時大陸を支配していたモンゴル帝国およびその属国であった高麗国によって2度日本が侵略された戦いです。一度は、1274年の文永の役と1281年の弘安の役です。

モンゴル帝国の皇帝フビライは、マルコポーロが著作した「東方見聞録」を読み、東方沖の島国には、金が大量に眠っていることを知り、当時の鎌倉幕府に親書を送り、モンゴル帝国は、属国になるように迫りますが、当時の鎌倉幕府は無視を続け、モンゴル帝国は九州北部に侵略してきました。

圧倒的な力を有したモンゴル帝国が断然有利と考えられて戦いであったが、「神風」が吹き、モンゴル帝国は退散していきました。2度目の日本の侵略でも「神風」が吹き、退散したとされています。その際に日本への侵略を防ぐのに築かれたのが、元寇防塁です。

元寇防塁跡周辺の観光スポット① 能古島

能古島は、福岡市西区にある島で、博多湾の中央に浮かぶ島です。福岡の大都市から約10分の船旅で気軽に行けることから、福岡市民から愛される行楽地です。また能古島は、菜の花・桜・コスモス・水仙の名所でも知られており、満開の時は、たくさんの人々で賑わいます。

能古島は、博多湾の中央に位置し、南北3.5km、東西2kim、周囲12kim、面積3.95㎢。最高標高195.0mです。そんな能古島は、自然に満ち溢れた島で、四季折々の花々を楽しめるところとして、福岡市民の行楽スポットであり、観光スポットでもあり、能古島にあるまた福岡を代表する観光スポットでもあります。

また島には、能古島アイランドパークがあり、園内には芝生が広がり、ゴロゴロしながら、自然に触れ合うことのできる施設として人気があります。

基本情報

【所在地】福岡県福岡市西区能古島
【電話番号】092-881-2494 (のこのしまアイランドパーク(能古島観光協会))
【アクセス】 西鉄西鉄福岡(天神)駅→西鉄バス能古渡船場行きで30分、終点下車、市営フェリーに乗り換え10分、能古島下船、徒歩すぐ

福岡県西区 能古島

3.44 751

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

元寇防塁跡周辺の観光スポット② 生の松原

生の松原は、福岡市西区にある唐津街道沿いに約3kmに広がるクロマツ林です。生の松原は、玄海国定公園の一部で白砂青松百選にもなった景勝地です。神功皇后が新羅遠征の折に松を植えたというところでもあります。

生の松原では、元寇防塁が残り、能古島が目に見える眺望のいいところでもあります。今津湾岸の弓状の浜にある美しい松原で、夏になると生の松原は、海水浴場として賑わい、たくさんの家族連れからカップルまでが、訪れるスポットです。

また、能古島を眺めながら、散策できるところでもあります。生の松原は、海風を感じながら歴史ロマンを得られる人気がある福岡を代表する観光スポットです。一度訪れてみてはどうでしょうか?

基本情報

【所在地】福岡県福岡市西区生の松原
【電話番号】092-883-3510(小戸公園管理事務所)

福岡県福岡市西区生の松原

写真を投稿する
- 10

元寇防塁跡周辺の観光スポット③ マリノアシティ福岡

マリノアシティ福岡は、九州九州最大級のアウトレットモールで、結婚式場やヨットハーバーなどがあり、海の波止場をイメージさせた造りになっています。

また、マリノアシティ福岡には、ショッピングゾーンがあり、また、高さ60mの観覧車があり、2001年には、日本最大の高さ120mの観覧車ができ、大小2つの観覧車が双子状に隣接するという珍しいスポットでありました。

しかし、2009年には、日本最大の高さ120mの観覧車が営業が終了し、珍しい大小の観覧車の光景は無くなってしまいました。

隣接する西福岡マリーナには、ふくおか・マリノア海の駅があり、国土交通省より海の駅として登録されています。

マリノアシティ福岡は、福岡を代表するショッピングモールであり、福岡市民のレジャー施設として人気のある施設でもあります。

基本情報

【所在地】福岡県福岡市西区小戸2丁目12-30
【電話番号】092-892-8700
【営業時間】10:00~21:00
【アクセス】姪浜駅から昭和バス(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約15分
西鉄福岡(天神)駅から西鉄バス行先番号303番(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約25分
博多駅から西鉄バス行先番号9番・303番(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約40分

元寇防塁跡へのアクセス

イメージ画像

いかがだったでしょうか?元寇防塁跡を紹介させていただきました。元寇防塁跡は、海岸の護岸工事等で、無くなりつつあり、またできた当時より変わり、改修されている元寇防塁跡など、海岸沿いから内陸部に入ったところにある元寇防塁跡などがあります。また、福岡県だけでなく、長崎県にもあります。元寇防塁跡を見に訪れて、当時の様子を思いながら、見に行ってみるのもいいのではないでしょうか?

基本情報

【所在地】福岡市早良区西新7/福岡市西区生の松原/福岡市西区今津
【電話番号】092-711-4666 福岡市教育委員会文化財整備課
【アクセス】西鉄バス「防塁前」より徒歩5分/JR筑肥線 下山門駅より徒歩15分/昭和バス「福祉村施設前」より徒歩10分

福岡県福岡市西区生の松原

写真を投稿する
- 10

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する