• はてぶ
  • あとで
絶景から絶品グルメまで!リピーターがオススメする“台北1dayプラン”はこれだ

不動の人気旅行先「台湾」。特に台北は週末でも気軽に行ける場所ということで既に定番スポットは制覇した人も多いと思います。今回はそんな1度は行ったことがある、リピーターさん向けの1dayプランをご紹介します。もちろん初めての人も楽しめる内容です。LCCで早朝に到着した日や、2泊3日の2日目なんかにオススメのプラン。ぜひ次回の台湾プランの参考にしてみて下さいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

[8:30] 台湾式シャンプーでサッパリ!

青絲舫美容院(Rehoboth Hair Salon/チンスーファン)

まず1日の始まりは台湾式シャンプーから!海外旅行で美容院へ行くことはあまりないかも知れませんが、台湾では「台湾式シャンプー」と言われるメニューがありカットやカラーをしなくても気軽に行ける場所なんです。10時開店のお店が多い中、青絲舫美容院は8:00から営業しているので朝イチでシャンプーを済ませたらそのあとの予定が立てやすくオススメです。(日曜のみ10:00オープンです。)LCCで早朝に到着してホテルへはまだチェックインできない時にも、髪がさっぱりするだけでも気分が違いますよね。
台湾式シャンプーの特徴は何といってもこれ!座ったままの状態でいきなりシャンプーが始まり、洗髪台へ移動する前に髪を上にピーンと伸ばして泡を切るんです。これがおもしろくて日本人観光客にも大人気に。もちろんパフォーマンスだけではなく、頭皮マッサージもしっかりしてくれて、最後にはブローまで。さっぱり、すっきりしたところで台湾観光に向かいましょう!
最近ではまっすぐ上へ伸ばすだけでなく、いろいろなアレンジもしてくれるお店も!筆者は襟足のかなり短いショートカットですが、それでもここまでアレンジすることができました!男性でトップの髪の長さがない場合は泡で遊ぶこともできるようなので、カップル行っても十分に楽しめます。

詳細情報

台北市中山北路二段39巷6號2F

3.01 26

[9:30] いつもと違う味の“台湾土産”を購入!

ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ/ロイヤルベーカリー

シャンプーでさっぱりできたら、青絲舫美容院から徒歩2,3分程の場所にある「ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ」へ立ち寄りましょう。1階フロアにある「ロイヤルベーカリー」では台湾土産では欠かせない「パイナップルケーキ」がとても人気なんです。
人気の理由はプレーンと黒糖と言う2つの味のバリエーション。プレーンだけでなく黒糖味があるのは台湾でも珍しいかも知れません。プレーンと黒糖が半分ずつ入った「綜合」やそれぞれ単品だけのもとあるので、他のお店でプレーンを購入済ならぜひ黒糖味だけでも購入してみて下さいね。パイナップルの酸味と黒糖のやさしい甘みがピッタリ合うんです。

詳細情報

3.26 222

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

bookingで見る

No. 37-1, Section 2, Zhongshan N Rd, Zhongshan District, Taipei City, Taiwan, Province of China

3.29 28

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[10:00] ブランチは地元で人気の小籠包を堪能

冠京華(クワンチンホワ)

台湾の小籠包と言えば、誰もが知る有名店で食べたことのある人も多いと思いますが、今回は地下鉄台北小巨蛋站(タイペイ・アリーナ駅)から徒歩5分のこちらのお店をご紹介。人気店の上、店内があまり広くないためランチタイムには混雑することもあるので、“ちょっと早め”のランチでちょうど良い時間なんです。しかも小籠包は11:00営業開始のお店が多い中、朝9:00から営業しているので早すぎても大丈夫。
薄い皮の中にスープがたっぷり入った冠京華の小籠包。注文を受けてから店先で包んでくれます。一番の特徴はスープの味がとにかく濃厚なこと。まずはそのまま何もつけず、次は針生姜を乗せてお酢と一緒にいただくのがオススメ。ノーマル味の「小籠湯包」とカニみそがしっかり詰まった「蟹黄小包」をぜひ食べ比べてみて下さいね。
小籠包以外にも小皿料理やスープ類も充実。小籠包を食べるときにオススメなのは酸辣湯(スヮンラータン)。こちらの酸辣湯は酸っぱすぎず飲みやすく、濃厚な小籠包とも相性抜群。地元の人にも人気のお店でローカル感もたっぷりですが、メニューには日本語表記、注文時は紙に注文数を記入するタイプなので慣れていなくても安心です。

詳細情報

台北市南京東路四段133巷4弄1号

3.06 532

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[11:00] 台湾の温泉郷“烏來(ウーライ)”へ日帰り旅

早めのランチでお腹を満たしたらバスに乗って「烏來(ウーライ)」へ向かいましょう。烏來は台北市の隣、新北市にある温泉郷。台北の温泉と言えば「北投(べいとう)温泉」が地下鉄でも行ける人気のスポットですが、烏來へは台北からバスで1時間~1時間半ほど。ちょっと距離があるように思いますが、特別風景区に指定された絶景や原住民族タイヤル族の文化も楽しめるオススメの場所なんです。
【主な行き方】
▶台北駅から徒歩2分、青島西路(チンダオシールー)と言う通り沿いのスターバックス青島西門店斜め向かいにある「臺北車站(青島)」バス停から「849番(烏來行き)」のバスに乗って1時間~1時間半程
▶地下鉄「新店站」近くのバス停からも同じ849番のバスに乗ることができます
▶バスは現金も使えますがお釣りが出ないため、地下鉄などで利用する「悠遊(ヨーヨー)カード」を購入しておくと便利です。

烏來吊橋

烏來へ到着したらまずはバス停のすぐ目の前にある大きなつり橋へ。この地域に住む原住民族「タイヤル族」に伝わる伝統的な模様が印象的。つり橋の上から壮大な自然を眺めたら、台北からプチ旅行に来たことを実感できますね。つり橋と言ってもグラグラ揺れるわけではないので安心してください。

烏來老街

つり橋から3分程歩くと見えてくるのは「烏來老街(ラオジエ)」と言う小さな商店街。温泉のマークが可愛いこちらには烏來名物を中心とした飲食店やお土産屋さんが所狭しと並んでいます。日本人にはどこか懐かしい雰囲気も感じられる場所ですね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今回は日本のお隣「台湾」の特集です。台湾に広がる世界は近くて遠い別世界。気軽に…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する