• はてぶ
  • あとで
仏・ストラスブール「近代現代美術館」名画と絶景を同時に楽しめる!

フランスの北東部の都市ストラスブールにある「近代現代美術館( Musee d'Art Moderne et Contemporain Strasbourg)」は、旧市街から徒歩数分のところにある近代的な美術館で、1998年(平成10年)にオープンしました。白を基調とした明るい館内は、2階まで吹き抜けになった開放的な空間です。19世紀から現代アートまで18,000点以上の収蔵数を誇り、地元アーティストやフランス印象派の作品など見応えたっぷりです。世界遺産・旧市街の景観も楽しめる、近代現代美術館をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ストラスブール「近代現代美術館」とは

ストラスブール近代現代美術館( Musee d'Art Moderne et Contemporain Strasbourg/Museum of Modern and Contemporary Art)は、フランス北東部の都市・ストラスブールの旧市街から西に歩いて数分、イル川(Ilu River)の左岸沿いにあります。1998年(平成10年)にオープンしたモダンな建物で、フランス人建築家のアドリアン・ファインシルベール(Adrien Fainsilber)による設計です。
建物は花崗岩とガラスでできた2階建てで、内部には天井まで吹き抜けになった開放的な空間が広がっています。ストラスブール随一の観光名所である旧市街(Grande Île)からは少し離れますが、パノラマテラスからは旧市街の人気スポットである中世の橋塔「ポン・クヴェール(Ponts Couverts)」など、すばらしい歴史的町並みが一望できます。

19世紀以降の18,000作品を収蔵

近代現代美術館(MAMCS)では、およそ18,000点以上の収蔵作品の中から、印象派の絵画をはじめ、現代アートや彫刻など、1870年(明治3年)から現代のアーティストによる、さまざまな作品を鑑賞することができます。「明瞭さと解放感」をコンセプトにデザインされたという約5000平方メートルの館内は、白壁を基調とした明るい空間です。
向かって左側の常設展では、日本でも人気の高いフランス印象派の作品が楽しめます。中でも、クロード・モネ(Claude Monet)による「ひなげしのある麦畑」や、オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir)の「マリー・ル・クールの肖像」、ピサロ(Camille Pissarro)の「小さな建物(La petite fabrique)」などは見のがせません。右側は4か月ごとに開催される特別展のギャラリーになっています。

ギュスターヴ・ドレのギャラリー

印象派ギャラリーの隣にある展示室には、地元ストラスブール出身の画家ギュスターヴ・ドレ(Paul Gustave Doré・832年~1888年)の作品が展示されています。ドレは挿絵画家としても知られ、ダンテの「神曲」や聖書のイラストレーションでヨーロッパ中の人気を集めました。1万点以上にのぼる作品は、のちのイラストレーターに多大な影響を与えたといわれます。
ドレのための特別室には、いくつかの油彩画や水彩画が展示されていますが、中でも特に見応えのある宗教画「法廷を出たイエス」は必見です。社交界でも活躍していたドレが1867年から1872年にかけて製作したもので、磔刑を言い渡されたイエス・キリストが法廷を退場する場面が描かれた6メートル x 9メートルの大作です。近代現代美術館のオープンと同時に修復作業が始まり、2003年に完成しました。

アール・ヌーヴォー、アルザス装飾など

陶器の壁に囲まれたオシャレな部屋は、ロシア出身の画家ワシリー・カンディンスキー(Vassily Kandinsky)のデザインです。ほかにも、ドーム兄弟(Daum Frères)やエミール・ガレ(Charles Martin Émile Gallé)によるアール・ヌーヴォーのガラス工芸作品や家具、アルザスの装飾芸術、アルザス生まれの芸術家シャルル・スピンドレー(Charles Spindler)による寄木細工、グラフィックアートや写真作品も充実しています。
近代現代美術館の料金には、特別展の入場料も含まれています。また、毎月第一日曜日は入場が無料になりますので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。旧市街の展望を眺めながらくつろげる2階のアール・カフェ(Art Café)は、京都出身の日本人アーティスト黒田アキが内装を手がけています。

いかがでしたか

見応えたっぷりの近現代アートと、旧市街の展望を一度に楽しめる人気スポット、ストラスブール近代現代美術館をご紹介しました。観光船やレンタサイクルが無料になる「ストラスブールパス」は、半額で入場できる施設も多い3日間有効の便利なクーポン券です。ストラスブールをじっくり楽しみたいときは、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

基本情報

所在地:1 Place Hans-Jean-Arp, 67000 Strasbourg
TEL:+33 3 68 98 51 55
営業時間:9:00~19:00
料金:7€
定休日:なし
アクセス:Sainte Margueriteバス停下車

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する