• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これを食べなきゃ意味がない!旅に出たくなる"世界のB級グルメ"をご紹介

海外旅行に行くなら、その土地ならではのローカルフードはマストで食べておきたいところ。屋台で現地の方と方を並べて食事をしたり、食べ歩きをしたりすることこそが、海外旅行や旅の醍醐味ですよね。今回は、これから海外に飛び立つ方必見の世界のB級グルメをご紹介。絶品グルメから変わったグルメまでご覧ください!

このまとめ記事の目次

【1】チョリパン/アルゼンチン

まず最初にご紹介するのは、アルゼンチンのソウルフードである「チョリパン」。チョリパンとは、パンに極太のチョリソーを挟み、沢山のトッピングや酸味の効いたチミチュリソースをかけて食べる、アルゼンチンの庶民が愛する料理。チョリソーといえばメキシコ風の辛いソーセージをイメージする方が多いと思われますが、アルゼンチン風のチョリソーは辛さではなくスパイスが効いているのだとか。
チミチュリソースとは、香辛料やオイル、ハーブやビネガーなどが含まれていて、アルゼンチン料理には欠かせないソースなのです。チョリソーの肉汁とチミチュリソースの酸味のコラボがたまらなく美味しいとのこと。こちらのチョリパンはアルゼンチンでは一般的に屋台で売られることが多いのです。日本人の味覚にも合うチョリパンは是非とも試していただきたい地元グルメです!

エリア情報

【2】ラクサ/シンガポール

2つ目にご紹介するのはシンガポールなどのアジア地域で広く親しまれているソウルフードである「ラクサ」。ラクサとは、サンスクリット語で「多くの」という意味。海老の出汁にココナッツミルクや様々な香辛料が効いた東南アジアで大人気な麺料理なのです。近年日本でもラクサ風味のカップヌードルが出るほど人気のあるグルメ。
ラクサは地域や民族ごとに様々な味の違いがあり、マレー系や中華系でそれぞれ特徴があります。ラクサのその見た目から、とても辛そうなイメージですが、食べてみると意外にも辛さというより酸味とココナッツの甘みが効いているのです。日本の味とは大きく異なるエスニックな味を体験してみてはいかがでしょう。間違いなくクセになる美味しさです。

エリア情報

【3】バインミー/ベトナム

3つ目にご紹介するのは、ベトナムのローカルフードである「バインミー」。バインミーとは、簡単に言うとベトナム風のサンドイッチのこと。ベトナムで親しまれているサクサクとした軽いフランスパンに、野菜やソーセージ、香草に日本の「なます」に似た酢漬けの大根やにんじんが挟まれています。
ベトナムではいたるところにバインミーの屋台が存在しているのです。ベトナム北部のハノイは塩気のある味付けで、南部のホイアンは甘辛い味付けなど、ベトナムの中でも少し味の異なったバインミーを味わうことができるのでその土地ごとに食べ比べてみるのも面白いかもしれません。あっさりとしてヘルシーな料理として有名なベトナム料理は女性にはかなりのおすすめですよ。

エリア情報

【4】臭豆腐/台湾

4つ目にご紹介するのは、台湾や香港など、主に華南で食べられるローカルフードである「臭豆腐」(しゅうどうふ)。その名前から見てもなんだか嫌な予感がしますよね。こちらはその名の通り、"臭すぎる"豆腐なのです。気になるその匂いは、アンモニアやドブの匂いとも例えられるほどの強烈な匂いなのだとか。
臭豆腐には「生」の豆腐と「揚げ」の豆腐の2種類があるとのこと。見た目は圧倒的に生の臭豆腐の方が衝撃的ですが、気になるお味は人により様々。独特すぎる匂いがクセにいる人も中にはいるのだそう。日本では絶対に味わえないようなチャレンジグなローカルフードを身を結っして挑戦してみては?きっと忘れることのない思い出になるはず。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する