• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ピンク色の建物で統一!インドにある神秘的な街「ジャイプル」の魅力をご紹介

インドには「ジャイプル」という名の街があり、ピンク色の建物で統一された旧市街であることから又の名を「ピンク・シティー」と呼びます。そんなインドの「ジャイプル」は果たしてどんな街なのか詳しく見ていきましょう!

このまとめ記事の目次

魅惑の国「インド」

みなさんはインドへ訪れたことがありますか?よく海外旅行へいく友人におすすめの国はどこか尋ねると、「インド」と答えます。日本とは異なる文化や慣習にギャップを感じながらもワクワクする、価値観が覆されるんだそうです。
そんなギャップがありながらもインド国内だけでも32もの世界遺産があり、スピリチュアルかつエキゾチックなインドに魅了される方々も少なくないです。人生で一度は行ってみたい国ですね。

インドにある「ピンクの街」

そんなインドには「ジャイプル」という魅惑的な旧市街があります。「ジャイプル」はデリーの南西約260kmの場所に位置し、人口は約300万人の旧市街です。
そんなカラフルな街は、ここは本当にインド?と感じるほどヨーロッパのような街並みです。ぜひインドの他の街にも訪れて雰囲気などを比較してみると面白いですよね。
そんなピンクが印象的な「ジャイプル」ですが、なぜ「ピンク・シティー」とも呼ばれているのでしょうか?気になりますよね。そんな「ピンク・シティー」の由来について探っていきましょう。

「ジャイプル」はどうしてピンクなのか?

「ピンクシティー」と呼ばれているのは、イギリス統治時代にイギリスの王子がジャイプルを訪問した際、歓迎の意味を込めて建物をピンク色に塗ったのがきっかけだそうです。とても素敵な話ですよね。今ではピンクがジャイプルのシンボルです。
今も旧市街にはピンクの建物が多く残っています。ジャイプルには世界遺産の宮殿城壁「アンベール城」があり、その豪華さと景色の素晴らしさから多くの観光客が訪れています。インド観光といったらここは外せないスポットです。
「アンベール城」は、山々に囲まれたダイナミックな景観が楽しめる小高い丘の上にあります。荘厳でありながらもどこか神秘的なスポットです。門にはインドで絶大な人気を誇るヒンドゥー教の神様「ガネーシャ」の姿が描かれていますね。
「アンベール城」はとても大きく広いので、象に乗る体験もできます。なかなか日本ではできない経験をぜひしてみませんか?チョークで着飾ったキュートな象があなたの旅をさらに楽しくワクワクするものにしてくれます。

インドを訪れるなら!

いかがでしたか?ぜひインドを訪れるときにはぜひ「ジャイプル」もまた観光候補として挙げてみてください。

スポット情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mm_711たぴおかに目がない

このまとめ記事に関して報告する