• はてぶ
  • あとで
ふたりで歩く御茶ノ水の街。御茶ノ水周辺のおすすめデートスポット5選

「御茶ノ水でデート?」と思った方も多いのではないでしょうか?御茶ノ水でも十分かっぱうるで楽しめます。今度のデートでは御茶ノ水の街で一味違った楽しさを味わってみるのはいかがでしょうか?今回は厳選して5か所のおすすめデートスポットを紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1選目:神田明神/秋葉原

「神田明神」とも呼ばれ、江戸時代から江戸総鎮守として親しまれてきました。神田、日本橋、秋葉原、築地魚河岸など、東京の中心108町会の総氏神様です。2年に一度行われる「神田祭」は、「江戸三大祭り」に数えられ、山車や神輿が練り歩き、盛り上がります。
御守りの種類が多いことでも知られています。ビジネスの成功を願った「しごとのおまもり」、願い事を短冊に書く「おねがい兎守」、秋葉原らしい「IT情報安全守護」、「こち亀」とコラボの御守りなど、ユニークな御守りがたくさんあります。新デザインの御朱印帳も気になります。
  • 東京都千代田区外神田2-16-2
  • 03-3254-0753

2選目:湯島天満宮(湯島天神)/秋葉原

学門の神様で知られる菅原道真公を祀る、関東三大天神のひとつです。受験シーズンだけではなく、学業成就を願う学生たちで賑わっています。458年に創建されたタヂカラオ命を祀る神社で、ここ一番の突破力や、勝運の御利益もあります。江戸城の鬼門封じでもあります。
by kwmr
宝物殿の前に鎮座しているのは「撫で牛」です。自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると、徐病の御利益があり、健康運アップの祈願ができます。境内には、300本の梅が植えられ、毎年2月上旬から3月上旬にかけて梅まつりが開催されます。夜にはライトアップも楽しめます。
  • 東京都文京区湯島3-30-1
  • 03-3836-0753

3選目:東京復活大聖堂教会(ニコライ堂)/御茶ノ水

高さ34.5m、鐘楼の高さは37.7mで、正式には「東京復活大聖堂」といいます。工事監督はイギリスのジョサイア・コンドルで、ヨーロッパのロマネスク風やルネッサンス式が巧みに取り入れられています。木造の多い重要文化財の中にあって、煉瓦造りとしては最古級です。
ニコライ堂は拝観が可能です。拝観時間は4月~9月が13:00~16:00、10月~3月が13:00~15:30で、拝観料は、大人300円、中学生100円、小学生以下は無料です。明治時代のものが復元されたシャンデリアやイコノスタスには金や白金泊が貼られています。
  • 東京都千代田区神田駿河台4-1-3
  • 03-3295-6879

4選目:WATERRAS(ワテラス)/東京

「和」、「輪」、「環」の3つの輪をコンセプトに建設されたこの施設で、下町神田淡路町の賑わいを体感することができます。「タワー」と「アネックス」に分かれており、「アネックス」には、レストランやショップがあり、グルメやウィンドウショッピングが楽しめます。
日替わりの樽生クラフトビールを、自家製ソーセージやスパイシーフードとともにいただける「ウィズ・クラフト・ビアアンドフード」、炭火焼きイタリアン料理の堪能できる「オッティモ・キッチン」などのお店が並びます。お茶ノ水で飾らないひと時を過ごしてはいかがでしょうか。
  • 東京都千代田区神田淡路町2

5選目:錯覚美術館/東京

by go7o
「抵抗しても無駄です。あなたの視覚は計算済み。」挑発的なポスターが印象的です、錯覚計算学に基づいて、一番錯覚しやすい角度、色調などを計算した展示物ばかりです。「どうしてこう見えるの?」と、夢中になっているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
by go7o
オランダの芸術家エッシャーは、同じ形の動物を平面上に敷き詰めた、数学的なタイル敷きの作品で知られています。トリックアートと言われることが多い類の作品ですが、数学的な手法が加わると、奥深い作品に生まれ変わります。一度、見るだけではなく芸術に触れてみませんか。
  • 東京都千代田区神田淡路町1-1神田クレストビル2階
  • 03-5577-5647

いかがだったでしょうか?

『御茶ノ水周辺のおすすめデートスポット5選』いかがだったでしょうか?ぜひ、次のデートの場所は御茶ノ水周辺を選んでみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する