• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
カメラ片手にのんびり散歩しよう。夏の京都でしたい7つのことはこれだ

みなさんは夏に京都に行ったことがありますか?夏の京都は暑いという理由で避けがちかもしれません。しかし、夏の京都はライトアップイベントや青もみじの絶景、抹茶のひんやりスイーツなど、SNS映えする素敵な要素が目白押しなのです。今回はそんな夏の京都でやりたいことを7つ厳選してご紹介します。

このまとめ記事の目次

1.東福寺(とうふくじ)で青もみじを堪能する

1つ目に紹介する夏の京都でやりたいことは、「東福寺で青もみじを堪能すること」です。東福寺は京都駅から少し南に電車で下った、「東福寺駅」から徒歩10分のところにあります。ここの境内には「通天橋(つうてんばし)」という渡り廊下があり、そこから青もみじの絶景を見ることができます。
東福寺の青もみじは秋には真っ赤に染まりじゅうたんのようになるのですが、夏の青もみじも絶景で、より緑に癒されそうです。また、紅葉の時期よりも青もみじの時期のほうが人が少ないので、落ち着いて景色を楽しむことができます。

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • 京都府京都市東山区本町15-778
  • 075-561-0087

2.北野天満宮のライトアップを見る

開催期間:2017年8月5日(土)~16日(水)

2つ目に紹介する夏の京都でやりたいことは、北野七夕祭の「北野天満宮のライトアップを見ること」です。白梅町駅より徒歩5分、バス停からはすぐと、アクセスがとても良いです。また、北野天満宮は北野天満宮のライトアップは毎年夏に行われていてたくさんの人でにぎわいます。
昼間と夜で雰囲気が違うので、昼間の森林に囲まれた風情ある雰囲気と夜の幻想的な雰囲気の両方を味わうのもいいかもしれません。境内は七夕の笹で飾り付けられ、参道には屋台が並びお祭りのようになっています。浴衣で行くとより楽しそうですね。

詳細情報

  • 上京区馬喰町, 京都市
  • 0754610005

3.鴨川納涼床(かもがわのうりょうゆか)に行く

3つ目に紹介する夏の京都でやりたいことは、「鴨川納涼床に行くこと」です。「河原町」駅、「京都市役所前」駅からすぐであり、こちらもアクセス抜群です。京都の夏の風物詩ともいうことができる鴨川の納涼床は、夜には90店舗あまりが一斉にライトアップをして幻想的な雰囲気になります。

京の七夕 鴨川会場:2017年8月5日(土)~11日(金・祝)

鴨川では、納涼床は9月下旬まで毎日開催されていますが、もう1つイベントが期間限定で行われています。それが「京の七夕」というライトアップイベントであり、期間中は風鈴(ふうりん)や七夕の笹が鴨川の河川敷に展示されます。こちらも合わせてみるのがおすすめです。

詳細情報

  • 京都府京都市
  • 075-414-5282

4.抹茶かき氷を味わう

かき氷 宇治金時

ぎをん小森

4つ目に紹介する夏の京都でやりたいことは、「抹茶かき氷を味わうこと」です。京都には抹茶スイーツを扱っているお店がたくさんあるのですが、なかでもおすすめなのは「ぎをん小森」です。伝統的な町屋づくりのお店構えで、祇園にあるだけあり風情が抜群です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今年の夏はどこに行くか、もう決まってますか?まとまった休みが取りやすい夏は...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する