• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【横浜】フォトジェニックな瞬間を!三溪園にて『早朝観蓮会』開催!!

2017年7月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、8月5日(土)、6日(日)、横浜の有名観光スポット「三溪園」にて、早朝に「蓮(ハス)の花」を観賞するイベント『早朝観蓮会』が開催されます。早朝の静寂の中、神秘的な蓮の花の姿を、カメラに収めに行ってみませんか?

このまとめ記事の目次

三溪園のシンボル「三重塔」と蓮の花

三溪園について

三溪園正門近くの大池

三溪園を象徴する景色。撮影スポットとして大変有名です。

横浜・本牧に広がる広大な庭園『三溪園』は、生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪(はら さんけい)によって、1906年(明治39)5月1日に公開され、それ以来、1年を通して、洗練された日本庭園・自然の中で、四季折々の花々を楽しむことができる空間として、多くの人々に愛されています。

『早朝観蓮会』

開催日:2017年7月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日) 、8月5日(土)、6日(日)

時間 午前6:00~8:30

場所  外苑 蓮池周辺  ※三溪園のシンボル三重塔と蓮が一緒に楽しめるスポットを特別開放。

蓮池

蓮池

蓮の花

明け方からゆっくりと開き始め、午前7時ごろ一番の見ごろを迎えます。午前9時ごろから再び閉じ始め、昼ごろには完全に閉じてしまいます。

(右から左へ)花から種への移り変わり。
 種から花が咲くまで3年かかるそうです!

蓮の体験コーナーや園内茶店での早朝限定メニューも!

蓮の体験コーナー 受付所

三溪園ボランティアの方々が、蓮について詳しく教えてくださいます!

蓮の葉シャワー

蓮の葉っぱから放射状に水が噴き出る不思議なシャワー。

体験コーナーは、他に『蓮の糸をとってみよう』・『葉っぱのお面作り』・『蓮茎ストローのシャボン玉』があります。この機会に、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

※料金は、入園料のみ(大人700円、小中学生200円)。

園内に3店舗ある茶店では、お粥等それぞれの早朝限定メニューを用意!(時間・数量限定)

「早朝観蓮会」限定 朝食メニュー

「三溪園茶寮(さんけいえんさりょう)」の『朝がゆ』

胃にうれしい、優しい味付けのお膳。赤だし、温泉卵、紀州梅干、水ようかんなどが彩り豊かに盛り付けられています。

かき氷やお団子、ソフトドリンク等もあります。

三溪園夏休みこどもパスポート

パスポートを提示すると、夏休み期間中のこども(小・中学生)1名分の入園料(200円)が何度でも無料になるサービスや、景品がもらえるスタンプラリーがあります。
また、ワークショップ等関連イベントも開催されます。(中学生以下限定)

『早朝観蓮会』終了後は、そのまま園内を観賞できます。

今の時期にしか見られない、蓮の花の開花を、早起きして観に行ってはいかがでしょうか?

詳細情報

■早朝観蓮会
【開催日】2017年7月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、8月5日(土)、6日(日)
【開催場所】三溪園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する