• はてぶ
  • あとで
京都・祇園河原町で見つけた!長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ9選をご紹介

八坂神社や白川南道など、京都らしい華やかな雰囲気が特徴の人気エリアといえば祇園河原町ですよね。初めて京都に来る方が訪れることが多いこの町は毎日のように観光客で混雑しています。そこで疲れたときにゆったりとくつろげる贅沢カフェを紹介します。(※掲載されている情報は2019年5月現在のものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.omo cafe(オモカフェ)

最初にご紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、元フレンチシェフが腕によりをかけて作った繊細な料理の数々がとても評判の「omo cafe(オモカフェ)」です。京都の町家をリノベーションした店内はオシャレで落ち着いた雰囲気。
パフェやあんみつなどのスイーツの他に、夏季には自家製シロップを使用したかき氷をいただくことができます。選べるお味は定番のイチゴや、宇治の抹茶やほうじ茶など京都らしいものまで様々。ひんやり甘いかき氷は疲れも忘れてしまう美味しさです。

詳細情報

2.祇園 北川半兵衛

続いてご紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、八坂神社のすぐ近くにあるお茶サロン「北川半兵衛」。ここでは、最高級の茶葉を楽しむことができます。なんだか敷居が高く感じられる方もいるかもしれませんが、お店の雰囲気も良く気軽に訪れることができます。
ここで一番人気なのが抹茶・煎茶・ほうじ茶・和紅茶・和烏龍茶を飲み比べできる写真の「茶詠み」。手前にあるのは一口サイズのスイーツ。お茶とのペアリングを楽しむことができます。せっかく京都に来たならお茶の世界に浸ってみてはいかがですか。

詳細情報

3.ZEN CAFE

続いて紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、祇園四条駅から徒歩4分のところにある「ZEN CAFE」です。老舗和菓子店の鍵善良房(かぎぜんよしふさ)が手掛けた、路地裏にひっそりとある隠れ家カフェです。
店内はシンプルモダンでスタイリッシュな雰囲気で、家具やインテリアの配置にも統一感があるのでリラックスできます。ここでいただける和菓子はどれもほんのりと上品な甘さが特徴。一口いただくだけでほっこりとした気分になれますよ。

詳細情報

4.二軒茶屋

続いてご紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、祇園四条駅から徒歩10分のところにある「二軒茶屋」です。室町時代に八坂神社の休憩処としてにぎわった中村楼が携わっていて、老舗の茶屋からモダンなカフェになり人気急上昇しています。
レトロモダンな店内で、自家製のあんみつやパフェ、抹茶スイーツなど京都に来たら食べたい甘味を味わうことができます。ミルクと抹茶のソフトクリームが夏の休憩にぴったりな「抹茶パフェ」をぜひ注文してみてくださいね。

詳細情報

5.うめぞのCAFE&GALLERY

続いてご紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、地下鉄鳥丸線四条駅から徒歩7分のところにある「うめぞのCAFE&GALLERY」です。町屋をリノベーションしたカフェとギャラリーが併設されている人気店です。
ホワイトカラーを基調とした木目調のインテリアや内装がスタイリッシュな印象を与えてくれます。注文が入ってからメレンゲを泡立てしっかりと焼くふわふわの「抹茶のホットケーキ」はリピーターから支持されている絶品スイーツです。

詳細情報

6.お茶と酒 たすき

続いてご紹介する「長旅の疲れを癒せる贅沢カフェ」は、京阪祇園四条駅から徒歩2分のところにある「お茶と酒 たすき」です。京都は駅から離れている店が多いのですがこちらはアクセス良好で、伝統的建造物群保存地区に構える絶好のロケーションが望めるお店です。
古い町屋を改築し、スタイリッシュにした店内は、種類が豊富な日本茶や甘味を楽しむことができます。「オリジナルブレンド茶」を注文すると茶菓子とアンティークの茶器セットとが運ばれてきます。思わず真上から写真を撮りたくなる可愛さですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する