• はてぶ
  • あとで
シンガポールが好きすぎて。シンガポール旅行を彩る7つの魅力をご紹介

東南アジアにある島国シンガポール。日本でいうと淡路島とほとんど同じ大きさの小さな国ですが、世界中から観光客が訪れる人気の国。そんなシンガポールに訪れるべき7つの理由をご紹介。行ったことがないという方も、すでに何度か訪れている方も、もう一度行きたくなるシンガポールの魅力に迫ります。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

シンガポール旅行へ!

この夏の旅行、おしゃれに楽しく過ごしたいという方におすすめしたいのがシンガポール。日本からは片道7時間前後で行くことができる人気の観光地ですよね。でもなんでそんなに人気なのか、シンガポールに長年住んでいた旅好きの筆者が7つの理由と一緒にお伝えしたいと思います。

1. オーチャードロードが買い物天国

シンガポールの魅力その1、「オーチャードロード」が買い物天国すぎること。オーチャードロードはシンガポールを代表するメインストリートの名前で、一本の長い道沿いにたくさんのモールや高級店が並ぶショッピングストリートです。
IONや高島屋などの高級店舗がたくさん入るモールがこの通りに集まっているため、1日中ショッピングを楽しめるはず。日本の渋谷よりは綺麗で、でも銀座よりはとっつきやすいような場所。
南国のシンガポールだからこそ夜も暖かく、人で賑わっています。路上でギターを弾く人や大道芸を披露する人、銅像かと思ったらチップ稼ぎのパフォーマーだったなんてこともあります。いるだけで楽しいオーチャードロードはまさに最高な空間です。

詳細情報

Orchard Rd, Singapore

3.56 829

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. ホーカーでローカルフードを満喫

シンガポールの魅力その2、地元の雰囲気を感じられる「ホーカー」です。ホーカーはシンガポールのローカルな屋台が集まるフードコートの名称。まず訪れてほしい場所で、シンガポールの空気感を存分に楽しむことができます。
簡潔に言うと「安い・汚い・美味い」の変な三拍子が揃った場所。決して綺麗ではありません。皿なんてちゃんと洗ったかどうかわからない見た目だし、衛生面の不安は正直残ります。
でもだからこそ“旅”感があって楽しいという点もあります。ローカルな人が集まる場所でローカルなものを食べる。きっと他とは違った素敵な思い出になるはずです。

詳細情報

3. レストランでおしゃれに

シンガポールの魅力、その3は「レストランが綺麗すぎる」こと。ホーカーが「安い・汚い・美味い」の三拍子なら、レストランは「高い・綺麗・美味しい」の三拍子が特徴。東南アジアの国ってどこかローカルな雰囲気がありますがシンガポールはかなり洗練されています。
特にシンガポールはグルメ大国でもあります。様々な国籍の人がクラスシンガポールでは料理の種類も様々。一番多いのは中華料理でチキンライスや小籠包など、インド料理ではナンとカレーのロティプラタなどが人気。
グルメだけを目的に行っても後悔はないほど美味しいものばかり!筆者一押しは中華系の料理です。小籠包は薄い皮の中に肉汁もたっぷりで、本場中国も顔負けの本格小籠包をいただけます。

4. ホテルは話題のあのホテル

シンガポールの魅力、その4は「ホテル」が有名すぎること。今やシンガポールの顔ともなった「マリーナベイ・サンズ」。皆さんも一度は写真などで見たことがあるのではないでしょうか。
インフィニティプールは外観も圧倒的。船がホテルの上から漕ぎ出しそうなそんな迫力があります。5つ星ホテルでもあるのでサービスがすごい。景色すごくてサービスもすごい、もうなんだってすごいサンズは、有名になるのも納得のホテルです。

詳細情報

5. タクシーで移動を楽しむ

シンガポールの魅力、その5は「タクシー」が独特な点です。何がどう独特なのか、それは隠そうとしないローカル感が凄いから。日本のタクシーは綺麗に保っててお客さんを第一に思ってくれているのが伝わりますよね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する