• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
暑い夏はオシャレに涼しく楽しもう!今夏行くべき東京都内の美術展7選

今年も夏がやってきましたね。今夏は例年よりも暑い夏になるそうですね。こんな炎天下では屋外で遊びたくないと思う人も多いのではないでしょうか。こんな時にぴったりなのがクーラーの効いた涼しい屋内で行われている美術展。オシャレな雰囲気もあるのでデートにもオススメですよ。東京都内で今夏、足を運びたくなる展覧会をまとめて紹介します。

このまとめ記事の目次

【1】 レオナルド x ミケランジェロ展 / 三菱一号館美術館

まずご紹介したいのは三菱一号館美術館にて行われている「レオナルド x ミケランジェロ展」です。絵画だけではなく彫刻など多くの才能に溢れていた世界でもっとも有名な芸術家であったレオナルド・ダ・ヴィンチとこちらも外画だけでなく彫刻でも多くの作品を残し、西洋美術史においてもっとも影響を与えた人物のミケランジェロにスポットを当てた展覧会です。
先ほど紹介した二人の芸術家は23歳の年の差があったのにも関わらず当時から宿命のライバルと呼ばれていたそうですよ。今回の展覧会では、そんな二人のデッサンや表現方法を対比していくことで二人に迫っていきます。美術史に残る、世紀を超えた戦いをこの目に一度、焼き付けてみてはいかがですか。

レオナルド x ミケランジェロ展 の概要

会期:2017年6月17日(土)〜9月24日(日)
開館時間:10:00〜18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は20:00まで)
休館日:月曜休館(但し、祝日は開館)
会場:三菱一号館美術館
  • 東京都千代田区丸の内2-6-2
  • 03-5777-8600(ハローダイヤル)

【2】 ジャコメッティ展 / 国立新美術館

次に紹介したい美術展は、「ジャコメッティ展」です。スイス出身で主にフランスを活躍の場としたアルベルト・ジャコメッティは、人物彫刻など、20世紀を代表する彫刻家です。今回はそんな彼の過去最大規模の回顧展を紹介します。
なんとなく硬く感じる方もいるかと思いますが、作品の中にはジャコメッティの遊び心溢れる作品も多く入っているので、安心してお楽しみいただけます。一方で、彼の哲学的な作品たちには背筋をピンとさせられ、まさに圧巻です。

ジャコメッティ展 の概要

会期:2017年6月14日(水)~9月4日(月)
開館時間:10:00〜18:00 (毎週金曜日、土曜日は20:00まで・ 入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日休館
会場:国立新美術館
  • 東京都港区六本木7-22-2
  • 03-5777-8600(ハローダイヤル)

【3】 ベルギーの奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤンブールまで / bukamura (ぶんかむら)ザ・ミュージアム

3つ目にご紹介したいのは、「ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤンブールまで」を紹介します。現在のベルギーに該当する地域とその周辺の芸術家たちは、ボスの「奇想」をテーマに芸術作品を数多く生み出しました。「奇想」という字のごとく、現実では起こり得ることのないことを描かれた作品たちは、目を奪われるものがとても多いです。
これまで紹介した二つとはまた毛色の異なる美術展になっていて、とてもへんてこなものになっています。そんなヘンテコな作品たちが面白みをもってみなさんにベルギー500年の歴史の旅に連れて行ってくれることでしょう。

ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤンブールまで の概要

会期:2017年7月15日(土)〜9月24日(日) (7月18日、8月22日のみ休館)
開館時間:10:00〜18:00 / 金・土は21:00まで(入館は閉館30分前まで)
会場:bunkamura(ぶんかむら) ザ・ミュージアム
  • 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
  • 03-3477-9111

【4】 ボストン美術館の至宝 東西の名品、珠玉のコレクション / 東京都美術館

4つ目に紹介するのは「ボストン美術館の至宝 東西の名品、珠玉のコレクション」です。本来ならば、アメリカに訪れなければ見ることのできない作品たちをその中でも選りすぐりのみを集め、ここ東京で見ることができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する