日本国内の海が綺麗な離島10つを大特集。あなただけの"楽園ビーチ"へ

楽園ビーチといえば、どんな場所を想像しますか? 人混みがなくて、穏やかな白い砂浜、青い海を独り占め。そんな場所が日本の離島にあるのはご存知でしょうか。離島で過ごす日々は忙しない日常を忘れさせてくれますよね。穏やかな時間を過ごしたいあなたに、日本の離島にある"楽園ビーチ"をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

宮古島 / 沖縄県

うつくしい海といえば、宮古島

美しい海としてよく名前が挙げられる沖縄県の宮古島。宮古島の海は、世界でもトップクラスの透明度の高さを誇ります。那覇空港から飛行機で約50分で行くことができ、また羽田空港や関西空港からの直行便もありますよ。

人気の砂山ビーチ

そんな宮古島で一番人気のスポットは、「砂山ビーチ」です。さらさらの白い砂に、思わず驚いてしまうでしょう。隆起したサンゴによって形成されたアーチ形の天然岩も見どころの一つで、絶景スポットとしても人気があるんです。

サンゴ礁を見に行こう

シュノーケリングで人気のビーチは、「吉野海岸」です。サンゴ礁と海岸線が近く、満潮時には沖のように、カラフルな熱帯魚と出会うことが出来ます。水の透明度が高いので美しいサンゴ礁や熱帯魚もはっきりと見ることができます。干潮時はサンゴ礁が近く泳ぎにくいのでご注意くださいね。

円月島 / 和歌山県

夕日の綺麗な離島

和歌山県の「円月島(えんげつとう)」は和歌山県白浜を代表する離島で、正式名称は「高嶋」といいます。島の中央に円月形の波などの侵食によってつくられた海岸の洞窟があることから「円月島」と呼ばれています。

なんといっても夕日が美しい

こちらは夕暮れ時の画像になります。円月島に沈む夕陽は「日本の夕陽100選」、「和歌山県の夕日100選」にも選ばれています。その美しさはみんなを虜にしますよ。ゆったりとお散歩しながら眺めたりしてみてはいかがでしょうか。

夕日を見ながら釣りも

さらにこちらの「円月島」が見える海岸沿いは、釣りスポットにもなっているんですよ。特にアオリイカやアジがよく釣れるそうです。釣りをしながら、景色を楽しむことができるなんて一石二鳥ですね。

円月島

和歌山県西牟婁郡白浜町円月島

3.49 18203

新島 / 東京都

都心から約2時間半で行ける楽園

東京都の新島は、竹芝ふ頭から高速船で約2時間半程度で行くことができ、その気軽にいけるアクセスの面からも人気が高い離島になっています。南の楽園リゾートである新島には多くの美しいビーチがあり、大自然を楽しむことが出来ます。

羽伏浦(はぶしうら)海岸

中でも有名なのが「羽伏浦(はぶしうら)海岸」です。新島はマリンスポーツの聖地でもありますが、この羽伏浦海岸は、サーフィンの絶好スポットとしても愛されているスポットなんだとか。絵に描いたような鮮やかな水色の海でするサーフィンは特別感を感じられそうです。

シンボルをお見逃しなく!

新島には、たくさんの発見が待っています。羽伏浦海岸の象徴でもある真っ白なメインゲート。ここをくぐると、青い海と白い浜辺が眼前に広がります。また、ギリシャ神話の建物をモチーフにした温泉"湯の浜露天温泉"は、24時間水着を着用して入浴することができる、とても開放的な露天風呂なんです。島のいたるところにいるモアイ像たち。見どころ満載ですね。

新島

東京都新島村川原

3.76 6174

石垣島 / 沖縄県

自然に恵まれた、石垣島

石垣島も宮古島と並んで沖縄県の人気の離島です。石垣島にはたくさんの美しいビーチがありますが、中でも「石垣島サンセットビーチ」と「川平湾」は特に人気があり、オススメのビーチです。
「石垣島サンセットビーチ」は、透明度の高い海と、白い砂浜でたくさんのアクティビティを楽しむことができます。また、映画のロケ地としても有名なビーチになっています。「川平湾」は遊泳禁止箇所もありますが、綺麗な海の景色を見ることができるので、日本の中でも有名なスポットです。

石垣島では、絶景と絶品を

また、石垣島には絶品グルメがたくさんあるのも魅力的。中でも人気の、石垣島の海鮮グルメが食べられる「ひとし本店」は、かなりおすすめ。人気店なため、1ヶ月前でも予約が埋まっていることもしばしばあるので早めの予約をすることをおすすめします。
tabelogで見る

ひとし 本店

沖縄県石垣市新栄町15-8

3.35 12251
神々の食べ物を出す石垣島の至高の店

約半年ぶりの沖縄離島旅。与那国島が強風のため乗るはずだった便が欠航になり、次もどうなるか分からないとなった時には幽閉も覚悟しましたが、何とか次の便で石垣へ帰ってこれました。 石垣は今回で4回目ですが、欠かさず行っているのが神々の食べ物を出す伝説の店(!!)ひとし本店。ほぼ2ヵ月前、飛行機や宿の予約と一緒に予約を入れましたが、その時点で19:00からの席はほぼ埋まっているとのこと…恐るべし!!!! 迷わず3日の滞在中2日分の予約を入れました。友人によると、店員さん驚いていたらしい(笑) 【1日目】 17:00にお店に着くと、ちょうどシャッターが開くところ。数人のお客さんが待っています。 テーブル席に着くなり、乾杯オリオンと一緒に寿司を怒涛の如く注文。3人で行って、石垣牛(タレ・塩)×3カンずつ、大トロあぶりポン酢×3カンずつ、まぐろと海ぶどうの軍艦×1カンずつの計30カンを早々にお願いしました(笑) すぐに持ってきていただき、テーブルの上は神々の食物でいっぱいに。 石垣牛(タレ・塩) もうね、声にならない美味さ。サラッと舌の上でとける牛肉。何店かで石垣牛の寿司はいただいてきましたが、ダントツ1位です。個人的にはやっぱタレが好きかなー。 大トロあぶりポン酢 こちらも口に入れると思わず笑みがこぼれるほど美味いです。あぶらが乗りまくった大トロ。噛むとジュワッて感じで口の中に旨味が… まぐろと海ぶどうの軍艦巻 個人的にいつも外せないのがこれ。見た目の美しさに負けず劣らずの美味さです。海ぶどうの爽やかさがたまらない。あと卵焼きもアクセントになってる気がする。 少し落ち着いたところで地元の泡盛・請福を。ひとし本店さんでは、沖縄の酒器・カラカラに入れて提供してくれます。小さな水差しのようなカラカラ、グラスにたくさん氷を入れ、カラカラから少しずつ泡盛を注ぐ、これで石垣に来たなーって気持ちがいつも盛り上がります。 生うにソーミンチャンプルー これもいつも頼む1品。うにでコーティングされた黄金色のソーメン、珠玉の美味さ。大葉と海苔がまた味を締めてる気がしますね。 うに軍艦 濃紺な甘みをシャキッと締めるわさびがにくい。 中トロ炙りポン酢 大トロ炙りポン酢より少しあっさり気味かなー。個人的には大トロのより好きかも。 大トロ握り こちらは醤油でいただきます。うーん、これ都内で食ったらいくらするんだろ… 豆腐よう 沖縄の伝統的な発酵食品。楊枝でちょびっとずつ削りながら食べます。豆腐ようって正直少し苦手だったんですが、ここのはクセもそんなになくとても食べやすかった! 泡盛とあいすぎます。 1時間くらいで食べ物ラストオーダー、1時間半くらいで飲み物ラストオーダーだったかな? 初日満喫!! 【2日目】 同じく17時にお店へ。予約を取ってないお客さんらしき人が、店の中で結構待ってました。 1日目と同じテーブル席(笑) 今回は2日目なので、頼んだことのないメニューにも挑戦しました。 海老味噌たっぷりエビチリ これ、すげー当たりでした。辛さはそんなでもないですがホントエビの旨味がハンパない!! ご飯が欲しくなる1品です。 アカマンボウとキノコのバター焼き アカマンボウはシーチキンみたいなあっさり目な味。キノコとよくあって酒が進みますねー。 まぐろの山かけ まちがいないですよねー。長芋がアクセント。 海鮮茶碗蒸し 中にチーズが入ってて、たくさん具材を楽しめます。美味しかったけど、友人にちょっともらったうにの茶碗蒸しが至高の1品。 ミーバイの煮付け 沖縄でポピュラーなお魚。よく味がしみてて美味しい。余すところなくいただきました。 ※もちろん寿司もガッツリいただきました(笑) 【総括】 まさに神々の食物にふさわしい美味さ。前もちょっと書きましたが、これ、都内で食ったら大変な値段になっちゃいますが、この値段はあまりに良心的過ぎ(笑) 飛行機・宿が取れ次第、ひとし本店の予約もお忘れなく!!!! https://www.instagram.com/sh_n223/ (食べログ口コミを再掲しました)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

islands_like_paradise国内外の離島の島々の魅力をお届けします。

このまとめ記事に関して報告する