• はてぶ
  • あとで
フォトジェもグルメも譲れない!ミーハーに楽しむ福岡女子旅1泊2日プランはこれだ

女子旅にはフォトジェニックな観光スポットと美味しいご飯が絶対に欠かせませんよね!そんなワガママを叶えてくれる旅行先が福岡です!今度の休日には朝から夜までおもいっきり女子旅を楽しんで、疲れをふっとばしちゃいましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

10:30▷「福岡空港」に到着

朝一番の飛行機に乗れば、東京からでも10時半には福岡に到着することができます。1日目をたっぷり楽しむためにも頑張って早めにでましょう!福岡空港は観光地へのアクセスが良く、地下鉄や路線バスを使えば、1本で博多・天神・太宰府に向かうことが出来ます。

詳細情報

12:00▷「自家焙煎珈琲 蘭館」でカフェタイム

朝早くから活動しているのでお腹がすきますよね。太宰府観光をする前に、軽く腹ごしらえをしましょう!太宰府駅の近くに、美味しいたまごサンドとコーヒーが有名な喫茶店があります。落ち着いた雰囲気が素敵でついつい長居してしまうかも。

エッグサンド

自家焙煎珈琲 蘭館で絶対に注文したいメニュー1つ目は、フォトジェニックなエッグサンドです。少し甘みのある卵焼きにケチャプとカラシが絶妙にマッチしていて、とっても美味しいです。季節のフルーツが添えられているので、彩りも綺麗で写真映えしそうです。

コーヒー

自家焙煎珈琲 蘭館で絶対に注文したいメニュー2つ目は、名前にもあるように、コーヒーです。すごくたくさんの種類のコーヒーが用意されていて、1杯1杯いれてもらえるので特別感がありますよね。店内はコーヒーの香りに包まれていて、ゆったりとした静かな時間が過ごせます。

店舗情報

福岡県太宰府市五条1-15-10

3.04 011

13:00▷いよいよ「太宰府天満宮」へ

福岡観光といえばやっぱり太宰府天満宮ですよね!学問の神・菅原道真公が祀られていることから、冬には多くの受験生が訪れるスポットです。太宰府観光では、お祈りをするだけでなく、太宰府に着くまでの道で食べ歩きをするのも楽しみですよね。
空港から太宰府までのアクセスは、地下鉄を使う方法とバスを使う方法があります。バスを使う場合は渋滞も考慮して、時間に余裕をもっていきましょう。帰りも地下鉄を使えば、1時間程度で博多や天神などの都心に着くことができます。

なで牛

なで牛は頭をなでると頭が良くなると言われていて大変有名です。そのため、1番目立つ場所にあるなで牛は、写真を撮るためにたくさんの人が並んでいます。けれど太宰府の中には他にも何頭かなで牛があるので、目立たない場所のなで牛なら並ばずに写真がとれますよ!

詳細情報

〜太宰府グルメを食べ尽くす!〜

揚子江

「肉汁注意!」なほどジューシーな豚まんが有名なこちらのお店「揚子江」は、いつも行列の絶えない人気店です。とても大きくて満足感がありますが、付いてくるタレに少し酸味があるので、味を変えられて最後まで飽きずに食べられます。
テイクアウト専門のお店なのですが、近くにベンチがあるので座って食べることができました。ご夫婦が二人で切り盛りされているので、すこし時間がかかりますが、それでも並ぶ価値ありなジューシーな肉まんです!

店舗情報

梅が枝餅

太宰府グルメと言えば梅が枝餅が有名ですよね!太宰府に行くまでの道のりでも梅が枝餅を食べ歩きしている人を多く見かけました。たくさんのお店が梅が枝餅をだしているので、どこにするか迷ってしまいます!人気のお店の前には長い行列ができていましたよ。
食べ歩きも良いのですが、暑い中長時間待つのはちょっとキツイという方には、「お食事処 かさの家」がおすすめです。お店に入れば涼しい店内でゆったりと食べられ、休憩もできますよ。お店を利用すれば、お土産も店内で頼めるので、待たずに買うことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する