• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
え、これもそうなの?世界で見つけた7つの名作「グラフィックアート」

街を歩いていると外壁やシャッターによくスプレーなどで絵が描かれているのを目にしたことはありませんか。日本では無断で街中に絵を描くことは違法で一般には「落書き」として知られていますが、海外ではグラフィティと呼ばれすごく有名になった絵まで存在するんです!今回はそんな世界中のグラフィティアートたちをご紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次

1.バンクシー/ロンドン(イギリス)

If Graffiti Changed Anything

まず初めにご紹介するのは世界で最も有名なグラフィックアーティスト「バンクシー」です。バンクシーは本性を隠して風刺的なグラフィックを描く芸術家で、名前はもちろんその素顔さえも知られていません。

Graffiti Painter

バンクシーの作品は深夜にゲリラ的に作成され、ある日忽然と姿を現します。世界中で活動を進めるバンクシーですが実は日本にも来たことがあるようです。しかし彼の活動の中心はロンドンのため、最もよく作品が見られるのはロンドンだそうです。

詳細情報

  • Fitzrovia, central London
  • Portobello Road Market

2.Hosier Lane(ホイザーレーン)/メルボルン(オランダ)

次にご紹介するのはオーストラリアのメルボルンにある「Hosier lane (ホイザー レーン)」です。実はメルボルンはグラフィティの街として有名で、ホイザーレーンはいたるところにグラフィティの描かれた通りです。
見た目はなんだか治安が悪そうに見えますが実際に行ってみるとほとんどが観光客でそこまで危険な場所ではなく、むしろ『メルボルンに行ったら絶対に行くべき』とも言われるほど人気の観光スポットのようです。

詳細情報

  • Hosier Ln, Australia

3.John Lennon Wall(ジョンレノンの壁)/プラハ カンパ島(チェコ)

次にご紹介するのはチェコのプラハ、カンパ島のある「John Lennon Wall(ジョンレノンの壁)」です。このグラフィティで埋め尽くされた壁は60年台前半、ジョンレノンを慕う一人の若者がジョンレノンと十字架の絵を描いたことが始まりだとされています。
フランス大使館の目の前にあるこの壁には反戦や自由な愛についてのメッセージも多く残されています。壁には誰でも絵を描くことができ、行ってみると観光客が自由に絵を描いていることも多いのだそうです。

詳細情報

  • Velkopřevorské nám., Malá Strana, 118 00 Praha-Praha 1, Czechia

4.Station North Arts and Entertainment District(ステーションノース芸術娯楽地区)/メリーランド州ボルチモア(アメリカ)

次にご紹介するのはアメリカのメリーランド州ボルチモアにある「Station North Arts and Entertainment District(ステーションノース芸術娯楽地区)」です。グーグルによって保護されたマヤ・ハヤックによる壁画があります。
ボルチモアで初めてアートとエンターテイメント地区として州指定されたステーションノース芸術娯楽地区は、質の高いグラフィティの保護に努めており、アートとエンターテイメント地区としての国家モデルを担っているのだそう。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する