• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
一生忘れられない年越しを。NYカウントダウンを120%楽しむ方法

海外で年末年始を過ごすなら、一生に一度は体験したい、ニューヨーク・タイムズスクエアのカウントダウン!毎年推定100万人がカウントダウンのために世界中から集まるタイムズスクエアを120%楽しみたいという方に是非読んでいただきたいです!2017年のカウントダウンを最前列で過ごした体験者ならではの、タイムズスクエアカウントダウンの情報を完全保存版でお届けします。

このまとめ記事の目次

1.ニューヨーク”タイムズスクエア”について

誰もが一度は聞いたことがあるであろう、ニューヨークニューヨークのタイムズスクエア。タイムズスクエアは、マンハッタンのミッドタウンに位置する区画のことで、42丁目から47丁目まで、そしてブロードウェイから7番街までの一角をさしています。ミュージカルのメッカとしても有名ですよね。
そして世界一とも言われている、ニューヨークのタイムズスクエアでのカウントダウンは1904年から行われており、2017年度で120年の歴史があります。年間5000万人もの観光客が、さらにカウントダウンでは100万人もの人が訪れるタイムズスクエアで過ごす年越しは一生忘れられない想い出になること間違いなしです。

2.カウントダウンの魅力について

豪華なアーティストのライブが観られるから

ニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンの大晦日には、18時頃からイベントが始まり、セレモニー、コンサート、ショーなど24時まで続きます。とっても豪華なアーティストが毎年このステージに訪れます。このアーティストをみるだけでも、来る価値がありますよ。毎年大ステージと小ステージの2つが設置されています。

記念グッズが無料でもらえるから

そして、毎年、カウントダウンイベントのスポンサー会社が、無料でいろいろな盛り上げグッズを配布します。大きな帽子とマフラー、風船などが大量に配られます。しかし、全員に配られるわけではないので、グッズをゲットするために、柵の近くに並びましょう。
こちらは、2017年に筆者が持ち帰ったグッズです。柵越しに係の人が配るので、ステージがある側面の柵に近ければ近いほど、グッズがもらえる確率が高くなりますよ。せっかく参加するのであれば、記念にもグッズもゲットしましょう。

3.【準備編】服装と天候について

12月のニューヨークは、雪が降ることも多く、寒さ対策が一番大切なポイントとなっています。さらに約12間待つので体が冷え込んでしまいます。ニューヨークの12月の平均気温が、最高気温14度、最低気温-5度となっているので、とても冷え込みます。ダウンコート、帽子、ムートンブーツなどが基本です。
ちなみに、2017年度の筆者の着ていた服装は、【毛糸の帽子・マフラー・極暖のヒートテック・通常のヒートテックの重ね着・薄手のタートルネック・セーター・ダウン】という格好で挑みました。さらに、【極暖パンツとタイツを履き、靴下はスキー用の厚手のもの】を使用しました。列を一度抜けると戻ることができなく、待ち時間の12時間トイレに行けないため、心配な方は大人用のおむつを購入することをおすすめします。

※イメージ画像です

そして、おすすめとしては、スノーブーツと極暖のヒートテックです。ムートンブーツやスニーカーは雪がふったときに染み込んで冷たくなってしまいます。靴下用のカイロを途中でつけましたが、かなり暖かかったのでおすすめです。暖かい分には調整できるので、完全防備で臨みましょう!

4.【準備編】持ち物について

当日のタイムズスクエアは写真にあるような銀色の柵で、囲まれています。そして、その柵のゲート中に入れる時間が午前11時ごろとなっています。柵には警備員が立っており持ち物検査が行われます。一番重要なポイントとしては、大きなカバンの持ち込みができないということです。

※イメージ画像です

基本的には、入場イメージは、手ぶらで入るイメージです。携帯、携帯充電器、多少のお金などの貴重品などは身につけて、水や食料などはビニールに服のポケットにいれて持参しましょう。持っていくものは必要最低限にすることがポイントです。

※イメージ画像です

食べ物やペットボトルを上着のポケットに詰め込み、カイロなどはスボンのポケットに詰め込みました。小さなスーパーの袋は持ち込める場合があるようです。また、高価な物などは、持ち込まないほうが懸命です。満員電車のような込の状態が常に続くので、持っていった食料や、カイロなど、一部人混みに消えていきました。

5.【当日】何時に並び始めればいいの?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する