• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
台湾ツウの私が教える!夏の“台湾旅行”を楽しむためのたった7つのコツ

日本からの距離も近く、美味しいグルメもたくさんあることから、日本人観光客の中でも人気の「台湾」。週末旅行にもオススメの台湾、一度は行きたいという方やリピーターの方もいるのでは?今回は、夏の台湾を楽しむためのコツをご紹介します。 (※掲載されている情報は2018年6月に更新されたものです。)

このまとめ記事の目次

夏の台湾…やっぱり暑い!

人気観光地、台湾。夏旅の目的地として考えている方も多いのでは?夏の台湾はとっても楽しいですが、やはり暑いのは事実です。だいたい東京と同じか、それ以上の暑さにある夏の台湾。
ですが、コツさえ抑えれば夏の台湾を十分楽しむことができるんです。今回は、台湾に何度も行き台湾が大好きな私が、そんなコツをご紹介。夏の台湾旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【1】熱中症対策は欠かさずに

1つ目に紹介する夏の台湾を楽しむためのコツは、熱中症対策は欠かさずに。日本にいるときでも熱中症については注意しているかと思いますが、旅に出ているときはいつもと事情が違いますよね。普段以上に入念に対策を講じるのが吉。
水の入ったペットボトルや水筒を持ち歩き、また帽子や日傘など日差しを防げるものを持っておくと安心ですね。暑くてしんどいな、と思ったらあまり我慢せずに室内に入ったり、ゆっくり休むのがおすすめです。

【2】タクシーを上手に使おう

2つ目に紹介する夏の台湾を楽しむためのコツは、タクシーを上手に使うこと。台湾、特に台北の都市部には流しのタクシーをたくさん見かけます。値段は日本に比べるとぐっとリーズナブル。ドアが自動でないことを除けば、メーター制など日本のタクシーとあまり変わらないのも嬉しいところ。
炎天下のなか観光するのは、思った以上に体力を消耗してしまうもの。観光地から観光地まで、徒歩での距離が長いなと思ったらタクシーを使うのがおすすめです。ボディーの綺麗なタクシーを見つけるのがおすすめで、乗車中になにかおかしいな、と思ったらすぐ降りてくださいね。

【3】“寒さ”対策、そして折りたたみ傘を忘れずに

3つ目に紹介する夏の台湾を楽しむためのコツは、寒さ対策、そして折りたたみ傘を忘れないようにすること。台湾は散々暑いという話をしてなんで寒さ対策?と思われるかもしれませんが、台湾の室内は冷房ガンガンで寒いくらい、というところも少なくないんです。そのため、羽織れるものなど温度調節できるものを持っていくと安心。
また、夏の台湾では突発的に雨が降ることもしばしば。そんなとき、折りたたみ傘を持っていれば安心ですね。天気予報をチェックしてから、観光に出かけましょう!

【4】南国フルーツを食べつくせ

4つ目に紹介する夏の台湾を楽しむためのコツは、南国のフルーツを食べまくること。日本よりも南に位置する台湾は、南国フルーツがたくさん取れるんです。夏に旬を迎える新鮮なフルーツは日本よりもずっとリーズナブル。たらふく食べましょう!
夜市やスーパーでフルーツを買って楽しむもよし、また台湾にはおいしいフルーツかき氷を楽しめるお店がたくさんあるので、そういった場所で楽しむもよし。マンゴーやパイナップル、ライチなどが夏に旬を迎えます。

【5】ビーチリゾートにも足を運んでみる

5つ目に紹介する夏の台湾を楽しむためのコツは、ビーチリゾートにも足を運んでみること。台湾にビーチのイメージはあまりないかもしれませんが、台湾も日本と同じ島国。回りはぐるっと海な台湾には、やはりビーチがあります。夏の台湾では、街歩きにプラスしてビーチまで足を伸ばしてみるのはいかがですか?

墾丁

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

column_kakikaki旅や生活に関わるコラムを書きます。

このまとめ記事に関して報告する