• はてぶ
  • あとで
目指せお祭りマスター!日本全国の“人生で一度は行きたいお祭り”10選

みなさんお祭りは好きですか。私はお祭りが大好きです!お祭りの時の高揚感や独特の雰囲気はいつになっても変わらず、またお祭りでしか味わえないものだと思います。実は地方にはまだまだ私達の知らないお祭りがたくさんあり、そこでしか味わえない雰囲気は人生で一度は体験したいものです。そこで今回は地方別でお祭りを10選でご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.北海道神宮例祭/北海道札幌市

開催時期:毎年6月14日〜16日

まず初めにご紹介するのは北海道地方から北海道神宮で行われる「北海道神宮例祭」です。毎年6/14〜6/16にかけて開催されるこのお祭りは境内の他に近くの中島公園も合わせ500以上の露店が出店するそうです。
16日に行われる神輿御渡では4台の神輿、8台の山車と1000人以上の市民により街が練り歩かれその迫力は圧倒的です。毎年それを見に多くの観光客が訪れるため時間帯により交通規制があることがあるので事前に確認していくと安心です。

詳細情報

2.さっぽろ雪まつり/北海道札幌市

開催時期:毎年2月

次にご紹介するのも北海道札幌市から、日本一有名な雪まつり「さっぽろ雪まつり」です。さっぽろ雪まつりは大通会場、すすきの会場、つどーむ会場に分かれ開催され毎年たくさんの観光客で賑わいます。
2018年の開催期間は大通・すすきの会場が2/5〜2/12、つどーむ会場が2/1〜2/12となっており会場により開催期間が違うので注意が必要です。雪で作った彫刻の数々はいつか溶けて無くなってしまうのも、なんだか特別な感じがして素敵ですね。

詳細情報

3.青森ねぶた祭/青森県青森市

開催時期:毎年8月2日〜7日

次にご紹介するのは東北地方より青森県青森市で毎年8月に開催される「青森ねぶた祭」です。1980年に国の重要無形民俗文化財に指定され、毎年300万人もの人を集める日本を代表するお祭りの一つです。
ねぶた祭りでは“ねぶた”と呼ばれる中に灯をともした巨大で迫力満点の山車と“ハネト”と呼ばれる参加者が一緒に街を練り歩きます。ハネトは衣装さえあれば観光客でも参加が可能だそうなので、勇気のある方は是非参加して見てください!

詳細情報

青森県青森市青森駅周辺

3.73 18247

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4.秋田竿灯祭り/秋田県秋田市

開催時期:2017年は8月3日〜6日(今年は終了)

次にご紹介するのは秋田県秋田市から「秋田竿灯まつり」です。稲穂に見立てた竿灯と呼ばれる大きな竿を額や肩に乗せ豊作を祈るお祭りで、ねぶた祭りと同じく国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
今年は8月3日〜6日に開催され巨大な竿灯を操る技は迫力満点で、見ていてドキドキしてしまいます。昼間には竿灯の技を競う“妙技会”も開催され、夜とは違った雰囲気で職人たちの技を見ることができます。

詳細情報

秋田県秋田市大町2-2-3

3.37 325

5.湘南ひらつか七夕まつり/神奈川県平塚市

開催期間:毎年7月

次にご紹介するのは関東地方から湘南地区を代表するお祭り「湘南ひらつか七夕まつり」です。七夕まつりといえば東北仙台のものが有名ですが、そちらにも負けずとも劣らず大規模で来場者の多いお祭りです。
開催日は7月の第1日曜日か第2日曜日を最終日とする3日間で、7月7日開催というわけではないので注意が必要です。広い歩行者天国にはたくさんの露店が並び、どこに行こうか迷ってしまいます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する