• はてぶ
  • あとで
最高の夏は埼玉にありました!“夏の埼玉”でおすすめな8つのスポットをご紹介

夏の埼玉がアツい!ということはご存知でしたか?東京や神奈川、千葉の影に隠れて「いや、何もないじゃん」と言われ続けた埼玉。いえいえそんなことありません。夏にこそ楽しみたいスポットが実はたくさんあったんです!今回は、そんな夏の埼玉で絶対おすすめなスポットをご紹介します。(なお情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめいたします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】三波渓谷(ときがわ町)

まずはじめにご紹介する夏の埼玉で行きたいオススメスポットは、「三波渓谷(さんばけいこく)」です。暑い夏は、やっぱり涼しいところへ行きたいですよね。ここ三波渓谷はときがわ町にある美しい渓谷。水辺でひんやりと楽しめます。
渓谷には、綺麗な水が流れています。川の中で遊んでいる人の姿も見かけることも。暑い日に川にざばっと入って遊ぶ楽しさは格別ですよね。そこまで混雑することのない、穴場なスポットなので、のんびり広々遊ぶことが出来そうです。

詳細情報

※2021年7月15日〜8月30日まで、駐車場有料化
※三密を避け、長時間の滞在は禁止

【2】ジョンソンタウン(入間)

2つ目にご紹介するのは、入間にあるジョンソンタウン。名前の通り、アメリカンな雰囲気漂うスポットで、ショッピングやご飯といった時間を過ごすことが出来ます。ドッグカフェやハンバーガー店、餃子専門店など、いろいろな種類が揃っていますよ。
白い壁、海外風の標識といったスペースや、ちょっぴり緑が豊かな場所で、素敵な写真を撮ってみてくださいね。なかなか海外に行きづらい今の時期ではありますが、そんな今だからこそ、プチ旅行気分を味わいたいという方にぴったりのスポットです。

詳細情報

【3】西武園ゆうえんちプール(所沢)

期間 : 2021年7月15日(木)~9月5日(日)

3つ目に紹介する夏の埼玉で行きたいオススメスポットは、西武園ゆうえんちプール。夏のレジャーといえばプール!海のない埼玉県ですが、楽しいプールがいくつもあります。ここもそのひとつ。流れるプールや波のプールなど、ぷかぷか浮いているだけでも楽しいです。
今年は、2021年7月15日(木)~9月5日(日)の期間で開催されます。西武園ゆうえんちがリニューアルオープンしてから初めての夏です。"大水合戦"と名付けられた、夏らしいひと時をぜひ楽しんできてください!

詳細情報

【4】阿左美冷蔵(長瀞)

4つ目に紹介する夏の埼玉で行きたいオススメスポットは、阿左美冷蔵。言わずとしれたかき氷の名店です。長瀞の豊かな自然を生かし、天然氷で作られた絶品かき氷が食べられます。夏の味覚にかき氷は外せません!
古民家のような本店は、おしゃれな雰囲気。そんな中でふわふわのかき氷を食べる贅沢…頭がキーンとしない美味しいかき氷です。夏場の繁忙期は長い時間並ぶこともしばしば。しっかり熱中症対策をしてくださいね。並んだあとのかき氷もまた格別です。

詳細情報

【5】国営武蔵丘陵森林公園(滑川)

5つ目に紹介する夏の埼玉で行きたいオススメスポットは、国営武蔵丘陵森林公園。広大な敷地を持つ、かなり広い公園です。太陽の下、夏は公園で思いっきり遊びたいですよね。四季折々の花々も楽しむことができます。夏の時期は、ヒマワリなどが見頃です。
いろいろな場所を探検してみるのも面白いかもしれません。また、この時期おすすめなアクティビティがサイクリング。木々に囲まれながら、約17kmの道を走り抜けるのは爽快。また、セグウェイツアーもあるのでそちらもオススメです。

詳細情報

asoviewで見る

埼玉県比企郡滑川町山田1920

4.08 37794

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【6】鉄道博物館(大宮)

6つ目に紹介する夏の埼玉で行きたいオススメスポットは、鉄道博物館。とても外に出て遊べない、というほどの酷暑の日は室内スポットを楽しむに限ります。県外からも多くのお客さんがくるここ鉄道博物館は、圧巻の展示数。鉄道好きでなくとも楽しめます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

torigasuki知らない鳥まだまだたくさん

このまとめ記事に関して報告する