ひとり旅×一泊二日。癒され週末旅を過ごすのにおすすめな国内旅行先9選

たまには、ひとりでのんびりと旅行はどうでしょうか?ひとり旅だからこそ、ホテルや旅館をちょっと豪華にしてみたり、夜ごはんは少し足を伸ばしてみたりしてみて、自由気ままに過ごしてみるのはどうでしょうか?今回は週末でもいけるおすすめの一泊二日の国内旅行プランをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

鞆の浦 / 広島県

広島県福山市にあるかつて港町として栄えた街「鞆の浦(とものうら)」。今でも街のところどころで、歴史を感じさせてくれるようなレトロな建物を見かけることができます。ここの景観の美しさは、映画やドラマ、アニメなどの舞台にもなるほど。歩いているだけで楽しく、ひとり旅にぴったりのスポットですよ。

おすすめスポット:景勝館 漣亭

鞆の浦に観光した際におすすめしたい宿は鞆の浦温泉「景勝館 漣亭(さざなみてい)」。瀬戸内海を一望できる露天風呂付のお部屋でゆっくりと過ごすのはいかがでしょうか?どこか懐かしい港町を眺めながら、ゆっくりと過ごすことができます。

新島 / 東京都

東京から飛行機やフェリーで行くことができる伊豆諸島のひとつ「新島」。東京よりも温暖なこの島は、人口約2500人の小さな島で、海風を感じながら、一人でのんびりした時間を過ごしたい人におすすめです。

新島

東京都新島村川原

3.78 6174

おすすめスポット:羽伏浦海岸

「新島」を訪れたら、真っ白なメインゲートが目を引く「羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)」は外せないスポットです。こちらの海岸から見る海は東京とは思えないほどの綺麗なミルキーブルーの色をしています。青い海と白い砂浜という、夏らしさをたっぷり詰め込んだような景色と出会うことができるスポットですよ。

白浜温泉 / 和歌山県

和歌山県にある「南紀白浜温泉」は、日本三古湯の一つで、白い砂浜が美しい白良浜(しららはま)を中心に温泉宿があります。白良浜では、夏は海水浴客でにぎわいます。冬は、美しい砂浜で散策したり、湯上りの散歩コースになっています。温泉に浸かりながらゆっくりと過ごしたい人におすすめです。

おすすめスポット:アドベンチャーワールド

白浜まで来たらぜひ、立ち寄っていただきたいのが「アドベンチャーワールド」です。ここには、4頭のジャイアントパンダファミリーがいるんです。なかなか会うチャンスが無い可愛らしいパンダの姿を写真に収めてくださいね。その他にも、ペンギンやイルカのショーも観ることができます。時間に縛られない一人旅だからこそ、ゆっくりと動物たちを見ることができますね。

船岡温泉街 / 京都府

日本の人気観光地・京都にある、ひっそりとした温泉街「船岡温泉街」。市街地からちょっと離れたところにある裏路地のような場所にあります。日本の歴史が感じられる街並みの中、昭和レトロな銭湯や、お蕎麦屋さんを楽しむことができる穴場スポットです。

おすすめスポット:さらさ西陣

歴史ある「船岡温泉街」で大衆浴場文化を楽しんだ後は、昔銭湯だった建物をリフォームして作られたカフェ「さらさ西陣」で美味しい夕飯を食べるのがおすすめのコース。映画にも登場する趣ある場所は、きっと思い出に残る素敵な時間になるはずですよ。

さらさ西陣

京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11-1

3.89 17253
  • 〜¥999
  • 〜¥999

伊勢神宮 / 三重県

三重県伊勢市と言えばまず思い浮かぶ観光スポット「伊勢神宮」。二千年の歴史を有し、境内には毎年多くの人が訪れています。なんとこの伊勢神宮にはお参りの定番おみくじがないことで有名で、その理由は伊勢神宮に訪れた時点で大吉と同じくらいご利益があるからだそう。ぜひ一度訪れて、そのパワーを体験してみてくださいね。

おすすめスポット:おかげ横丁

参拝を済ませたら訪れたいのが「おかげ横丁」です。「おかげ横丁」は、江戸期から明治期にかけての伊勢路を再現した横丁。そんな雰囲気たっぷりの「おかげ横丁」は毎日観光客で賑わいます。”伊勢うどん”や”てこね寿司”などの美味しい地元グルメがたくさんあります。一人旅では、好きなものを思いっきり食べるのも良いですね。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 誰かと一緒に過ごす時間はかけがえのないものですが、たまには1人の時間も必要。カ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する