• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
アクティブな人必見!フィリピン「セブ」の大自然の楽しむ7つの方法

アジアの旅行先として大人気なフィリピンのセブ島。暖かい気候ときれいな海を求めて多くのアジア人が訪れます。様々なアクティビティがリーズナブルに堪能できるところがセブ島の魅力でもあります。セブ島だからこそ楽しめる体験すべきアクティビティをご紹介します。友達や家族と楽しい海外旅行の思い出をつくりましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ジンベエザメウォッチング

photo by alyssa0690
まず1つ目にご紹介するのは、ジンベエザメウォッチング。セブ島の南にあるオスロブは、野生のジンベイザメと一緒に泳ぐことのできる、世界でも数少ない貴重な場所です。ボートから飛び込み水中に顔をつけると、自分より3,4倍も大きいジンベイザメが目の前に何匹も泳いでいるのです。
photo by alyssa0690
サメというと獰猛なイメージがありますが、ジンベイザメは歯がなく、大人しい性格で人間など気にせず悠々と泳いでいるため襲われる心配は無用です。ここにいるジンベイザメたちはボートから餌付けされており、餌のオキアミを大きな口を開けてゆっくりと飲み込みます。自分の方に向かってくると吸い込まれそうになるスリルがたまりません。
  • Natalio Bacalso Avenue, Oslob, 6023 Cebu, フィリピン]

2.スノーケル

2つ目にご紹介するアクティビティは、スノーケルです。セブ島のビーチは、白砂で、ハワイに負けず劣らず真っ青の海が広がっています。海は穏やかなので、子供も安心して泳げます。透明度が比較的良く、たくさんの鮮やかな魚を見ることができます。
ディズニー映画で人気の出た、カクレクマノミの姿を見れることも多々あります。オレンジの体は太陽の光に照らされるとキラキラと輝き、思わず見惚れてしまうほどです。運が良ければ、ウミガメに遭遇する可能性もあります。
tripComHotelで見る 他の提供元を表示5件
  • Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, 6015 Cebu, フィリピン
  • (63 32) 231 0288

3.パラセーリング

photo by alyssa0690
3つ目にご紹介させていただくのは、パラセーリングです。ホテルのビーチでできるマリンアクティビティとして有名です。パラシュートを体に装着し、ボートが前へ加速すると徐々に上空へと上がっていきます。高さは三段階ほどに分かれていて、自分で選ぶことができますが、パラセーリング初心者は一番下のレベルで十分でしょう。
photo by alyssa0690
爽やかな風に吹かれながら、まるで空にぷかぷかと浮いている気分で、時が止まったかのような安らぎを感じます。上空からしか眺められないセブ島の絶景を、ぜひパラセーリングで堪能してみてください。日本やハワイよりもリーズナブルな価格でやることができるため、おすすめです。少しスリルもあり、リラックスもできるアクティビティです。
tripComHotelで見る 他の提供元を表示5件
  • Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, 6015 Cebu, フィリピン
  • (63 32) 231 0288

4.スタンドアップパドル

※画像はイメージです

※画像はイメージです

4つ目にご紹介するのは、この頃話題となっているスタンドアップパドルサーフィン(SUP)です。パラセーリングと同じように、ホテルのビーチで貸し出しのあるマリンアクティビティの1つです。ボードの上に立ち、パドルを左右に漕いで進みます。
穏やかなセブの海だからこそできるのがSUP。サーフィンより比較的簡単なので、幅広い世代から支持されています。エメラルドグリーンの真っ直ぐに伸びる水平線に向かって、海の風を感じながらパドルを漕いでみてはいかがでしょうか。

5.アイランドホッピング

photo by alyssa0690
5つ目にご紹介するのは、アイランドホッピングと呼ばれる、セブ島近海の小さな離島へボートに乗って遊びに行くアクティビティです。フィリピンは世界で2番目に島の数が多い国で、小さな離島へ渡ると、リゾートホテルが並ぶマクタン島やメインアイランドのセブ島とは比較にならないほど美しい海が広がっています。
photo by alyssa0690
ボートを降りて、写真のような大きなサンドバーから上陸します。アイランドホッピングの中でも特に人気の高いパンダノン島は、セブの代表的な写真に使われるほど真っ白の美しい砂浜が広がっていることから、「天国に一番近い島」と呼ばれています。現地のスタッフがバーベキューを用意してくれているので、海の風を感じながらゆっくり食事を楽しめます。パイナップルやマンゴーなどの南国のフルーツもぜひ試してみてください。
  • Pandanon Island, Philippines

6.滝遊び

6つ目にご紹介するのは、カワサン滝(Kawasan Fall)でする滝遊びです。カワサン滝は、セブ島の中で最大の滝です。入口から15分ほど山道を歩くと、突然エメラルドグリーンの滝壺が現れます。外国人観光客だけでなく、地元の若者も訪れる人気のスポットであり、滝壺で泳いだり、写真のようなバンブーボード(竹のボート)で滝の下まで行って滝修行をすることもできます。
滝の下に入ると、上から打ち付ける水流があまりに強く、服がボロボロになってしまう人もいるそうです。エメラルドグリーンの滝壺と共に山のオアシスを感じたい方、滝の威力を味わいたい方、ぜひカワサン滝を訪れてみてはいかがでしょう。
  • Badian, 6031 Cebu, Philippines
  • +63 926 963 6550

7.ダイビング

最後にご紹介するのは、ダイビングです。世界中のダイバーが集まるほど、セブの周辺を取り囲むサンゴ礁のすばらしさは有名です。たくさんのダイビングスポットがありますが、私がおすすめしたいのが、最初にご紹介したジンベエザメのいるオスロブからボートで15分ほどのところにあるスミロン島です。フィリピンで初めて海洋保護区に指定され、とにかくサンゴや生物が豊富です。
photo by alyssa0690
ここでスミロン島の補足ですが、至る所にハンモックや屋根付き小屋がおいてあり、海を見ながらダイビングで疲れた身体をマッサージで癒すこともできます。また、とても小さな島にも拘わらす宿泊施設が一つあり、ウォーターフロントの部屋に泊まれば、目を覚ました瞬間からエメラルドグリーンの海を堪能できます。スミロン島は比較的人が少ないので、落ち着いた雰囲気と共に最高のバカンスが味わうには絶好の場所です。
  • sumilon island Philippines

大自然を堪能しよう!

※写真はイメージです

※写真はイメージです

セブ島で体験できるバラエティ豊かなアクティビティをご紹介しました。真っ青な海に囲まれたセブ島ならではの美しい自然を全身で楽しんでみてください。非日常感溢れる楽園で過ごす贅沢なひと時は、素敵な海外旅行の思い出となるでしょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する