• はてぶ
  • あとで
世界の七不思議を旅しよう。いつかこの目で見てみたい世界の7つの場所

世界の七不思議とは、古典古代(古代ギリシャ・古代ローマ時代)における7つの注目すべき建造物から言われ始めた言葉。時を超え、今ではその場所も新たに、現代版の「世界七不思議」が発表されています。ぜひご覧ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

世界の七不思議

世界の七不思議の「不思議」とは決してオカルトなどの超常現象やミステリーのことを指すのではなく、ギリシア語で「必見のもの」という意味を持っています。つまりこの七不思議とは建築物として世界的にすごいものを指しているのです。それではその7つをご紹介していきます。

1. 中国の万里の長城

世界の七不思議、まず1つ目にご紹介するのは中国にある「万里の長城」です。ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されているこの場所は、現存する人工壁のの長さで6,259.6kmを誇ります。
「宇宙から肉眼で見える唯一の建造物」と比喩されるほど巨大な建造物で、多くの観光客も訪れる観光スポット。世界でももっとも長いこの建物は一度は訪れる価値ありの場所です。

詳細情報

3.39 3158

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. インドの廟堂タージ・マハル

世界の七不思議、2つ目にご紹介するのはインドの「タージ・マハル」です。総大理石の墓廟でインド・イスラーム文化の代表的建築であるタージ・マハル。真っ白なその建物はまさに絶景です。
赤砂岩の南門をくぐると広大な正方形の庭園があり、その向こうにタージ・マハルが立っています。世界各地から取り寄せた28種類もの宝石・鉱石がはめ込まれており、その美しさは「天上の7つの楽園をも凌ぐ」といわれるほどです。

詳細情報

Taj Mahal, Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj Agra, Uttar Pradesh 282001 インド

3.40 13610

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. イタリア・ローマの古代競技場コロッセオ

世界の七不思議、3つ目はイタリア・ローマにある「コロッセオ」です。ローマ帝政期に造られた円形闘技場であるコロッセオは、今はローマを代表する観光地として多くの人が訪れています。
約5万人を収容できたとされるこの闘技場は、今は崩れている箇所がありさえするものの、当時を彷彿とさせる圧巻の景色が広がっています。ローマ市街からのアクセスもいいためぜひ訪れたい定番スポットです。

詳細情報

Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma RM, Italy

3.69 6308

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. ヨルダンの古代都市遺跡群ペトラ

世界の七不思議、4つ目にご紹介するのはヨルダンにある「ペトラ」です。ギリシャ語で崖を意味するペトラは死海とアカバ湾の間にある渓谷にある古代都市遺跡群です。「時の刻みが止まったバラ色の古代都市」と呼ばれる不思議な場所。
都市にはシクを通って入ります。シクは、両側に高さ80mの絶壁がそびえ立つ、1kmを超える狭い通路です。巨大な赤い山と太古に没した民族の広大な霊廟は、現代の世界とは切り離されたような幻想的な空間が広がっています。

詳細情報

5. ブラジル・リオ・デ・ジャネイロのコルコバードのキリスト像

世界の七不思議、5つ目にご紹介するのはブラジル、リオデジャネイロにある「コルコバードのキリスト像」です。名前だけ聞くとピンとこないかもしれませんが、一度は写真などで見たことがあるはず。
ブラジル独立100周年を記念して作られた像で、高さ39.6メートル(内台座の高さが9.5メートル)、左右30メートル、635トンの重量があります。中は150人程が入れる礼拝堂になっており、今やリオデジャネイロとブラジルの象徴として知られています。

詳細情報

Parque Nacional da Tijuca - Alto da Boa Vista, Rio de Janeiro - RJ, ブラジル

- 015

6. ペルーのインカ帝国遺跡マチュ・ピチュ

PIXTA
世界の七不思議、6つ目はペルーの「インカ帝国遺跡マチュ・ピチュ」です。15世紀のインカ帝国の遺跡で標高2,430mのところにあります。「空中都市」「インカの失われた都市」などと呼ばれるこの場所は幻想的な空気が流れています。
なおこのインカ帝国はスペインによる制服によって滅亡しましたが、アンデス文明は文字を持たないため、マチュ・ピチュの遺跡が何のために作られたのかは未だ明確にわかっていないそう。

詳細情報

3.54 10500

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7. メキシコのマヤ遺跡チチェン・イッツァ

世界の七不思議、最後はメキシコの「マヤ遺跡チチェン・イッツァ」です。後古典期マヤの遺跡で総面積は約1.5平方マイルに及びます。「ククルカンのピラミッド」、「ククルカンの神殿」と呼ばれるピラミッドが有名。
またマヤ人は現代の技術など全くないその当時から、太陽暦の1年をマヤ人は365.2420日と計算していたそう。現代天文学がコンピュータで計算した1年は365.2422日で、ほとんど狂いなく、暦を理解していたことがわかります。

詳細情報

3.17 167

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

世界の七不思議を見に行こう

いかがでしたか?世界の七不思議はそれも圧倒的な建築物ばかり。歴史に名を残す絶景を見に、旅に出てみてはいかがですか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する