• はてぶ
  • あとで
息をのむほど美しい。「琵琶湖」を見ることが出来る絶景スポットまとめ

日本一大きい湖“琵琶湖”。日本人なら一度は見たいですよね。今回は、そんな広大な琵琶湖を見ることができるホテル・カフェなどを始めとした絶景スポットをご紹介します。とっても美しく感動してしまいますよ。カップル旅行や、女子旅、家族旅行で琵琶湖へ行く時の参考にしてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

絶景スポット

【1】琵琶湖テラス

「びわこバレイ」のロープウェイ山頂駅の隣に琵琶湖を一望することができる「琵琶湖テラス」があります。とっても標高が高いところにあるので、目の前一体が青い綺麗な湖でいっぱいになりますよ。ウッドデッキのテラスのオシャレなソファやいすに座って、くつろぎながら見れるなんてとても贅沢ですよね。

詳細情報

滋賀県大津市木戸1547-1 びわ湖テラス

4.40 731096

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【2】浮御堂

次にご紹介するスポットは、松尾芭蕉が愛したといわれる「浮御堂(うきみどう)」です。湖上に突き出たお寺が特徴的ですよね。まるで湖に浮かんでいるように見える不思議で神秘的なお寺です。また、浮御堂の中には千体の阿弥陀仏が安置され、その仏の像を見ることもできますよ。

詳細情報

滋賀県大津市本堅田1-16-18

3.20 18165

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】白髭神社

次にご紹介するスポットは“近江の厳島神社”とも言われる「白髭神社(しらひげじんじゃ)」です。琵琶湖の湖に浮かんでいる鳥居が何とも存在感があります。夕日や朝日をバックに見る白髭神社はとても美しく、感動的ですよ。「白髭神社」は長寿にご利益がある歴史ある神社です。

詳細情報

【4】琵琶湖大橋

次にご紹介するスポットは、「琵琶湖大橋」です。この橋は、大津市と守山市に架かる長い橋です。真ん中に船が通れるようアーチ状になっていて、何ともフォトジェニックな美しい橋になっています。

詳細情報

【5】近江舞子

次にご紹介するスポットは、「近江舞子(おうみまいこ)」です。海水浴場になっており、白くて綺麗な砂浜から広大な琵琶湖を眺めることができます。砂浜と琵琶湖のマッチはとっても素敵で圧倒されますよ。

詳細情報

【6】彦根城

次にご紹介するスポットは、人気ゆるキャラの“ひこにゃん”でおなじみの「彦根城」です。小高い丘陵の彦根山に造られ、天守を始めとした多くの部分が国宝として指定されている歴史あるお城ですよ。また、天守閣からは琵琶湖を見渡すことができます。滋賀県の街並みと、綺麗でかつ広大な琵琶湖を歴史ある「彦根城」から見ることができるなんてとっても贅沢ですね。

詳細情報

絶景ホテル

【7】セトレマリーナびわ湖

まず最初にご紹介するホテルは、「セトレマリーナびわ湖」です。琵琶湖と比良の山々に囲まれた贅沢なプライベートリゾートです。客室からは琵琶湖を見渡すことができ、ハンモックが付いている客室では揺られながらゆっくり琵琶湖を堪能できますよ。

詳細情報

tabelogで見る

滋賀県守山市水保町1380-1 ヤンマーマリーナ内

3.81 15417

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【8】琵琶湖ホテル

次にご紹介するホテルは、「琵琶湖ホテル」です。京都駅から約20分のところにあり、交通の便も良くと手も行きやすいですよ。客室は全室レイクビューになっていて、贅沢に琵琶湖を一望できます。客室は、青や水色を基調とした清潔感のあり湖の色とマッチしています。まるで琵琶湖中でくつろいでいるような気分になりますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する