• はてぶ
  • あとで
絵になる景色!シンガポールで写真を撮りたくなる7つのスポット

近年、東南アジアへの旅行に行く方が増えています。その理由ついて考えられるのが、シンガポールにフォトジェニックなスポットが多いという点、比較的治安が良いという点があります。これらを踏まえて、厳選した絶対に外せないフォトジェニックなスポットについてご紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. カンポン グラム地区

1つ目にご紹介するのは、カンポン グラム地区です。ここのおすすめポイントは、町並みがフォトジェニックであるという点からです。伝統的なレストランや食堂をたくさん目にすることが出来ます。上質な伝統文化を体感することが出来ます。
食堂やレストランのみに関わらず、フォトジェニックなカフェが沢山あります。カフェをはしごして見てはいかがでしょうか!また、黄金のモスク”サルタン・モスク”もこちらにあります。シンガポール独特の文化だけでなく、イスラムの文化も見れます。ここで沢山写真を撮ってみてはいかがでしょうか。おなかも思い出も満たせる事でしょう。

詳細情報

  • 3 Muscat Street, Singapore 198833

2. クラークキー地区

2つ目に紹介するのは、クラークキー地区です。こちらには、バーやレストランがたくさんあります。良い点としては、SF映画の世界に入ったような景色を見ることが出来ます。ライトで色が変わる巨大な屋根があり、まさにこちらは、UFOそっくりです。ぜひ、ライトアップされた夜景とともに、シンガポール料理を堪能してみてください。
また、ここでおすすめするのは、景色が綺麗という理由だけではありません。ここでは、グルメに関しても良いです。クラークキー名物の”チリクラブ”という料理がおすすめです。トマト、チリ、溶き卵で作ったソースの中に、生きたままのかにを入れてボイルした料理です。シンガポールの現地料理ですので、ぜひ挑戦して見てください。しかし、訪れた時期によってかにの相場が異なるので、訪れる前には値段の確認をしてから、いってみてください。

詳細情報

3. タンジョンパガー

3つ目に紹介させて頂くのは、タンジョンパガーです。シンガポールのビジネスモールの
中心地です。こちらにはカラフルな建物が沢山並んでいます。ここで特におすすめしたいカフェは”Drury Lane Cafe”(ドゥルーリー レーン カフェ)です。外装が赤いお店であまり広くないお店です。店内が、ヨーロッパを感じさせるような、落ち着いた雰囲気が漂う場所です。人気があるお店ですので、時間を考えて訪れる事をおすすめします。
この場所には、かわいいカフェもありますが、様々な種類のフルーツを売っている”タンジョンパガープラザ・マーケット&フードセンター”です。1階はフルーツが沢山ある市場になっており、2階はそのフルーツを生かした屋台になっています。ぜひ、食べてみてください。

詳細情報

  • Tanjong Pagar Road, シンガポール
  • 6222 6698

4. ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

4つ目に紹介するのは、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールです。東南アジア初のハリウッド映画のテーマパークです。島にあるから遠いと思った方もいるかもしれませんが、シンガポールがあまり大きな国ではなく、MRTやバスなどの交通の便も非常に良いです。
こちらのテーマパークは、USJよりアトラクションの数が少ないです。しかし、ここでしか乗ることが出来ないアトラクションが、多数あります。テーマパークの規模自体が日本よりもコンパクトになっているために、園内での移動は楽かもしれません。しかし、東南アジアですから、暑さ対策を忘れないでください。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する