• はてぶ
  • あとで
東京から日帰りOK!茨城県の大自然が満喫できるロケーション抜群な温泉8選

茨城県には有名な温泉地がありませんが、知られてはいない魅力的な温泉施設がたくさんあるんです。今回は、中でも茨城県の大自然を満喫しながら楽しめる、山の頂上や滝の近く、湖の近くにあるロケーション抜群な日帰り温泉地をピックアップして、紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1選目:五浦観光ホテル本館/別館大観荘

最初にご紹介するのは、近代日本画壇の巨匠として有名な横山大観が、好んで描いたとされる五浦海岸にあるリゾート温泉ホテル“五浦海岸ホテル”です。こちらには「本館」と「別館 大観荘」があります。絶景が自慢の露天風呂には「別館 大観荘」で入る事ができます。
こちらの温泉は、火山帯がない茨城では珍しく、100%天然温泉の源泉かけ流しとなっています。この贅沢な源泉かけ流しのお湯を、眼下に広がる雄大な太平洋を見渡し、日本近代美術発祥の地と言われる絶景を眺めながら、ゆっくりと楽しんで頂きたい温泉です。
3.04 118

2選目:袋田温泉

次にご紹介する“袋田温泉”は、久慈郡大子町にある日本三大名瀑のひとつ「袋田の滝」で知られる滝川沿いにあります。こちらの温泉の歴史は古く、言い伝えでは平安時代から温泉が出ていたと言われており、「湯八幡神社」「湯入」等の史跡や地名に名残りを感じる事ができます。
こちらの温泉では、川のせせらぎを感じる渓流沿いに露天風呂がある思い出浪漫館と関所の湯、木のぬくもりを感じる檜風呂でお湯を楽しめる滝味の宿 豊年満作等で立ち寄り湯を楽しむ事ができます。是非、お好みの温泉にゆっくりと浸かり、疲れを癒やして下さいね。

3選目:天然温泉 きぬの湯

常総市にある“きぬの湯温泉”は、2本の源泉より溢れる豊富なお湯を、源泉かけ流しで楽しむ事ができる温泉です。きぬのように優しく注がれ、湯船よりゆっくりと溢れ出すお湯を肌で感じる事ができます、広々とした湯船に心ゆくまで浸かって日頃の疲れを癒やして頂きたい温泉です。
こちらには15種類の温泉を楽しめる本館と家族風呂があります。本館では「いい湯めぐり 入湯プログラム」という、サウナや寝湯等の様々な種類のお湯を利用した、おすすめの入浴方法をプログラムとして作ってあります。是非、ご自分にあったプログラムを試してみて下さいね。
jalanで見る

茨城県常総市内守谷町きぬの里1-5-6

3.18 226

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4選目:筑波山ホテル青木屋

日本百名山のひとつである筑波山の中腹にある“筑波山ホテル青木屋”。こちらでは眼下に筑波学園都市を、見渡した先には美しい富士山、頭上にはどこまでも広がる青い空、そして頬には優しい自然の風を感じながら入って頂く事ができる、パノラマ露天風呂があります。
こちらの温泉は、豊かな自然に囲まれた筑波山麓の天然温泉を利用した温泉です。絶景を見ながらお湯を楽しむ事ができる日帰り入浴プランは、12時から15時までの予約制となっています。必ず事前にホテルに連絡してから、足を運んで下さいますようお願い致します。
rakutenで見る

茨城県つくば市筑波753-1

3.37 25

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5選目:湯の澤鉱泉

5件目にご紹介するのは、大宮市山方にあり、自然豊かな里山に佇む一軒宿“湯の澤鉱泉”です。こちらの温泉には6000坪の広大な敷地を利用し、ご主人が自ら作られた遊歩道があります。春には桜、夏にはホタル、秋には紅葉というように四季折々の風情を感じる事ができますよ。
150年前より湯治場として愛されてきたこちらの温泉は、手触りが優しく、ぬるりとした感触が特徴です。趣きの違う岩風呂と檜風呂の浴槽は、時間毎に替わる男女入替制となっています。是非、こちらの温泉でゆっくりと湯浴みしながら四季の移ろいを感じて下さいね。

6選目:あんこうの宿 まるみつ旅館

6件目にご紹介するのは、毎分323リットルの豊富な湯量を誇る源泉を利用した、北茨城 平潟港温泉“あんこうの宿 まるみつ旅館”です。こちらは、平潟港に水揚げされたあんこう等の新鮮な魚介類を、どぶ汁やあん肝のソテー等で味わう事ができる、海鮮料理旅館です。
趣きの異なる3種類の浴場は、男女入替制となっています。畳敷きの浴場にちゃぶ台等が置いてある和室風呂、高級赤御影石を使用した御影・十和田石風呂、そして浴槽に海藻がたっぷり入った海藻露天風呂があります。是非、それぞれのお湯を楽しんで頂きたい温泉です。
3.10 17

7選目:かんぽの宿 潮来

春に開催される「あやめまつり」や、白鳥が越冬に訪れる事で有名な水郷の町、北浦の高台にある“かんぽの宿 潮来”は、テニスコートやカラオケルーム等の施設が充実した温泉リゾートホテルです。近くには鹿島神宮や小江戸・佐原もあります。是非、足を運んでみて下さいね。
美しい水郷の景色を見渡す事ができる高台にある、こちらの天然温泉展望大浴場には、「朝陽の湯」と「夕凪の湯」があります。趣きの異なるふたつのお湯にゆっくりと浸かり、目の前に広がる美しい湖面と、水辺を囲む豊かな自然を楽しんで頂く事ができる温泉です。
rakutenで見る

茨城県潮来市水原1830-1

写真を投稿する
3.03 10

8選目:霞浦の湯

最後にご紹介するのは、国内で2番目に大きい淡水湖としても有名な霞ヶ浦湖畔にたたずむ“展望の湯 霞浦の湯”(かほのゆと読みます)です。水郷筑波国定公園の玄関口となるこちらの温泉付近では、バードウォッチングや昆虫採集等をしたり、自然散策を楽しむ事ができます。
霞ヶ浦のキラキラと輝く湖面と、筑波山に沈む美しい夕日を望む事ができるこちらの温泉は、北海道にある長万部二股温泉の石灰華原石にお湯を通してできた、炭酸カルシウム人口温泉です。「紫峰の湯」と「霞の湯」というふたつの浴場を、男女日替わりで楽しむ事ができます。

茨城県土浦市大岩田255

写真を投稿する
- 00

いかがでしたか?

今回は茨城県の魅力の一つである、壮大な自然を思いっきり楽しめる温泉施設を紹介しました。関東地方や東北の南側からであれば日帰りも可能なので、週末にサクッと疲れを癒しに、茨城の温泉を訪れてみて下さい!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する