静岡県にある注目の「吊り橋」スポット12選。スリルと絶景の吊り橋へ!

皆さん、吊り橋はお好きですか? そして、静岡県にはたくさんの吊り橋があることをご存知でしょうか。吊り橋には、普段は味わえないスリルと絶景がたっぷり詰まっています。ここでは、東京都心からのアクセスも良好な静岡にあるおすすめの吊り橋スポットを12つご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

八橋小道 / 静岡・川根本町

8つの吊り橋を歩く遊歩道

"八橋小道(やっぱしこみち)"は、8つの吊り橋を渡ることができる遊歩道です。大井川鉄道の"接阻峡(せっそきょう)温泉駅"の近くにあります。"ラブ・ロマンス・ロード"と称され、"若宮神社(男の神)"と"こだま石神社(女の神)"を参拝することができます。

宮沢橋

"宮沢橋(みやんざわばし)"は、階段状吊橋として日本で一番の長さを誇る吊り橋です。階段上の吊り橋自体が珍しいので、ぜひチェックしてほしいポイントです。その後に続く"犬返り橋"も、階段状吊橋になっています!

静岡県榛原郡根本町梅地川

3.14 04

夢の吊橋 / 静岡・川根本町

まるでファンタジーの世界

"夢の吊橋"は、静岡で一番有名な吊り橋なのではないでしょうか。寸又峡にあるこの"夢の吊橋"は、エメラルドグリーンの水面の上に架けられている吊り橋です。日本で一度は渡りたい橋と言われており、とんでもない絶景に出会うことができます。
一度に渡ることが出来るのは10人まで。ハイシーズンは混雑が予想されます。また、橋の真ん中でお祈りをすると、恋愛が成就するというパワースポットでもあります。意中の人がいる方は、勇気をもって、吊り橋を渡りましょう!

三島スカイウォーク / 三島市

日本で最長のつり橋

日本最長の吊橋、"三島スカイウォーク"をご紹介します。こちらは、歩行者専用の吊り橋の中で日本最長の吊橋です。その全長は、なんと400メートル。天気が良いときは、きれいに富士山を眺めることが出来ます。
吊り橋を渡った先には、展望デッキがあります。駿河湾や三島の街並みを眺めることができます。また、もう一つ注目したいのが、"フラワードロップ"と呼ばれる試みです。花の種が仕込まれている木製のプレート。そのプレートを谷に投げ、いつか花咲く日を祈るのです!

静岡県三島市笹原新田313 三島スカイウォーク

3.15 701762

城ヶ崎つり橋(門脇吊橋)/ 静岡・伊東市

海の絶景を体感

"城ヶ崎つり橋 (門脇吊橋)"は、海の上にある吊り橋です。吊り橋の下は海。スリルと絶景を楽しむことが出来る吊り橋スポットなのです。また、城ケ崎海岸は、伊豆の絶景ポイントのひとつであり、伊東八景とも呼ばれています!
城ケ崎海岸は、日の出が美しい岬としても有名なスポットです。火山岩に由来するごつごつとした岩は、光の角度、光の強さによって、表情を変えます。見飽きることのない景色を、朝から満喫する旅プランもいかがでしょうか。

畑薙大吊橋 / 静岡・静岡市

「秘境」の吊り橋

茶臼岳の登山口にある「畑薙(はたなぎ)大吊橋」をご紹介します。この橋にたどり着くためには、駐車場からさほど険しくない林道を40分ほど歩く必要があります。歩いた先に見える吊り橋は、まさに「秘境」とよぶのにふさわしい絶景です。
幅は狭く距離が長いので、スリル満点です。また、紅葉の名所としても知られていて、10月下旬から11月中旬の景色は格別です。周辺には秘湯の「赤石温泉」もあるので、併せてぜひ足を運んでみてください!

静岡県静岡市葵区田代

3.16 026

塩郷の吊橋 / 静岡・川根本町

電車と吊り橋

SL列車と吊橋のコラボレーションが楽しめる"塩郷の吊橋"をご紹介します。寸又峡にある吊り橋です。全長220メートルで、その橋の下を大井川鉄道が走る珍しい吊り橋なのです。SLが通過するときは、まさにスリル満点です!
塩郷の吊橋はあまり高さはないため、SL列車が足元すれすれを通るような距離感なんです!吊り橋の上から見ても横から見てもスリルを感じます!また、夕方にも美しい光景が楽しめます。吊り橋を下から眺めると、夕焼けの光が美しく幻想的な光景が広がります。

静岡県榛原郡川根本町 塩郷の吊橋

3.28 478

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する