• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
フォトジェも絶品グルメも満喫!女子旅おすすめの台湾2泊3日プランはこれだ

日本から比較的訪れやすい海外旅行先として人気の「台湾」。この夏休みやシルバーウィークなどに訪れる予定の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フォトジェニックスポットも絶品グルメも満喫し尽くす、女子旅におすすめの台湾2泊3日プランをご紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

▷ 1日目

10:00頃 ▷ 台湾・台北到着

台湾へ向かう飛行機は多くあり、自分のライフスタイルや旅行予算によって選ぶことができます。現地時間を十分に使いたい方は、早朝出発のLCCなどを使ってみるのもおすすめです。東京から台北は約4時間、沖縄から台北はなんと1時間40分で到着します。

12:00頃 ▷ 牛肉麺(ニュウロウミェン)ランチ

老董牛肉麵

空港に到着したら、出国審査や両替などを済ませてホテルへ向かいましょう。重い荷物をホテルに預けたら、台湾旅行の開始です。まずは腹ごしらえ。初日のランチには、台湾のローカルフード「牛肉麺」をいただきましょう。
おすすめは、こちらの「老董牛肉麵」です。日本人がよく宿泊するのに選ぶエリア「中山」の比較的近くにあり、台北牛肉麺フェスで2度優勝したことがある絶品店です。さっぱりめの牛肉麺をいただくことができます。

詳細情報

  • No. 35, Minsheng West Road, Zhongshan District, Taipei City, Taiwan, Province of China

14:30頃 ▷ 十份でランタンを上げよう

腹ごしらえをしたら、十份でランタンを上げにいきましょう。台北市内から十份までは車で1時間ほど。十份へのアクセス方法は色々ありますが、筆者のおすすめはタクシーです。一般のタクシーを利用しても良いですが、配車アプリを利用するとさらに安く行くことができます。
ランタンに願い事を描いて、空高く飛ばすことができるなんてロマンティックですよね。お店の方が写真も撮ってくれるので、思い出になること間違いなし。稀にその場で燃えてしまうこともありますが、それもきっと思い出になるはず。

詳細情報

  • 226 台湾 New Taipei City, Pingxi District, 十分老街
  • +886-2-24951510

17:00頃 ▷ 九份の雰囲気を満喫

ランタンを上げたり、十份の街並みを楽しんだら、九份へ向かいましょう。九份へのアクセス方法もいくつかありますが、おすすめはタクシー。十份から九份まではおよそ1時間。天候や時間を気にせず効率よく観光をすることができます。
もしくは、電車で十份から瑞芳(ルイファン)駅まで行き、そこからタクシーに乗るのもおすすめです。十份から瑞芳へ伸びる平渓線は、それ自体が観光スポットになるほどの路線です。時間が合えば、ぜひ乗ってみてください。

阿妹茶酒館

九份でのおすすめは、映画「千と千尋の神隠し」に出てくるシーンのモデルになったとも言われている「阿妹茶酒館」です。美味しい中国茶を堪能することもできるこちら。台湾らしさと九份らしさを一度に堪能できる、ぜひ訪れて欲しいスポットです。

詳細情報

  • jiufen Taiwan,
  • +886 3 382 5373
  • 224 台湾 New Taipei City, Ruifang District, 市下巷20號
  • (+886) 224960833

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 夏の旅行の計画は進んでいますか?今回はおしゃれな旅好き女子に送る「フォトジ...

  • 日本から約4時間のフライトで行く事のできる台湾。美味しい台湾グルメや夜市、...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

korea_master韓国への愛がとまりません。

このまとめ記事に関して報告する