• はてぶ
  • あとで
【女子必見】日本でも大人気のUGGブーツ。南太平洋の楽園フィジーで低価格&オーダーメイドで作れちゃう!

近年日本の街中でもよくみかけるオーストラリア発祥のムートンブーツ・UGGブーツ。その直営工場がなんと、南太平洋に位置する常夏の国フィジーにあるんです。日本より安い値段でかつオーダーメイドで購入できるとのこと。その全貌を今、明らかに!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

UGGブーツって知ってますか?

このフォルム!このロゴ!街中で履いている人を見たことないですか?
もちろんすでにお持ちの方も多いと思います!

UGGとは高品質な羊の毛皮を使ったブーツを指す総称で"アグ"と読みます。 可愛らしいデザインと抜群の保温性、そして履き心地の良さを兼ね備えているため、現在世界中で大人気の定番フットウェアとなっています。

出典:ugg-guide.com

オーストラリアで1920年代に登場したUGGブーツは当初、羊毛刈りの職人さんたちの間で広まりました。 彼らは当時、まだ洗練されていなかった自分たちの不恰好なブーツをUgly Boots(格好悪いブーツ)と呼んでいました。

出典:ugg-guide.com
なるほど、だからUGGっていうんですね!

冬には驚くほど暖かいUGGですが、通気性に優れているため春や秋にもほとんどムレることはありません。

出典:ugg-guide.com
ファッション性、機能性どちらもバッチリのUGGブーツ!最高です!

なんでフィジー???

そんな魅力的な羊毛100%あったかUGGブーツがまさかの常夏の国フィジーに?
しかも安い?オーダーメイド?なぜなんだーーーー!

UGGブーツの工場が何とフィジーにあるんです。

出典:www.seaside-ryugaku.com

工場は、ナンディ国際空港の滑走路脇のナマカ地区にあります。
素材であるシープスキンも機械もオーストラリアから取り寄せられたもので、オーストラリアUGGと同じ製法で生産されています。

出典:www.seaside-ryugaku.com
なるほど、直営の工場があるんですね~!

ショールーム兼ショップも併設しているので購入はもちろん、平日の工場が稼働されている時間内であれば、工場見学もでき、こちらではブーツの型、シープスキンのカラー、パーツ、タグ、ソールの種類も選べ、自分のオリジナルブーツを作ることができます。

出典:www.seaside-ryugaku.com
ほ~世界にひとつしかないオーダーメイドのUGGブーツが作れちゃうわけですね!
ほら、こんなにカラフル!

気になるお値段は?!

ブーツの型、オーダーの多さ等にもよりますが、8000円くらいで購入される方が多いようです。日本では2万、3万円するものがその値段で購入でき、オーダーもできてしまうのは、大変お得ではないでしょうか。

出典:www.seaside-ryugaku.com

何とオーダー料金はなく値段は店舗の既製品と同じ!1時間ほど(フィジータイムなので目安として考えましょう♪)待てば完成です。

出典:www.seaside-ryugaku.com
奇跡の半額以下!これはつくるっきゃない!
ぜひフィジーに訪れた際はお気に入りの一足をつくってみてくださ~い!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する