• はてぶ
  • あとで
あなたを待っている!南太平洋の楽園パラオのおすすめ観光スポット15選

パラオといえばダイバー憧れの聖地,そしてオールシーズン楽しめる南太平洋の楽園。そんなパラオのおすすめの観光スポットをまとめました。思いっきり泳いだり,潜ったり,イルカやクラゲと触れ合えるおすすめの観光スポットが盛りだくさんです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① ミルキーウェイ

パラオといえば青い海!なかでも外せないのが,世界遺産に登録されたロックアイランド群と南ラグーンです。15選トップを飾るのは,そのロックアイランド群の一つ,ウルクターブル島の入り江にある大人気の定番観光スポット,ミルキーウェイです。美白効果があるといわれる海底の白い泥を塗りたくって,天然泥パックを楽しみましょう。一気にリゾート気分が高まります!
【名称】  ミルキーウェイ(Milky Way)
【住所】  Rock Islands
【アクセス】 コロールからボートで約20分

東京都豊島区東池袋1-12-8 富士喜ビル2階

3.81 3092

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② ジェリーフィッシュレイク

15選続いての登場はロックアイランドの中心、マカラカル島にある海水湖,ジェリーフィッシュレイクです。こちらも定番の観光名所ですね。世界でもここだけ,というクラゲとの水中体験を堪能して,たっぷりと癒されましょう。
【名称】 ジェリーフィッシュレイク(Jelly Fish Lake )
【住所】 Jelly Fish Lake,Palau
【アクセス】 コロールからボートで約30分

③ ロングビーチ

パラオのロングアイランド観光では,やはりこのロングビーチもはずせないですね。残念ながら,現在のロングビーチは2012年12月の台風の影響によりきれいに道がつながることはなくなってしまいましたが,パラオの美しい海を堪能できる観光スポットであることに変わりはありません。
【名称】 ロングビーチ(Long Beach)
【住所】  Rock Islands
【アクセス】  コロールからスピードボート約40分

Long Beach, CA

- 032

④ ガルメアウス島

パラオの世界遺産,ロックアイランドを巡るツアーで定番のスポットがここ,ガルメアウス島です。世界遺産エリアの中心に位置するため便利であることはもちろんですが,ダイビングスポットとしても人気。
【名称】 ガルメアウス島 ( Ngermeaus Island )
【住所】  Rock Islands
【アクセス】 コロールからスピードボートで約30分

⑤ ヘリコプター遊覧ツアー

せっかくパラオに来たら,予算を確保して体験したいのがヘリコプターに乗っての遊覧飛行。上空から見るパラオの海の美しさは必見です。地図でどの方向に行くかも教えてくれるので,何よりの旅の思い出になります。
【名称】 ヘリコプター遊覧ツアー(Helicopter Tour )
【住所】  Koror

⑥ ドルフィンズ パシフィック

予算と日数を確保してぜひチャレンジしたいのは,こちらのドルフィンズパシフィックでのコースです。イルカを飼育する世界最大級の研究施設で,様々なプログラムが用意されていてイルカと触れ合うことができます。時間が決まっているので,ツアーに参加していくと便利。
【名称】  ドルフィンズ・パシフィック(Dolphins Pacific)
【住所】  P.O.Box 10044 Koror, Republic of Palau 96940
【連絡先】  Tel: 680-488-8582 ※(680)は国番号

⑦ パラオ国立博物館

ミクロネシア最古の博物館。パラオの歴史や文化が学べます。敷地内にパラオの伝統的建築物であるバイ(集会所)や第二次世界大戦の戦跡があります。せっかくですから,遊ぶだけでなくパラオについて詳しくなっておきましょう!
【名称】  パラオ国立博物館 ( Belau National Museum )
【住所】  Koror
【営業時間】 月曜~金曜 9:00~17:00 / 土曜 10:00~17:00 / 日曜 13:00~17:00
【定休日】 不定休
【料金】 大人$10 / 6~11歳$5 / 6歳未満無料

⑧ パラオ国際サンゴセンター(パラオ水族館)

泳ぐことが苦手でも,パラオの海の水中生物を楽しむことの出来る水族館。たまにはゆっくりと過ごすのもいいですね。ここで勉強してから潜るのもおすすめです。
【名称】 パラオ国際サンゴセンター(Palau International Coral Reef Center )
【住所】  Koror Palau
【営業時間】 月曜~金曜 8:00~17:00 土曜・日曜 9:00~17:00
【定休日】 12月25日、1月1日
【料金】 大人・子供(6歳以上)$10、幼児(5歳以下)無料
3.48 130

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑨ エピソンミュージアム

パラオの歴史や文化についてさらに知りたければ,こちらのミュージアムにも立ち寄りましょう。とりわけ2階のギフトショップが充実しているのが人気です。
【名称】  エピソンミュージアム( Epison Museum )
【住所】  Koror
【営業時間】 月曜~金曜 9:00~21:00
【定休日】 日曜休館、祝日は不定期に休館
【料金】 $10(12歳未満無料)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する