• はてぶ
  • あとで
死ぬまでに一度は「沖縄県」に行くべき8つの理由

夏の旅行先として大人気で、訪れる者を魅了して止まないのが「沖縄県」。透明度の高い海が多いのはもちろんのこと、の~んびりとした島時間を過ごすことができたり、美味しい沖縄グルメを食べることができたり魅力に満ち溢れた県です。今回は、そんな沖縄県が「日本一の県」であると言い切れる理由を8つご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 世界トップクラスの透明度を誇る「綺麗な海」が多いから

沖縄の海は世界でもトップクラスで透明度が高いことで有名ですよね。浅瀬はエメラルドグリーン、沖に行くにつれてどんどん藍色になっている青のグラデーションがとても綺麗です。何時間でも眺めていられるような素晴らしい絶景が沖縄にはあります。

② 沖縄独特の雰囲気を存分に感じられるから

沖縄県は、他の地域では決して味わうことのできない独特の雰囲気をもっていますよね。赤瓦古民家が建ち並び、いたるところにハイビスカスが咲き誇っていて、ただぶらぶら散歩しているだけでもなんだか幸せな気持ちになります。

③ 「沖縄料理」が美味しいものだらけだから

沖縄そばやタコライス、ゴーヤチャンプルなど絶品郷土料理の多い沖縄県。沖縄へ行かずとも、沖縄料理店へ行けば食べられる、と思っている人は大間違い。本場の味は、やはり一味違います!沖縄料理は、やっぱり沖縄で食べるのがイチバン。

④ 神秘的すぎる「青の洞窟」の絶景を見ることが出来るから

「青の洞窟」というと、イタリアのカプリ島を想像しますが、実は沖縄にも同じくらい美しい青の洞窟を見ることができるスポットが存在したのです。所在地は、那覇市内から1時間程度のところにある恩納村の「真栄田岬」。異世界に迷い込んだかのような気分になりますよ。

⑤ 珍しい生き物に出会うことができるから

沖縄には、他地域では滅多に見ることのできない生き物がたくさんいますが、有名なのは「ジンベイザメ」でしょうか。美ら海水族館の大水槽では、巨大なジンベイザメの泳ぐ姿を目にすることができます。また、沖縄の海にはウミガメやヤンバルクイナなども生息しているので、探してみるのも楽しいかもしれません。

⑥ 美しい夕日や星空を眺めることができるから

沖縄では美しいサンセットを見ることのできるスポットがたくさんあります。辺り一面鮮やかなオレンジ色に包まれ、徐々に徐々に海へと沈んでいく様子は美しすぎて思わず見とれてしまいます。また、街灯の少ない沖縄は満天の星空も綺麗です。

⑦ 友人・知人に喜ばれる「沖縄土産」が溢れてるから

定番の「雪塩ちんすこう」や「紅芋タルト」をはじめ、「サーターアンダギー」や「海ぶどう」など美味しいお土産の宝庫である沖縄県。とにかく病みつきになるほど美味しいものばかりです!一般的に販売している塩に比べて塩分が低い「ぬちま〜す」は、沖縄本島の中部あたりにある宮城島の海水から作られたお塩で、こちらもお土産にすると喜ばれますよ。

⑧ 魅力溢れる離島にすぐに行けるから

沖縄でも、石垣島や宮古島をはじめ、西表島や小浜島など数多くの離島が存在しますが、特にオススメしたいのが「竹富島」。私達が思い描く沖縄の風景をそのまま残しており、透き通っていて美しいビーチがたくさんあります。自転車をレンタルすれば、1日で島を1周することだってできちゃいます。

今年の夏は、見どころたっぷりの「沖縄県」に行くしかない!

「今年の夏はどこへも行けなかったな~」というあなた、まだ夏は終わっていません!透き通った海へ飛び込むもよし、日焼けが気になるので沖縄グルメを食べてのんびりするもよし、島の雰囲気を感じるためにサイクリングするもよし、何をしていても楽しめるのが沖縄の魅力です。海を見ながらたそがれているだけでも、あっという間に1日が過ぎていきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する